また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1388043 全員に公開 雪山ハイキング近畿

鏡面の湖と古戦場巡り

日程 2018年02月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候霧→晴れ→曇り→雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
余呉湖:余呉湖漁業協同組合/余呉湖観光館に無料P
賤ケ岳:賤ケ岳リフト乗り場P(現在工事中)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間26分
休憩
36分
合計
3時間2分
S賤ヶ岳リフト山麓駅09:5811:10賤ヶ岳リフト古戦場駅11:3011:43賤ヶ岳11:4711:58賤ヶ岳リフト古戦場駅12:1012:57賤ヶ岳リフト山麓駅13:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSロガー不調のため手入力
コース状況/
危険箇所等
リフト下を直登りせず登山道を歩きましたが雪が腐ってきていて全行程踏み抜き地獄
わかん履いても結構踏み抜きました。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 ゲイター 毛帽子 ザック 輪カンジキ アイゼン 行動食 非常食 水筒(保温性) レジャーシート コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

早朝の余呉湖、霧に包まれ幻想的です。
2018年02月24日 07:41撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の余呉湖、霧に包まれ幻想的です。
2
霧が発生しているということは風があまり吹いていないのかな?
期待できそうです。
2018年02月24日 07:46撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧が発生しているということは風があまり吹いていないのかな?
期待できそうです。
1
霧がゆっくりと流れるなか、朝陽が差し込んできました。
2018年02月24日 07:50撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧がゆっくりと流れるなか、朝陽が差し込んできました。
3
湖面に映し出される朝陽
2018年02月24日 07:52撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖面に映し出される朝陽
1
湖面に浮かぶ朝日と霧氷
2018年02月24日 07:52撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖面に浮かぶ朝日と霧氷
1
日が差すにつれ霧が晴れていきます。
2018年02月24日 08:07撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が差すにつれ霧が晴れていきます。
1
完全無風ではありませんがなかなかの鏡面
2018年02月24日 08:24撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完全無風ではありませんがなかなかの鏡面
3
釣り桟橋ではたくさんの方がワカサギ釣りに来られていました。
2018年02月24日 08:42撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣り桟橋ではたくさんの方がワカサギ釣りに来られていました。
2
余呉湖を後にし、賤ケ岳リフト乗り場の駐車場にやってきました。
しかし現在下水か何かの工事中で駐車場の真ん中に大きな穴が開いています。
工事関係者さんの了解を得て停めさせてもらいました。
2018年02月24日 09:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余呉湖を後にし、賤ケ岳リフト乗り場の駐車場にやってきました。
しかし現在下水か何かの工事中で駐車場の真ん中に大きな穴が開いています。
工事関係者さんの了解を得て停めさせてもらいました。
1
Pトイレ右のコンクリ階段を上がっていくと登山口(リフト乗り場)の様です。
2018年02月24日 09:58撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Pトイレ右のコンクリ階段を上がっていくと登山口(リフト乗り場)の様です。
登山道の大きな標識と鹿よけ柵が現れました。
2018年02月24日 09:59撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の大きな標識と鹿よけ柵が現れました。
柵の中に入るとリフト乗り場、写真右の杉林へ向かう道が登山道です。
2018年02月24日 10:02撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵の中に入るとリフト乗り場、写真右の杉林へ向かう道が登山道です。
登山道は獣道とのMIX、鹿さん踏みまくってます。
2018年02月24日 10:04撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は獣道とのMIX、鹿さん踏みまくってます。
1
ちょっとした渡渉箇所あり。
2018年02月24日 10:15撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした渡渉箇所あり。
1度目のリフトの交差、リフト左側に回り込みます。
2018年02月24日 10:17撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1度目のリフトの交差、リフト左側に回り込みます。
そこそこ上がってきました。
2018年02月24日 10:19撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこ上がってきました。
2度目のリフトの交差、リフト右側へ進みます。
この後登山道を道なりに歩けば次は山頂駅まで交差しません。
2018年02月24日 10:28撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2度目のリフトの交差、リフト右側へ進みます。
この後登山道を道なりに歩けば次は山頂駅まで交差しません。
だいぶ上がってきました。
2018年02月24日 10:29撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ上がってきました。
だいぶ雪が緩くなっており危険を感じる箇所その
2018年02月24日 11:03撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ雪が緩くなっており危険を感じる箇所その
踏み抜いて踏み抜いてようやくリフト山頂駅に到着
登山道は緩やかな道ですが踏み抜きで体力消耗
2018年02月24日 11:09撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜いて踏み抜いてようやくリフト山頂駅に到着
登山道は緩やかな道ですが踏み抜きで体力消耗
1
赤坂・乗鞍方面でしょうか?まだまだ白いです。
2018年02月24日 11:09撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤坂・乗鞍方面でしょうか?まだまだ白いです。
ここで奥琵琶湖と初対面
2018年02月24日 11:12撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで奥琵琶湖と初対面
ここでようやくわかんを履きますが登山口から履いておけばよかったと後悔、この後下山まで履きっぱなしでした。
2018年02月24日 11:31撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでようやくわかんを履きますが登山口から履いておけばよかったと後悔、この後下山まで履きっぱなしでした。
1
ここから300mで山頂です。
わかん履いてもズブズブうもります。
2018年02月24日 11:32撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから300mで山頂です。
わかん履いてもズブズブうもります。
1
展望台が見えてきました。
2018年02月24日 11:40撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台が見えてきました。
木之本市街方面、だいぶ曇ってきて肉眼では伊吹山の禿斜面は確認できましたが山頂部はすでに見えず。
2018年02月24日 11:41撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木之本市街方面、だいぶ曇ってきて肉眼では伊吹山の禿斜面は確認できましたが山頂部はすでに見えず。
1
賤ケ岳山頂、1.5kmの登山道ですが雪に往生して2時間弱で到着
2018年02月24日 11:43撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賤ケ岳山頂、1.5kmの登山道ですが雪に往生して2時間弱で到着
1
山頂は開けており木之本市街、琵琶湖、余呉湖を見下ろすことができます。
2018年02月24日 11:44撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は開けており木之本市街、琵琶湖、余呉湖を見下ろすことができます。
1
余呉湖、右奥に薄っすら横山岳が見えます。
2018年02月24日 11:46撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余呉湖、右奥に薄っすら横山岳が見えます。
1
山頂を直ぐに後にし、来た道を下山します。
2018年02月24日 11:55撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を直ぐに後にし、来た道を下山します。
顔出し看板は東屋で春を待ってました。
2018年02月24日 12:12撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔出し看板は東屋で春を待ってました。
下りは直下り…
写真では緩く見えますが私には無理
来た登山道を忠実に下ります。
2018年02月24日 12:37撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは直下り…
写真では緩く見えますが私には無理
来た登山道を忠実に下ります。
1
ちょっと危険に感じる箇所
下側のリフト交差付近
2018年02月24日 12:45撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと危険に感じる箇所
下側のリフト交差付近
登山口到着寸前で空からポツポツと雨が降ってきました。
今日は雨は降らないと思っていたのでびっくり。
この後、帰路の安曇川付近まで結構しっかりした雨でした。
2018年02月24日 12:56撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口到着寸前で空からポツポツと雨が降ってきました。
今日は雨は降らないと思っていたのでびっくり。
この後、帰路の安曇川付近まで結構しっかりした雨でした。
鹿よけ柵のゲートで本日の山登り終了
2018年02月24日 12:57撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿よけ柵のゲートで本日の山登り終了

感想/記録

日本のウユニ塩湖として最近写真撮りに人気の余呉湖に行ってきました。
折角なので山にも登ろうと賤ケ岳に登ることに、本来なら写真を撮った湖北から山本山を経て賤ケ岳と行きたいところですが体力・時間の都合でリフト乗り場からの緩く最短のコースで山頂を目指しました。
ただ残雪が多く登山口から膝下、深いところで膝上付近までの踏み抜き連続、なぜ最初から背中に背負っていたアルミわかんを使わなかったのか自分でも謎…
時期・時間が遅く出会ったのは途中で追い抜かれた地元のおじさんとワンちゃん、それと山頂におられた3人ほどのパーティー(おそらく余呉湖方面から上がってこられた方)のみで静かな雪山ハイキングとなりました。
訪問者数:117人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ