また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1375779 全員に公開 雪山ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲山【有馬四十八滝氷瀑】

日程 2018年02月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間38分
休憩
2時間12分
合計
8時間50分
S駐車場09:4109:50神戸電鉄有馬温泉駅09:55池之坊駐車場09:5610:05ロープウェイ有馬温泉駅駐車場10:0610:10鼓ヶ滝10:5910:17ロープウェイ有馬温泉駅10:1810:50紅葉谷入口10:5911:14蟇(がま)滝11:1911:42七曲滝12:1212:34百間滝への分岐12:43百間滝12:4912:53似位滝12:5813:10白石滝13:1613:48白竜滝13:4914:26魚屋道・最高峰分岐13:3714:44魚屋道出合14:48一軒茶屋14:54六甲山14:5615:10魚屋道・最高峰分岐15:14魚屋道出合15:41筆屋道分岐15:45峠の茶屋跡東屋16:0116:27魚屋道入口16:39湯泉寺16:45銀の湯16:51有馬本温泉 金の湯16:52有馬バスターミナル(阪急バス)16:57神戸電鉄有馬温泉駅17:00駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

袂石(礫石)。
2018年02月03日 09:49撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袂石(礫石)。
袂石(礫石)解説板。
2018年02月03日 09:50撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袂石(礫石)解説板。
有馬川親水広場。
2018年02月03日 09:50撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬川親水広場。
湯泉(とうせん)寺
2018年02月03日 09:57撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯泉(とうせん)寺
1
鼓ヶ滝。勢いよく流れている。
2018年02月03日 10:10撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鼓ヶ滝。勢いよく流れている。
2
「自己責任」で通ってみることにする。
2018年02月03日 10:17撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「自己責任」で通ってみることにする。
1
通れるように完全シャットアウトではない。
2018年02月03日 10:23撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通れるように完全シャットアウトではない。
踏み跡がついている。それほど危険なところではない。
2018年02月03日 10:24撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡がついている。それほど危険なところではない。
巻き道もついている。こちらはより安心。
2018年02月03日 10:25撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道もついている。こちらはより安心。
通行止め区間終わり。入れ違いに紅葉谷を下りてきたグループが入って行かれた。 
2018年02月03日 10:31撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行止め区間終わり。入れ違いに紅葉谷を下りてきたグループが入って行かれた。 
正規ルートに合流する。有馬温泉癒しの森案内板。
2018年02月03日 10:32撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正規ルートに合流する。有馬温泉癒しの森案内板。
沢を渡る。
2018年02月03日 10:33撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡る。
紅葉谷へ進む。
2018年02月03日 10:39撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉谷へ進む。
紅葉谷道。
2018年02月03日 10:44撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉谷道。
紅葉谷標識。
2018年02月03日 10:50撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉谷標識。
今日は、う回路を通らず、柵に入る。
2018年02月03日 11:05撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、う回路を通らず、柵に入る。
気をつけていれば問題なく歩ける。
2018年02月03日 11:05撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気をつけていれば問題なく歩ける。
ロープにも頼る。
2018年02月03日 11:09撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープにも頼る。
蟇滝。端のほうは凍っている。
2018年02月03日 11:15撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蟇滝。端のほうは凍っている。
七曲滝。みなさん、滝の前で写真を撮られるので、なかなか滝だけを写せない。
2018年02月03日 11:53撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲滝。みなさん、滝の前で写真を撮られるので、なかなか滝だけを写せない。
4
七曲滝アップで。
2018年02月03日 12:07撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲滝アップで。
2
百梁譟∋位滝に向かう。
2018年02月03日 12:34撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百梁譟∋位滝に向かう。
百間滝。
2018年02月03日 12:43撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間滝。
1
百間滝にくる人もそこそこ多い。
2018年02月03日 12:44撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間滝にくる人もそこそこ多い。
1
似位滝。
2018年02月03日 12:51撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
似位滝。
2
似位滝。
2018年02月03日 12:56撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
似位滝。
2
白石滝に向かう。
2018年02月03日 13:03撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石滝に向かう。
けっこうスリルあります。
2018年02月03日 13:05撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこうスリルあります。
1
ロープで安全確保。
2018年02月03日 13:05撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープで安全確保。
1
白石谷に出る。
2018年02月03日 13:09撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石谷に出る。
白石滝。
2018年02月03日 13:10撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石滝。
白石谷の流れ。
2018年02月03日 13:40撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石谷の流れ。
かなりけわしい道のり。
2018年02月03日 13:45撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりけわしい道のり。
白竜滝。
2018年02月03日 13:48撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白竜滝。
1
ところどころ標識があり、ルートを追って行ける。
2018年02月03日 14:09撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ標識があり、ルートを追って行ける。
ここから右に尾根を辿れば最高峰。いつの間にこんな道ができていたんだろうか?
2018年02月03日 14:37撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから右に尾根を辿れば最高峰。いつの間にこんな道ができていたんだろうか?
いったん魚屋道に出合う。
2018年02月03日 14:44撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん魚屋道に出合う。
最高峰のパラボラアンテナ。
2018年02月03日 14:52撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高峰のパラボラアンテナ。
山頂は雪に覆われ静か。
2018年02月03日 14:54撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は雪に覆われ静か。
北への尾根を下る。
2018年02月03日 14:57撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北への尾根を下る。
再び魚屋道に出合い、快適な雪道を下っていく。
2018年02月03日 15:18撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び魚屋道に出合い、快適な雪道を下っていく。
今日は、う回路は使わないことにする。
2018年02月03日 15:26撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は、う回路は使わないことにする。
う回路の階段。
2018年02月03日 15:26撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う回路の階段。
気をつければ問題ない。
2018年02月03日 15:27撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気をつければ問題ない。
前の柵でう回路区間は終了。
2018年02月03日 15:27撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の柵でう回路区間は終了。
歩きやすい雪道。
2018年02月03日 15:36撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい雪道。
筆屋道分岐。
2018年02月03日 15:41撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筆屋道分岐。
昔はトンネルだったのか!
2018年02月03日 15:42撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔はトンネルだったのか!
峠の茶屋跡。かつて魚屋道は県道有馬住吉線だった。そして、茶屋があり、繁盛していたそう。
2018年02月03日 15:48撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の茶屋跡。かつて魚屋道は県道有馬住吉線だった。そして、茶屋があり、繁盛していたそう。
今もハイカーの憩いの場所になっている。
2018年02月03日 16:01撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今もハイカーの憩いの場所になっている。
湯槽谷山か?
2018年02月03日 16:03撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯槽谷山か?
1
魚屋道終点。
2018年02月03日 16:27撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚屋道終点。
有馬温泉の湯釜。
2018年02月03日 16:40撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬温泉の湯釜。
コスプレ撮影中の親水広場。
2018年02月03日 16:48撮影 by COOLPIX A900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コスプレ撮影中の親水広場。
3
撮影機材:

感想/記録
by hojin

例年になく、大寒波が襲来する日本列島。生活には寒いが、氷瀑はここ数年では最高の見ごたえだという。これは、行かねばならない。

有馬温泉下の駐車場に車を置いて出発。まずは、鼓ヶ滝へ向かう。ロープウェイ駅まで戻り、紅葉谷に向かう。工事中の標識があるが、すでに「自己責任」のもと大勢の人が通行されているらしい。様子をみることも含めて、進んでみる。

一か所、土砂が崩れているところがある。しかし、すでに多くの人が歩かれているようで、2本の踏み跡がしっかりとできている。一本は直線のコース。右川はがけのようになっているが、それほどの心配はない。もう一本は、左に大きく谷をまくようについた踏み跡。こちらはより安全。今日は、直線の踏み跡を辿る。

沢に出て、本来の道に合流。紅葉谷道を進むと、さらにう回路の標識。しかし、七曲滝へ行くので、このう回路も使わず進む。途中、ロープの助けも借りながらますは蟇滝へ。あまり来る人はいないようだ。ここは流れが急で、滝の本流は凍っていない。

引き返して七曲に向かう。大勢が氷瀑に訪れていて、なかなか前に進めない。戻ってくる人もあるので、互いに譲りながら少しずつ進む。

七曲滝に着くと、大勢の人が滝の前にいて、代わる代わる記念写真を撮られている。一部氷結が緩んでいるところもあったが、それでも見事な氷瀑だ。せっかく来たので、ゆっくりと観賞する。

また行列に並ぶように来た道を戻り、次は百間滝、似位滝に向かう。こちらの氷瀑も見応えがあった。

今日は、ここからいったん白石滝へ下る。ここは初めて歩くルートだが、なかなか険しい。巻き道はつけられているけれど、スリップや転倒、滑落に気をつけなければいけない。

白石谷の河原に出てくる。白石滝を見て谷を登ろうとしたが、道がわからない。地図を見ながらルートを探し、ようやく見つかる。谷の左岸に取りつきがあった。雪道で踏み跡が比較的はっきりとついていて、ルートがわかるが、もし踏み跡がなければルートの見極めが難しいかもしれない。最高峰への標識がところどころにつけられているので、そこでルートを確かめる。ところどころ難所があり、気を抜けないルートだ。ひとつ間違えると谷に転落ともなりかねない。

難所を越えてなだらかな森林帯に入ると、魚屋道への標識があり、右の尾根にはペンキで印がつけられている。どうやら最高峰への直登ルートらしい。以前はなかった。いつからついているのだろう?

今回は、ひとまず魚屋道に向かい、一軒茶屋経由で最高峰に向かう。山上は一面の雪景色。ちょうど1パーティーが出発するところで、山上にはもう一人の方だけが残られていた。寒いので、写真を撮ってすぐに出発する。北への尾根を下ることにする。

尾根を下る途中、ザックに着けておいたストックが一本無くなっているいることに気づく。大変だ!あきらめるか、とも思ったが、引き返すことを決意。幸い、少し登り返したところに落ちていた。よかった。再び尾根を下り、魚屋道への分岐に合流、魚屋道に向かう。

魚屋道はもともとが有馬と阪神地区を結ぶ街道であっただけあり、歩きやすい。今日は雪が積もり、気持ちのいい雪道になっている。険しい道も悪くはないが、ゆったり歩くのは楽しい。途中、う回路があるが、ここも今日はう回路に進まず、柵を越えていく。大したことはない。峠の茶屋跡の東屋で休憩し、一気に有馬に下る。

久しぶりのロングコースで、難所もあり、ハードな山行。そして、見事な氷瀑を見ることもでき、充実した山行でした。
訪問者数:52人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ