また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1375803 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳 黒百合ヒュッテまで

日程 2018年02月07日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
渋の湯までフィットで。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間50分
休憩
20分
合計
3時間10分
S渋御殿湯07:0007:00渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐08:50黒百合ヒュッテ09:1010:10渋御殿湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
最近、登り切る意欲なし。雪山ハイキング。最近天気は晴れでも山の上には雲がある。
コース状況/
危険箇所等
ヒュッテまで距離はないですが、なかなかの登り。アイゼンはヒュッテまで使わなくてもよさそうでした。使いましたが。
その他周辺情報渋の湯、駐車する前にフロントでナンバープレートを申告・支払いしてから駐車の流れになっていました。駐車代1000円。ぎりぎりスタッドレスのフィットでも行けました。冷え切った体があったまる温泉、入浴料1000円。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

備考 厚着し過ぎてびしょ濡れ。

写真

雪が重そうな木々でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が重そうな木々でした
一瞬 雲が切れた
2018年02月07日 08:36撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬 雲が切れた
青い切れ間
2018年02月07日 08:36撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青い切れ間
灰色の世界
2018年02月15日 19:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灰色の世界
白黒写真ではないです
2018年02月07日 08:45撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白黒写真ではないです
雲がすごいスピードで流れていくが、切れない
2018年02月07日 09:04撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がすごいスピードで流れていくが、切れない
渋の湯 パワフルな女将さんでした。
2018年02月07日 10:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋の湯 パワフルな女将さんでした。
ふと撮影した帰り道 なんかいい。
2018年02月07日 11:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと撮影した帰り道 なんかいい。
富士と甲斐駒ケ岳
2018年02月07日 11:37撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士と甲斐駒ケ岳
撮影機材:

感想/記録
by bellx1

寒いですが、比較的登りやすい天狗岳。樹林帯を抜けると風の通り道。晴れていると真っ青な空と霧氷で飾られた木々が美しい山。
距離こそないですが、ヒュッテまでの登りはきつめ。何の問題もなし。
渋の湯の駐車は無断の人が多いのか、注意書きやロープなど苦労している様子でした。一旦、車で上まで上がり、駐車券をもらってぐるっと回って戻って来るのが正解のようです。駐車場のロープはその都度開けてくれます。到着時、マイナス16℃。さすが渋の湯、寒い。
当初は甲斐駒ケ岳の予定で早朝に行動開始。最近、とにかく頂上を目指す情熱がわかない。ヘッデンで早朝に出発するも、すぐにやめて戻り、渋の湯をめざし、天狗岳へ変更するも、頂上を目指す意欲なし。どうしたものか、ハイキングばかりになりつつある。
新調したワンタッチアイゼンの試しばきにはなりましたが、ヒュッテまではおそらくアイゼン不要。ない方が楽だった。探しに探してやっと部屋の隅っこで発見したバラクラバ、出番なし。晴れ間は少なかったので天狗らしい青と白のコントラストはその時点ではなく、待って様子を見るには厚着しすぎてびしょ濡れだったので、東天狗は目指さず黒百合ヒュッテであっさり撤退しました。行動を続ける体力も最近鈍っており、汗冷えにめっぽう弱い今日この頃。早々に下山。
下山してくるのはちゃんと見ていてくれて、駐車場のロープを開けにきてくれた渋の湯の女将さんに「あら早いわね、風が強かった?」、「・・・そうですね、今日はやめました(本当は最近やる気がないだけw)」「お風呂入るなら車で上まで行って停めていいわよ」と優しい女将さんでした。
がっつり渋の湯で温かい温泉に浸かって帰ってきました。ヒノキのお風呂でしたが、お湯が吹き出す箇所があり気持ちよかったです。脱衣所もマイナス気温なので、脱いでおいた濡れた帽子はパリパリでした。
時間とお金もかけているので、そろそろ、ちゃんと頂上を目指し、新しい山へチャレンジしようと思いました。反省。
訪問者数:416人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ