また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1377102 全員に公開 山滑走磐梯・吾妻・安達太良

鉄山(迷い沢コースから1500mまで)

日程 2018年02月10日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道115号の駐車スペースに駐車。大雪の後でない限りは除雪されていそうです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
10分
合計
5時間30分
S国道115号駐車スペース09:1309:20迷い沢渡渉部12:20標高1500m地点12:3013:30迷い沢渡渉部12:3013:43国道115号駐車スペースG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
トレースなく、踝〜スネのラッセルがずっと続きました。どっちかというとスネくらいが平均でした。
コース状況/
危険箇所等
国道115号脇〜仏沢の橋:コース分の幅(3m)くらいは平らな道になっていて歩きやすいです。仏沢の橋には手すりが付いていました。しかし雪がかなり乗っているので、ストックでよく確認して、橋の中間を慎重に渡ったほうが良いと思います。仏沢は高さがあるので、落ちたらやばそうです。。。
仏沢〜迷沢:こちらも登山道程度の幅が平になっており、歩きやすいです。迷沢の渡渉は、スノーブリッジができていれば渡れますが、正直、どの程度持つか年度・時期によるため一概に言えないと思います。今年は雪も多く、気温が低い日も多かったので、問題なさそうでしたが、ストックでそれなりに突いてから、慎重に渡りました。もちろんスノーシュー+テイルで少しでも荷重を分散させてます。
迷沢〜尾根(970mくらい):ここは、登山道?っぽい切り開きがあり?(冬季しか来ないので、本当にあるか不明)そこを斜登高していくと楽だと思います。直登することももちろん可能です。しかし、雪が深いと苦労します。
尾根〜1500m:樹間も広く歩きやすいです。この日はずっと“すね”くらいのラッセルでした。トレースが全くないor雪質が良くないと、スロープ以外は下りも板を外さないと厳しいです。この日は気温上昇の影響で下りは3箇所で板を外しました。
その他周辺情報奥土湯温泉:川上温泉(大人:600円)
※行くまでの道で離合不可な区間が一部あり。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ スノーシュー

写真

国道115号の脇から登山道に入ります。目印は115号のおにぎり看板の横です。ちょうど除雪で段が付いており、乗り上げやすくなってます。
2018年02月10日 09:04撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道115号の脇から登山道に入ります。目印は115号のおにぎり看板の横です。ちょうど除雪で段が付いており、乗り上げやすくなってます。
1
迷い沢コースの入口の脅し?看板。冬季以外は危険なようです。
2018年02月10日 09:07撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷い沢コースの入口の脅し?看板。冬季以外は危険なようです。
1
想定していたとは言え、全くのノートレース。この時点で、1500mの急斜面上までを目標にしてスタートします。
2018年02月10日 09:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
想定していたとは言え、全くのノートレース。この時点で、1500mの急斜面上までを目標にしてスタートします。
仏沢の橋
雪が多く、トレースもないので、ストックで何度も確認しながらゆっくり通過。
2018年02月10日 09:11撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏沢の橋
雪が多く、トレースもないので、ストックで何度も確認しながらゆっくり通過。
迷い沢渡渉部のミニ氷瀑。
2018年02月10日 09:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷い沢渡渉部のミニ氷瀑。
迷い沢渡渉部のスノーブリッジ。かなり慎重に荷重をかけないように?通過。体重80kgでもとりあえず大丈夫でした(強度を保証するものではありません)
2018年02月10日 09:20撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迷い沢渡渉部のスノーブリッジ。かなり慎重に荷重をかけないように?通過。体重80kgでもとりあえず大丈夫でした(強度を保証するものではありません)
色の褪せたピンクテープが所々あります。
2018年02月10日 09:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色の褪せたピンクテープが所々あります。
尾根に出ます。ここからは、ゆったりとした登りが続きます。
2018年02月10日 09:33撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出ます。ここからは、ゆったりとした登りが続きます。
自分のトレースだけ伸びていきます。
2018年02月10日 10:02撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のトレースだけ伸びていきます。
1
このコースは全体的に疎林で、滑りに向いていますね。雪質が良ければ最高だと思います。
2018年02月10日 10:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコースは全体的に疎林で、滑りに向いていますね。雪質が良ければ最高だと思います。
所々広い広場を通ります。夏は笹で覆われているのでしょうか。
2018年02月10日 10:12撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々広い広場を通ります。夏は笹で覆われているのでしょうか。
大体この程度のラッセルでした。これでも直近3日くらいは天候が安定していたので降雪直後はスノーシューでは無理だと思います。
2018年02月10日 10:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大体この程度のラッセルでした。これでも直近3日くらいは天候が安定していたので降雪直後はスノーシューでは無理だと思います。
太陽の日差しが暑いくらいです。
2018年02月10日 10:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽の日差しが暑いくらいです。
1
ある程度登ると、景色も開けれ来て、吾妻連峰が見えてきます。
2018年02月10日 10:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ある程度登ると、景色も開けれ来て、吾妻連峰が見えてきます。
磐梯山もバッチリ見えてきました。
2018年02月10日 11:04撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山もバッチリ見えてきました。
木からの落雪には要注意です。
2018年02月10日 11:32撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木からの落雪には要注意です。
1
1400m付近の好斜面の下に出ました。ここが一番楽しみなところです。ここは、滑る斜面の左での樹林帯から高度を上げます。
2018年02月10日 11:47撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1400m付近の好斜面の下に出ました。ここが一番楽しみなところです。ここは、滑る斜面の左での樹林帯から高度を上げます。
1
磐梯山と桧原湖を右手に登ります。
2018年02月10日 11:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山と桧原湖を右手に登ります。
1400mの斜面上からは木がかなり減り、広いオープンバーンとなります。
2018年02月10日 12:06撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1400mの斜面上からは木がかなり減り、広いオープンバーンとなります。
1
このあたりで、左手に箕輪スキー場の駐車場が見えてきます。
2018年02月10日 12:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりで、左手に箕輪スキー場の駐車場が見えてきます。
中吾妻山〜東吾妻山〜(奥)一切経山〜高山
2018年02月10日 12:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中吾妻山〜東吾妻山〜(奥)一切経山〜高山
磐梯山もずっと見えています。
2018年02月10日 12:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山もずっと見えています。
1
桧原湖アップ
2018年02月10日 12:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桧原湖アップ
1
鹿?
人間はいない世界です。
2018年02月10日 12:10撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿?
人間はいない世界です。
ここも楽しみな斜面です。
2018年02月10日 12:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも楽しみな斜面です。
1500m手前から少しずつ斜面が固くなっていきました。
これなら頑張れば鉄山まで行けたかもしれません。
しかし元々頂上まで行く予定はなかったので、この日はここまでにしました。
2018年02月10日 12:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1500m手前から少しずつ斜面が固くなっていきました。
これなら頑張れば鉄山まで行けたかもしれません。
しかし元々頂上まで行く予定はなかったので、この日はここまでにしました。
立派な樹氷。
2018年02月10日 12:23撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な樹氷。
樹氷の森。
2018年02月10日 12:24撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷の森。
1500m地点から登ってきた方へ。
2018年02月10日 12:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1500m地点から登ってきた方へ。
暑すぎて、冷たい飲み物をがぶ飲み!
2018年02月10日 12:26撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑すぎて、冷たい飲み物をがぶ飲み!
奥の奥に鉄山が。
2018年02月10日 12:29撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の奥に鉄山が。
風もない穏やかな中、オープンバーンを滑走するのは気持ち良いです。
2018年02月10日 12:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風もない穏やかな中、オープンバーンを滑走するのは気持ち良いです。
1
磐梯山を見ながら、好斜面を一気に落とします。
2018年02月10日 12:39撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山を見ながら、好斜面を一気に落とします。
本当はこの右手の木の右側に滑り降りたかったのですが、トレースのある反対側に降りてしまいました。でも良い斜面でした。
2018年02月10日 12:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当はこの右手の木の右側に滑り降りたかったのですが、トレースのある反対側に降りてしまいました。でも良い斜面でした。
あとはスノーシューのトレースを一気に降りていきます…と言いたいところですが、気温上昇の影響で雪が湿ってきて、苦戦します。
2018年02月10日 13:07撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはスノーシューのトレースを一気に降りていきます…と言いたいところですが、気温上昇の影響で雪が湿ってきて、苦戦します。
気温が上がって若干不安でしたが、スノーシューに戻し、迷い沢を渡ります。最悪落ちても、ゴールは近いので少し気が楽です。
2018年02月10日 13:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温が上がって若干不安でしたが、スノーシューに戻し、迷い沢を渡ります。最悪落ちても、ゴールは近いので少し気が楽です。
定点のミニ氷瀑を反対側から。
2018年02月10日 13:23撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定点のミニ氷瀑を反対側から。
あとは戻るだけです。
2018年02月10日 13:24撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは戻るだけです。
最後のターニングポイント。慎重に通過しました。
2018年02月10日 13:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のターニングポイント。慎重に通過しました。
登山口に戻ってきました。
2018年02月10日 13:33撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に戻ってきました。
1
この日は最後まで天気が良かったです。
2018年02月10日 13:50撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は最後まで天気が良かったです。
1

感想/記録
by posurf

この日は、福島県会津〜中通り付近はまずまずの天候の予報(てんくら)であったものの、昼過ぎから雲が広がってきそうな雰囲気であったので、サクッといけそうな、猫魔スキー場〜ラビスパのコースに行くつもりでしたが、バスの時間を甘くみていて、大峠道路で行けば良いものの、東北中央道〜フルーツライン〜土湯バイパスで行こうとしたところ、思った以上に距離があり、間に合いそうになかったので、急遽迷い沢コースから鉄山へ行くことにしました。
ただ、このコースは基本は箕輪スキー場のAリフト終点から箕輪山を巻いて、鉄山避難小屋経由で上から滑ってくるのが一般的なコースであり、下からいくと、標高差もある程度ある上、距離も結構長いため、正直トレースがないとピークに行くのは難しいと考え、状況を見て、途中の良い斜面の上までハイクして滑ろうと思いスタートしました。
国道115号の駐車スペースには車は1台も停まっておらず、どうも厳しそうだと思い、国道から登山口へ乗り上げましたが、想像通りトレースは全くなく、その上、最近雪も降ってなさそうであったのにも関わらず、さらっと新雪が乗っており、この時点で1500mくらいまで行ければ十分と思いスタートしました。
天気は良いので気持ちよく歩けますが、それでも新雪をずっとスノーシューで行くのはなかなかキツく、最初の尾根に乗り上げるまでは結構体力を使いました。
ただ、迷い沢のスノーブリッジも安定してそうな雰囲気で、そこは安心できました。
登っている最中も曇ることなく、ずっと日が出ている状況で、下りが心配になる雪の腐り方でしたが、景色はよく、山を楽しめた1日でした。
予定通り?1500m地点まで歩き、そこから好斜面にドロップ。上部は雪質も良く最高の滑走になりました。
しかし、1200m付近から腐った雪に足を取られ始め、トレースに沿って滑りますが、いかんせんスノーシュー1人分のトレースは踏み締めが十分でないようで、3Dボードでも安定したスピードが出ず、苦労しました。
しかし、吾妻連峰〜磐梯山がよく見え、樹間も広いこの迷い沢コースは天気さえ良ければ気持ちよくいけるコースだと改めて思いました。
訪問者数:176人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ