また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1378290 全員に公開 ハイキング奥武蔵

雪を避けたロウバイ鑑賞と富士登山(東吾野駅→ユガテ→北向地蔵→鎌北湖→宿谷の滝→富士山→北平沢BS)

日程 2018年02月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れたり曇ったり

どうも南からの風と北からの風が埼玉県と東京都付近でぶつかって雲が発生した様です。基本的には関東平野は晴れの傾向だったのに埼玉県と東京都に雲がわいてそれに切れ目が入ったりして歩いている間は晴れたり曇ったりな感じとなりました。

それにしてもこの三連休は月曜日からの週間天気予報では絶望的な予報だったので、これでも上等の出来です。
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
東吾野着8:09の快速急行

帰り
北平沢発12:43の医大31飯能駅行き
※基本的に一時間に一本しかありません。しかも北平沢には準備中で開いていない和食処一件しかありません。ここで乗車すると考える場合には覚悟が必要です。

飯能駅着13:20頃
※北平沢には2分程の遅れで来ましたが、途中の高麗川駅でバッファがあるので遅れが解消しました。

飯能発13:25の急行池袋行きに乗車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間26分
休憩
41分
合計
4時間7分
S東吾野駅08:1709:00ユガテ09:06北向地蔵・ユガテ・土山集落分岐09:47北向地蔵09:5910:19鎌北湖第1駐車場10:3611:01宿谷の滝11:11宿谷公衆トイレ11:34粕坂11:45富士山(日高市)11:5712:17天神社12:24北平沢BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今週も雪を避けた登山です。

ロウバイ見たい、でもここ最近のヤマレコの記録を見ると凍結区間もあったりしてちょっと大変。そんな時にユガテでロウバイ見たよと言う記録を見かけたのでユガテに行って、その先鎌北湖へ下りて、そしてその先にある以前から気になっていた富士山に登ってみようと言うのが今回のコース選定です。
コース状況/
危険箇所等
期待通りに雪はありませんでした。ほとんど。
樹林帯では雪はありません。いつもの飯能方面の低山の道です。
ところが下手に樹林帯が途切れた所で雪が残っているところがごく一部にあります。
そこは雪の柔らかい部分などを選んで軽アイゼン無しで越えました。
※一応持参はしました、軽アイゼン。

道標は
最初はユガテ
次に北向地蔵
そして鎌北湖
そして宿谷(しゃくや)の滝
そして富士山
を目指して行きます。

総じてなだらかなコースです。
唯一傾斜があるのは富士山ですw


・東吾野→ユガテ
古飛脚道を行くとどこかで凍結区間があるかもと思って今回は林道メインの楽なコースとしました。期待通りに全く雪はありません。そして新田から松倉林道に入ってそこからさらにユガテ方面への山道に入っても雪の気配はありません。

東吾野駅から新田までは舗装道路です。そこから松倉林道に入り、すぐにユガテ方面の山道となります。この山道もキツくはありません。

・ユガテ→北向地蔵
ユガテから一旦下ります。
その後も沢を越える為に一旦下っては登り返すと言うのが何度かあります。
斜度はあまり大した事はないのですが、これで本当に北向地蔵に行けるのか若干不安になります。このまま下りてしまうのではないかと。

・北向地蔵→鎌北湖
緩い、そして広めの道をひたすら下ります。

・鎌北湖→宿谷の滝
鎌北湖では下りてすぐの所にあるトイレ近くから宿谷の滝方面へ一旦登ります。
少しの登りの後、下って舗装道路に出たら宿谷の滝への案内があります。

・宿谷の滝→富士山
宿谷川を川沿いに下ります。整備された道でとても良い感じです。
武甲鉱業のベルトコンベアーをくぐると舗装道路になります。
舗装道路を暫く進むと右手に富士山への道標があるので道標に従って山道を登ります。
白銀平との分かれ道で富士山側へ。

・富士山→北平沢BS
富士山を下るとすぐに舗装道路に出ます。
高麗川カントリークラブを右手に見ながら下ると左手に天神社があるのでそこを左へ。
その後は太い道が曲がるのを無視して舗装された道を直進すると県道 号に出るので、左へ曲がるとすぐ先に北平沢BSがあります。
その他周辺情報トイレは東吾野駅、ユガテ、鎌北湖、宿谷の滝を下った先にあります。
北平沢BSにはありません。コンビニもありません。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

8:17 東吾野駅を出発。
ここに「ロウバイを植えました」とあったので成長するのが楽しみですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:17 東吾野駅を出発。
ここに「ロウバイを植えました」とあったので成長するのが楽しみですね。
1
8:27 福徳寺前を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:27 福徳寺前を通過。
8:42 新田で右に曲がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:42 新田で右に曲がります。
8:46 すぐにまた右へ。
こんな感じで樹林帯では全く雪がありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:46 すぐにまた右へ。
こんな感じで樹林帯では全く雪がありません。
1
9:00 ユガテに到着したら・・・あれは?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:00 ユガテに到着したら・・・あれは?
お待ちかねのロウバイです。
独特の匂いがしますね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お待ちかねのロウバイです。
独特の匂いがしますね!
2
青空にロウバイ、最高ですね。
この季節はこれを見なくちゃ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空にロウバイ、最高ですね。
この季節はこれを見なくちゃ。
5
ユガテ、トイレの周辺が未だこんなに雪深い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユガテ、トイレの周辺が未だこんなに雪深い。
1
鎌北湖は左を指していますが、北向地蔵経由で行く予定なので右へ行きます。
ここから始めて歩く道。
ユガテには6分滞在しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌北湖は左を指していますが、北向地蔵経由で行く予定なので右へ行きます。
ここから始めて歩く道。
ユガテには6分滞在しました。
1
9:38 沢を越える度に下って登るを繰り返して武蔵横手からの道に合流しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:38 沢を越える度に下って登るを繰り返して武蔵横手からの道に合流しました。
1
9:47 北向地蔵に到着しました。
チョコレートを食べたり紅茶を飲んだりして北向地蔵には12分滞在しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:47 北向地蔵に到着しました。
チョコレートを食べたり紅茶を飲んだりして北向地蔵には12分滞在しました。
2
舗装道路を突っ切ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装道路を突っ切ります。
10:19 鎌北湖に到着しました。
湖と言うより池では?
毛呂山町のガイドを見たら「農業用貯水池」とあるのでやはり池ですね。
さらにWikipediaを見たら例の1929年の世界恐慌対策の公共事業で作ったのだそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:19 鎌北湖に到着しました。
湖と言うより池では?
毛呂山町のガイドを見たら「農業用貯水池」とあるのでやはり池ですね。
さらにWikipediaを見たら例の1929年の世界恐慌対策の公共事業で作ったのだそうです。
1
ダムは中心コア型アースダム。
春の桜が綺麗そうですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムは中心コア型アースダム。
春の桜が綺麗そうですね。
1
戦前のモダンな用水管理棟が素敵。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦前のモダンな用水管理棟が素敵。
1
本当は下りてすぐのトイレのある駐車場横から宿谷の滝方面への道があるのですが、鎌北湖に来てダムとか色々見ないで素通りは無いのでダムの堤体迄は行きました。
そんな訳で17分程滞在して出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当は下りてすぐのトイレのある駐車場横から宿谷の滝方面への道があるのですが、鎌北湖に来てダムとか色々見ないで素通りは無いのでダムの堤体迄は行きました。
そんな訳で17分程滞在して出発します。
ちょっとした峠越えをしてこちらへ。
何も案内がありませんが、鎖で封鎖されているので左へ折れます。
するとその先で宿谷の滝方向の案内がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした峠越えをしてこちらへ。
何も案内がありませんが、鎖で封鎖されているので左へ折れます。
するとその先で宿谷の滝方向の案内がありました。
11:01 宿谷の滝です。
舗装道路からかなり下りて行きます。
なかなかのものですね。全く期待してなかったのでイイ感じかなあと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:01 宿谷の滝です。
舗装道路からかなり下りて行きます。
なかなかのものですね。全く期待してなかったのでイイ感じかなあと。
4
舗装道路へ登り返さなくても宿谷川沿いを下って行けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装道路へ登り返さなくても宿谷川沿いを下って行けます。
1
11:11 武甲鉱業のベルトコンベアー
これ、武甲山から日高市の太平洋セメントの埼玉工場まで23,4kmを結ぶ我が国最長級の「ベルトコンベヤ」だそうです。
この手前にトイレがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:11 武甲鉱業のベルトコンベアー
これ、武甲山から日高市の太平洋セメントの埼玉工場まで23,4kmを結ぶ我が国最長級の「ベルトコンベヤ」だそうです。
この手前にトイレがありました。
1
そしてここを右折。
ここからまた山道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてここを右折。
ここからまた山道です。
11:34 粕坂まで来ました。
富士山へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:34 粕坂まで来ました。
富士山へ。
11:40 白銀平との分岐点。
今日は富士山優先です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:40 白銀平との分岐点。
今日は富士山優先です。
本日最も険しい斜面です。
流石、富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最も険しい斜面です。
流石、富士山。
1
11:45 富士山、登頂成功!
ベンチもあるのでここでお昼にしました。
12分程滞在して下山を開始します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:45 富士山、登頂成功!
ベンチもあるのでここでお昼にしました。
12分程滞在して下山を開始します。
2
鳥居が見えて来ました。
ここから先は舗装道路です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居が見えて来ました。
ここから先は舗装道路です。
12:17 天神社です。
寒桜でしょうか。綺麗ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:17 天神社です。
寒桜でしょうか。綺麗ですね。
2
12:24 北平沢BSに到着しました。
バスの時間まで未だ20分あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:24 北平沢BSに到着しました。
バスの時間まで未だ20分あります。
2

感想/記録

やはりこの季節はロウバイを見なくちゃ。しかも青空の下で。
と言うのは果たされました。これは満足です。
宝登山には比べられませんが。

鎌北湖は小さかったです。
これは冬に来る場所じゃない。
花見か紅葉の時ですね。

富士山はまあ名前に釣られて来ましたw

既述のとおり、医大31系統は一時間に1本しかありません。
もし富士山から北平沢へ出るのなら、白銀平に行くか行かないかで時間調整をすると良いですね。
訪問者数:275人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ