また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1380494 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳で極寒体験

日程 2018年02月12日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇ときどき雪 風強し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
唐沢鉱泉駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
0分
合計
6時間30分
S唐沢鉱泉06:5007:50唐沢鉱泉分岐09:00第一展望台09:50第二展望台11:00天狗岳12:50唐沢鉱泉分岐13:20唐沢鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特段の危険はないが、踏み跡はあてにしない事
マーカーは豊富だが最低限のルートファインディングのできる事
山頂直下はルート不明瞭、足場を見つつ直登

装備

個人装備 ハードシェル アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 保険証 時計 サングラス ストック バラクラバ ゴーグルなど

写真

登山届ポストは唐沢鉱泉の玄関にある
2018年02月12日 06:46撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届ポストは唐沢鉱泉の玄関にある
玄関側の橋を渡ったらスタート
2018年02月12日 06:55撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄関側の橋を渡ったらスタート
モフモフの樹林帯
2018年02月12日 07:29撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モフモフの樹林帯
えっちらおっちら上ると西尾根に行き当たる
2018年02月12日 07:50撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えっちらおっちら上ると西尾根に行き当たる
尾根をひたすら上る
2018年02月12日 08:15撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根をひたすら上る
樹林帯にはトレースが残っていた
ピンクリボンも適度にあるので、迷うことは少ない
2018年02月12日 08:52撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯にはトレースが残っていた
ピンクリボンも適度にあるので、迷うことは少ない
ひょっこり樹林帯が切れると風邪が強い
2018年02月12日 08:58撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひょっこり樹林帯が切れると風邪が強い
2
もうすぐ第一展望台
2018年02月12日 09:01撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ第一展望台
1
看板は読めた
2018年02月12日 09:01撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板は読めた
1
静かな雪の森
2018年02月12日 09:07撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな雪の森
雪の重みと風に軋む木の音が聞こえる
2018年02月12日 09:09撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の重みと風に軋む木の音が聞こえる
1
トレースはだんだん不明瞭に
一晩の風と雪で消えたか
2018年02月12日 09:17撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースはだんだん不明瞭に
一晩の風と雪で消えたか
やや下って登り返す
2018年02月12日 09:46撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや下って登り返す
ところどころプチラッセル
2018年02月12日 09:46撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころプチラッセル
2
第二展望台
看板は読めない
風は強い
2018年02月12日 09:47撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台
看板は読めない
風は強い
1
早く温泉に入りたいなぁ
2018年02月12日 09:59撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早く温泉に入りたいなぁ
1
樹林帯を抜けたらいよいよ爆風
ここでゴーグル装着
2018年02月12日 10:08撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けたらいよいよ爆風
ここでゴーグル装着
1
ルートは不明瞭なので、登れる所から適当に登る
2018年02月12日 10:12撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートは不明瞭なので、登れる所から適当に登る
風が強くて耐風姿勢などとったりする
2018年02月12日 10:17撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強くて耐風姿勢などとったりする
体感的に風速20m /sくらい
ということは体感温度はええと、ええと
とにかく身体を動かそう
2018年02月12日 10:28撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
体感的に風速20m /sくらい
ということは体感温度はええと、ええと
とにかく身体を動かそう
1
ゾロゾロと登場
2018年02月12日 10:57撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゾロゾロと登場
西天狗到着
気温計はマイナスの22度
この時点で東天狗も黒百合も諦め、さっさと樹林帯へ戻る事に
2018年02月12日 10:57撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗到着
気温計はマイナスの22度
この時点で東天狗も黒百合も諦め、さっさと樹林帯へ戻る事に
4
記念撮影も集合写真をとる余裕もなくパラパラとお互いを撮る
2018年02月12日 10:57撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影も集合写真をとる余裕もなくパラパラとお互いを撮る
3
下りはサクサク
と言いたい所だけど、いくら動かしても体がなかなか温まらない
さっさと下り切ってしまわないと、、、
2018年02月12日 12:19撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはサクサク
と言いたい所だけど、いくら動かしても体がなかなか温まらない
さっさと下り切ってしまわないと、、、
とか何とか考えているうちにゴール
2018年02月12日 13:19撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とか何とか考えているうちにゴール
2

感想/記録
by masha

とにかく寒かった。そのため貴重な経験を積めました。

風速20m /sもマイナス20℃もどちらも初ではないですが、両方を同時に体験したのは初でした。湿度まで考えると体感温度はマイナス47℃ほどだったようです。

シェルを着こみ、バラクラバに毛糸の帽子、フードも二枚重ね、ゴーグル、厚手のグローブ、ダウンそれでもどうしようもなく寒かったです。動けばいいのですが、同行者にペースを合わせるとどうしても待機時間ができてしまい、体温を少々失う事になったようです。

バイタルパートが温まらなければ、手足の先まで温かい血が回りにくい。頭で理解していたそんなことも今回ようやく実感できました。ペースを上げて上体が温まると手指が少し温まりました。が、足先は雪に突っ込んでいるため中々温まらず、しもやけを作ってしまいました。本格的な冬靴を履いていたメンバーは大丈夫だったようです。

低温下では、保温より加温したほうが良い。これも実際に目の当たりにしました。温かい飲み物を飲む事や、特にカイロを貼ることは有効です。防寒ダウンを着るより、背中(肝臓の裏辺り)に貼ったカイロの方が暖かそうでした。

基本的に素肌を曝すことは避けるべきです。今回はバラクラバを持ってこなかったメンバーの顔が一部白く変色しました。おそらく軽い凍傷だったと思います。(実際はしもやけ以下で済みましたが)バラクラバの代用ですが、なるべく補水しないものがいいでしょう。口の回りを覆うと吐息が凍ります。厚手のフリース製ネックゲイターを利用した同メンバーは呼吸がしづらいくらい外側が凍ったようです。それが嫌さに口の回りを覆わなかったものだから、かなり厳しかったことでしょう。薄手のものならば、吐息で濡れることはあっても肌の温度で凍らずに済みます。濡れが冷たく感じても素肌よりはるかに温かいです。まあ、バラクラバを忘れた時点で叱責の対象ですね。

余談ですが、バラクラバに帽子にフードも被ってると、口も耳も覆ってしまうので、声が通りにくいです。風も強いとなおさらですが、コミュニケーションは確実に大声でしましょう。

行動食も水分を含むもの、パンの具、ドーナツ、ゼリー、チョコレートなどはカチンコチンです。チョコは懐に入れておけばいいですが、パンの具などあてにしてはいけません。それでも食べられないことはないんですけどね。柿の種やナッツ、ビスケット(クリームを挟まないもの)など渇いたものも携行するべきです。ちなみに原液のポカリもザックの中でシャーベットになっていました。サーモスで冷えない凍らない飲料水も大事ですね。

最も大事なことは、天気の悪い雪山に無理して行かないことですが、、、
訪問者数:546人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ