また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1388326 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

【丹沢】春の息吹を感じつつ塔ノ岳〜表尾根

日程 2018年02月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間4分
休憩
1時間35分
合計
8時間39分
S大倉バス停08:5909:00どんぐり山荘09:03丹沢クリステル09:21観音茶屋09:2309:42雑事場ノ平09:44見晴茶屋09:2510:03一本松10:0410:21駒止茶屋10:2210:50堀山の家10:5211:36天神尾根分岐11:3811:37花立山荘11:4512:00花立12:0112:06金冷シ12:0712:25塔ノ岳13:2513:48木ノ又小屋14:01新大日茶屋14:18書策新道分岐14:2014:28政次郎ノ頭15:48戸沢山荘15:5115:54作治小屋16:0616:18新茅山荘16:48竜神の泉17:18大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

大倉で登山届けを出してスタートです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉で登山届けを出してスタートです
1
お馴染みの丹沢クリステル姉妹(なのか?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お馴染みの丹沢クリステル姉妹(なのか?)
1
トレイルが始まりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレイルが始まりました
雪の気配はまったくナシ…つーか暑いくらい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の気配はまったくナシ…つーか暑いくらい
観音茶屋でアウターを脱ぎます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音茶屋でアウターを脱ぎます
暑いワケだわ。こんなに気温が高い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑いワケだわ。こんなに気温が高い
最初はこんなに穏やかな感じなんですけどねぇ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はこんなに穏やかな感じなんですけどねぇ
見晴茶屋を通過すると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴茶屋を通過すると…
急傾斜の道となります(T_T)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急傾斜の道となります(T_T)
丹沢名物木道も登場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢名物木道も登場
1
一本松で傾斜が緩みまして、ホッとするのもつかの間
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本松で傾斜が緩みまして、ホッとするのもつかの間
またも急傾斜になります。しかもこれも丹沢名物の木の階段
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またも急傾斜になります。しかもこれも丹沢名物の木の階段
1
茅場平はいつもとおり大泥濘地になってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅場平はいつもとおり大泥濘地になってます
長大な木の階段の連続に気が遠くなります(*´Д`*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長大な木の階段の連続に気が遠くなります(*´Д`*)
たまに視界が開けるとお隣の三ノ塔がよく見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに視界が開けるとお隣の三ノ塔がよく見えます
2
これまた気が遠くなるような急傾斜の木の階段orz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまた気が遠くなるような急傾斜の木の階段orz
2
立花山に出ると、塔ノ岳が目の前に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立花山に出ると、塔ノ岳が目の前に
1
丹沢山とか蛭ヶ岳とかかしら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山とか蛭ヶ岳とかかしら
2
金冷シから塔ノ岳山頂までの道は結構雪が残ってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金冷シから塔ノ岳山頂までの道は結構雪が残ってました
で、なんとか塔ノ岳に到着〜ッ♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、なんとか塔ノ岳に到着〜ッ♪
2
いつかは到達したい蛭ヶ岳。へたれハイカーには日帰りではキビシイorz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつかは到達したい蛭ヶ岳。へたれハイカーには日帰りではキビシイorz
2
前回訪れた箱根方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回訪れた箱根方面
2
本日はあまり海は見えず。しかしこの霞がかかったような感じは…もう春が近いンですな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日はあまり海は見えず。しかしこの霞がかかったような感じは…もう春が近いンですな
1
これから向かう表尾根方面…ううむ。こちらは結構雪が残っている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう表尾根方面…ううむ。こちらは結構雪が残っている
1
塔ノ岳からの下りは急斜面のうえに雪もたんまり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳からの下りは急斜面のうえに雪もたんまり
表尾根はさらにたんまり雪が残ってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根はさらにたんまり雪が残ってました
1
木ノ又小屋を過ぎると正面に新大日が見えてきました…結構登るのね(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木ノ又小屋を過ぎると正面に新大日が見えてきました…結構登るのね(^_^;)
さらに先進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに先進みます
2
雪も残ってますが、溶けてグチャグチャ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪も残ってますが、溶けてグチャグチャ
書策小屋跡を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策小屋跡を通過
政次郎尾根との分岐に着きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎尾根との分岐に着きました
いったん政次郎ノ頭にも立ち寄りして
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん政次郎ノ頭にも立ち寄りして
今回はこちらを下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はこちらを下ります
1
いきなりシビレル細いトラバースでしたが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりシビレル細いトラバースでしたが
後は傾斜はあるもののよく整備された道でした。日当たりのいいとこはすっかり雪ナシ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は傾斜はあるもののよく整備された道でした。日当たりのいいとこはすっかり雪ナシ
でも日陰にはまだまだ残ってましたね(^_^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも日陰にはまだまだ残ってましたね(^_^;)
いい道ですが傾斜はキツ目
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい道ですが傾斜はキツ目
この木段…土が流れちゃったのね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木段…土が流れちゃったのね
1
1時間20分ほどで戸沢まで下りてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間20分ほどで戸沢まで下りてきました
1
登山口…ここでよかったのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口…ここでよかったのかな?
広い駐車スペースがありました。来てから気が付きましたが、20年ほど前に来たことがある…ハズ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い駐車スペースがありました。来てから気が付きましたが、20年ほど前に来たことがある…ハズ
1
延々と林道を歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と林道を歩きます
ようやく大倉まで戻ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく大倉まで戻ってきました
2

感想/記録

昨年末以来の丹沢。
前回は表尾根の三ノ塔を過ぎた辺りで腸脛靱帯炎を発症し、塔ノ岳まで到達できませんでした。そのリベンジってわけではないですが、今回はオーソドックスに大倉尾根から塔ノ岳に上りました。ピストンでもよかったのですが、それじゃあ芸がないので表尾根から政次郎尾根を下ることにしました。
バカ尾根は相変わらず長〜い上りで、へたれハイカーにはシンドイ(*´Д`*)
ですが雪はまったくといっていいほどありませんでした。
立花山を過ぎ金冷シまでの間にほんのちょっと残っていていたくらい。
しかし金冷シから塔ノ岳山頂までの間は結構雪が残ってましたね。私が歩いた時間は凍ってませんでしたが、気温が低ければ凍結してそうな感じでした。

塔ノ岳からの表尾根には結構雪が残ってました。山頂からもそれがわかったのでチェーンスパイクを装着。

下山路にチョイスした政次郎尾根はよく整備された道でした。
階段とかの人工物は多くないので大倉尾根よりも歩きやすいかもしれません。といってもへたれハイカーにはシンドイ急坂の連続でしたけどね(^_^;)。
日当たりがいいようで、雪もあまり残ってませんでしたので、下山マシーンと化して黙々と下ること1時間20分ほどで戸沢に到着。
戸沢は到着して始めて気が付きましたが、20年ほど前に来たことがありました。

後は延々とした林道歩き…。何故か前回よりもこれがシンドカッタですね。

ってなわけで今年初の丹沢。
この日は天気がよいものの、塔ノ岳山頂からの眺望は、冬場のようなクリアの感じはなくなり、なんか春霞がかかったようなぼんやりしたものでした。
気温も高かったし…冬の最終コーナーは過ぎ、もうすぐ春なんだなぁという感じでしたね(*^_^*)


訪問者数:134人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 ピストン クリ 木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ