また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1376846 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

雪の石尾根を駆け下れ(東日原〜鷹ノ巣山〜六ッ石山〜奥多摩駅)

日程 2018年02月10日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス
青梅 5:45 → 6:25 奥多摩 6:27 → 6:52 東日原
奥多摩駅発 11:33
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間41分
休憩
28分
合計
4時間9分
S東日原バス停07:0207:15中日原バス停07:37稲村岩分岐08:41ヒルメシクイノタワ08:4208:58鷹ノ巣山09:1709:38城山(奥多摩町)09:4009:52将門馬場(馬責場)10:11六ツ石山10:1510:37三ノ木戸山10:58石尾根縦走路・六ツ石山登山口11:0011:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
巳ノ戸橋から三ノ木戸林道までほとんど雪道です。
※東日原BSから鷹ノ巣山までのログが飛んでしまい手書きです。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

6:25 二週続けて奥多摩駅、夜明けの時間がかなり早くなりました。
2018年02月10日 06:25撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:25 二週続けて奥多摩駅、夜明けの時間がかなり早くなりました。
7:04 誰か蛇口を閉めたせいか、凍結していて水が出ません。
2018年02月10日 07:04撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:04 誰か蛇口を閉めたせいか、凍結していて水が出ません。
7:05 先週に比べかなり雪が少なくなった稲村岩。
2018年02月10日 07:05撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:05 先週に比べかなり雪が少なくなった稲村岩。
7:09 巳ノ戸橋から。
きれいです。
2018年02月10日 07:09撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:09 巳ノ戸橋から。
きれいです。
7:25 先週は股上までもぐったデブリですが、踏まれていて楽々歩けます。
2018年02月10日 07:25撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:25 先週は股上までもぐったデブリですが、踏まれていて楽々歩けます。
1
7:37 稲村岩分岐。
2018年02月10日 07:37撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:37 稲村岩分岐。
7:50 木の間から、巳ノ戸尾根越しに長沢背稜。
2018年02月10日 07:50撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:50 木の間から、巳ノ戸尾根越しに長沢背稜。
8:01 登ってきた道を振り返る。
結構しまっていて、キュッキュという感じ。
トレランシューズだけで登れます。
2018年02月10日 08:01撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:01 登ってきた道を振り返る。
結構しまっていて、キュッキュという感じ。
トレランシューズだけで登れます。
1
8:41 昼飯喰いのタワ。
途中日が出てきてかなり暖かい。
2018年02月10日 08:41撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:41 昼飯喰いのタワ。
途中日が出てきてかなり暖かい。
8:42 雲取から長沢背稜。
2018年02月10日 08:42撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:42 雲取から長沢背稜。
8:58 鷹ノ巣山への最終アプローチ。
ビクトリーロード、いい感じです。
2018年02月10日 08:58撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:58 鷹ノ巣山への最終アプローチ。
ビクトリーロード、いい感じです。
4
8:58 飛び出すとこれ!
富士山ドカーン!
2018年02月10日 08:58撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:58 飛び出すとこれ!
富士山ドカーン!
4
8:59 足跡がなく、本日初登頂のようです。
2018年02月10日 08:59撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:59 足跡がなく、本日初登頂のようです。
1
天気予報では期待薄でしたが、晴れて暖かい。
気温5℃です。
2018年02月10日 09:03撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気予報では期待薄でしたが、晴れて暖かい。
気温5℃です。
1
富士には笠雲、左には吊るし雲。
2018年02月10日 09:00撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士には笠雲、左には吊るし雲。
3
ちょっと霞んでいますが、大岳、御前山もいい感じ。
2018年02月10日 09:04撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと霞んでいますが、大岳、御前山もいい感じ。
1
丹沢方面は幻想的。
2018年02月10日 09:04撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢方面は幻想的。
雲取山の奥は和名倉山か。
いちばん右奥には真白な浅間山。
2018年02月10日 09:04撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山の奥は和名倉山か。
いちばん右奥には真白な浅間山。
1
大菩薩嶺。
2018年02月10日 09:05撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺。
そして南アルプスの山々。
雲がなくすっきり。
2018年02月10日 09:06撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして南アルプスの山々。
雲がなくすっきり。
2
雲発達中。
2018年02月10日 09:09撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲発達中。
20分独り占めしましたが、そろそろ下山することにします。
2018年02月10日 09:17撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分独り占めしましたが、そろそろ下山することにします。
ちょっと降りると遮るものがなく、こんなきれいな風景が広がります。
2018年02月10日 09:22撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと降りると遮るものがなく、こんなきれいな風景が広がります。
2
富士山もこの通り。
2018年02月10日 09:22撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もこの通り。
さて、雪の石尾根を気持ちよく駆け降りましょう。
下りのためにチェーンスパイクを着けました。
雪はフカフカです。
2018年02月10日 09:27撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、雪の石尾根を気持ちよく駆け降りましょう。
下りのためにチェーンスパイクを着けました。
雪はフカフカです。
尾根道を行くと、左手に長沢背稜。
2018年02月10日 09:38撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道を行くと、左手に長沢背稜。
踏み跡をつけながら進むのも気持ち良い。
2018年02月10日 09:39撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡をつけながら進むのも気持ち良い。
1m近くたまっている所は、
2018年02月10日 09:40撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1m近くたまっている所は、
こうして越えてゆきます。
2018年02月10日 09:41撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうして越えてゆきます。
融けて凍結した所もあり、チェーンスパイク脱げません。
2018年02月10日 09:45撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
融けて凍結した所もあり、チェーンスパイク脱げません。
将門馬場ではタル沢尾根へのトレースがありました。
2018年02月10日 09:52撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将門馬場ではタル沢尾根へのトレースがありました。
六ッ石山へ。
2018年02月10日 10:10撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六ッ石山へ。
2
富士山が見え、
2018年02月10日 10:11撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が見え、
鷹ノ巣山もこの通り。
2018年02月10日 10:11撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山もこの通り。
1
暖かくてもいつもの田んぼ状態でなく良かった。
奥に南アルプス。
2018年02月10日 10:12撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暖かくてもいつもの田んぼ状態でなく良かった。
奥に南アルプス。
2
途中曇りましたが、ここに来たらまた晴れ、8℃近くあり暖かです。
2018年02月10日 10:13撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中曇りましたが、ここに来たらまた晴れ、8℃近くあり暖かです。
三ノ木戸山標識その1。
2018年02月10日 10:35撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ木戸山標識その1。
標識その2は小屋の中に。
2018年02月10日 10:36撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識その2は小屋の中に。
ここから駆け降りますが、パウダースノーでした。
2018年02月10日 10:40撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから駆け降りますが、パウダースノーでした。
大嫌いなU字溝の道にも雪が残っていて、イナバウワーにならず済みました。
2018年02月10日 10:44撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大嫌いなU字溝の道にも雪が残っていて、イナバウワーにならず済みました。
2
最後の拷問のような200段。
2018年02月10日 11:09撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の拷問のような200段。
やっとゴール。
2018年02月10日 11:11撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとゴール。
1
やっとこれで「到着」し安心。
2018年02月10日 11:19撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとこれで「到着」し安心。
2

感想/記録
by washin

先週、雪の深さに簡単に跳ね返され登れなかった鷹ノ巣山に行きました。
天気予報が良いほうに外れ、ほぼ360度の大展望を満喫。
そして何よりもフカフカの雪の石尾根を走り下りたのは爽快、大快感!!
山行中2名しか会わない、静かで本当に気持ちよかった石尾根でした。
訪問者数:453人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/6/2
投稿数: 1164
2018/2/10 16:38
 やりますねぇ
washinnさん今日は〜

さすが!1週後にリベンジですかー 雪のビクトリーロード良い感じですねぇ 日本一さんもバッチリ見えて最高です
雪焼けしそうな日差しを受けて、スバラシイ雪山歩きを楽しまれた様で良かった

subaru5272wine
登録日: 2012/2/20
投稿数: 406
2018/2/10 18:49
 Re: やりますねぇ
subaruさん、こんにちは。

あれっ、今日はA食堂は行かず仕事ですか?
リベンジというよりも、もう結構な人数で踏まれているであろうから、雪の石尾根を下るという目的でした。
おまけに、天気が好転し暖かい鷹ノ巣山山頂は最高でした。
七ッ石経由で鴨沢とも考えましたが、鴨沢BSまで会う人が多そうなのでこのコース取りで大正解でした。
今回の雪が残っている御坂山塊にも行きたくなりますね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ