また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1385134 全員に公開 雪山ハイキング九州・沖縄

英彦山

日程 2018年02月20日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間33分
休憩
1時間7分
合計
4時間40分
S別所駐車場08:0508:27奉幣殿 水場08:3008:32英彦山神宮(奉幣殿)09:44四王寺滝10:1910:35英彦山10:4710:53英彦山中岳11:0111:24産霊神社 水場11:2711:42バードライン分岐11:4612:24奉幣殿 水場12:2612:45別所駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
四王寺の滝から南岳へ至るコースは少々傾斜が強いので下りより登りでの使用が適切かと思います。看板などで目印がないなど注意喚起がありますが、実際にはテープ多数ありロープなどもぶら下がっており事実と異なります。
その他周辺情報英彦山温泉しゃくなげ荘 600円 www.hikosan-onsen.com/ 
※炭酸水素塩泉の弱アルカリお湯でつるつるする感じでなかなか良い。塩素くささも感じない
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

修練道場のようなところでした
2018年02月20日 08:23撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修練道場のようなところでした
やっと表参道へ
2018年02月20日 08:29撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと表参道へ
樹林帯の中を進むが少し行くと見晴らしの少し良いところにベンチ
2018年02月20日 08:36撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中を進むが少し行くと見晴らしの少し良いところにベンチ
あずま屋は屋根が森と化していた。
2018年02月20日 08:38撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あずま屋は屋根が森と化していた。
苔むした石垣
2018年02月20日 08:48撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした石垣
1
凡字岩入口
2018年02月20日 09:05撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凡字岩入口
1
高いところ、梵字が彫ってある。わざわざ足場作って彫ったんだろうか
2018年02月20日 09:11撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高いところ、梵字が彫ってある。わざわざ足場作って彫ったんだろうか
拡大。使われていないでしょうが大きいハチの巣も見えます。
2018年02月20日 09:11撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拡大。使われていないでしょうが大きいハチの巣も見えます。
少し前の他の方のレコのような状態ではなくほぼ崩壊してました。
2018年02月20日 09:55撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し前の他の方のレコのような状態ではなくほぼ崩壊してました。
1
滝の脇から稜線に上がる。稜線に上がりきるまでは傾斜があるところ。沢の詰めみたいだが足場は歩きやすいし藪があるわけではなし、ロープがあるだけありがたい。
2018年02月20日 10:19撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の脇から稜線に上がる。稜線に上がりきるまでは傾斜があるところ。沢の詰めみたいだが足場は歩きやすいし藪があるわけではなし、ロープがあるだけありがたい。
稜線に上がると頂上が見える
2018年02月20日 10:23撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に上がると頂上が見える
見晴台だろうか老朽化しており立ち入れない
2018年02月20日 10:46撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台だろうか老朽化しており立ち入れない
南岳から中岳
2018年02月20日 10:48撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳から中岳
1
南岳を振り返る
2018年02月20日 10:54撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南岳を振り返る
表参道は歩きやすい
2018年02月20日 11:18撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表参道は歩きやすい
立ち枯れた頂上付近
2018年02月20日 11:20撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れた頂上付近
階段の道なんですね
2018年02月20日 11:32撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段の道なんですね
ここ初見だと間違えやすい。看板の左にそこそこな道があり5mほど歩いて表参道にしては傾斜がありすぎると思い引き返した。看板がそちらの道へ誘導しているように思わせる。実際には右の広い道を行く。
2018年02月20日 11:46撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ初見だと間違えやすい。看板の左にそこそこな道があり5mほど歩いて表参道にしては傾斜がありすぎると思い引き返した。看板がそちらの道へ誘導しているように思わせる。実際には右の広い道を行く。
1
信仰の山だからか祠が多い
2018年02月20日 11:48撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信仰の山だからか祠が多い
ひなびた旅館兼土産屋
2018年02月20日 12:37撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひなびた旅館兼土産屋
駐車場に戻りました。天気がいいからかそこそこ駐車していました。
2018年02月20日 12:45撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻りました。天気がいいからかそこそこ駐車していました。
いいお湯でした。
2018年02月20日 13:09撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいお湯でした。
鯉こくや鯉のあらい、ヤマメのから揚げがセットになったシャクナゲ定食1200円を食す。あらいは酢味噌でいただいた。魚尽くしだったが久しぶりだからかおいしくいただけた。
2018年02月20日 13:47撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鯉こくや鯉のあらい、ヤマメのから揚げがセットになったシャクナゲ定食1200円を食す。あらいは酢味噌でいただいた。魚尽くしだったが久しぶりだからかおいしくいただけた。
1

感想/記録

前泊は道の駅 歓遊舎ひこさん。上下に駐車場があるが、夜はいずれも誰もおらず貸し切り状態でした。朝起床して事前にコンビニで購入してあった朝食を済ませ登山口の別所駐車場に車を止める私以外にも登山客がいた。天気が良いからかそこそこの登山者がいるようでした。

英彦山は四王寺の滝を経由して南岳→中岳→表参道というコースにする。最初表参道から行けばよかったのに帰りに通るからと少し違う道から入ったのだが少しわかりずらかった。素直に表参道の階段を登ればよかった。

下宮から鬼杉方面への道をとる。途中梵字が刻まれた岩を見学し、枯れた沢沿いを歩き四王寺の滝へ。もうほとんど崩壊しており見栄えはしませんでした。滝の左側の尾根筋から傾斜のある登りをしばらく続け稜線に上がると英彦山中岳頂上を拝むことができる。頂上は風もあまりなく天気も良かったのでここで早めの昼食をとり、表参道から下山した。滝のルートとは違い歩きやすいし解説版などが充実していた。

下山後はシャクナゲ荘で汗を流し、食事も済ませて次の山へ移動。移動中に山間部の道を利用したが、いつだったかの大雨の影響で崩壊した道があり、いまだ復旧されておらず迂回して移動する必要がある所がいくつかあった。
訪問者数:175人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

シャクナゲ 前泊 目印
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ