また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1388790 全員に公開 ハイキング四国

飯野山(讃岐富士)

日程 2018年02月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
飯山登山口駐車場に駐輪
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間53分
休憩
7分
合計
2時間0分
S飯山登山口14:1814:23一王寺神社15:05飯野山15:1115:51丸亀市野外活動センター15:5216:00飯神社16:18飯山登山口16:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
綺麗に整備された登山道で、危険箇所はありません

登り 直登コース
周回コースに合流するまではずっと階段、以降は通常の登山道ですが、そこまで急という感じはなかったです。

下り 周回コース
緩やかなハイキングコース。
ほぼ1合毎に展望地があり、さまざまな角度から丸亀平野や瀬戸内海を楽しめました。

バリエーションルートが多数あるようで、標識のない分かれ道がありましたが、メインの登山道とは違う感じを醸し出しているので道迷いをすることはないと思います・
その他周辺情報飯山登山口には駐車場あり。トイレ、自販機。
山頂にも仮設トイレあり。
飯神社付近にも駐車場。

坂出市街に近く、スーパー、コンビニにも事欠かない。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 ザック サブザック 飲料 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 カメラ

写真

登山口より。尾根や小ピークのほとんどない綺麗な円錐の山容
2018年02月25日 14:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口より。尾根や小ピークのほとんどない綺麗な円錐の山容
5
がっつり階段。こんぴらさんの予習にぴったり
2018年02月25日 14:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
がっつり階段。こんぴらさんの予習にぴったり
リス君。山頂にももう一匹いました
2018年02月25日 14:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リス君。山頂にももう一匹いました
1
いわれのある岩なのでしょうか?
2018年02月25日 15:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いわれのある岩なのでしょうか?
2
山頂は残念ながら眺望なしですが、おじょもの足跡のとこに展望台がありました
2018年02月25日 15:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は残念ながら眺望なしですが、おじょもの足跡のとこに展望台がありました
3
展望台から。正面は(明日登る予定の)象頭山
2018年02月25日 15:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から。正面は(明日登る予定の)象頭山
2
九合目から。瀬戸大橋が霞んでるのが惜しい
2018年02月25日 15:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目から。瀬戸大橋が霞んでるのが惜しい
1
坂出市街に向かう途中から。あとちょっとでダイヤモンド讃岐富士だったのに
2018年02月25日 16:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂出市街に向かう途中から。あとちょっとでダイヤモンド讃岐富士だったのに
1
撮影機材:

感想/記録

次の連休は「そうだ、こんぴらさんに行こう」。
なんか急に思い立ち、即実行。広島からスーパーカブで200kmは遠かった。

天気予報は厳しい状況でしたが、雨雲は若干南を通ると信じてました。

装備と経験があれば初日をこんぴらさんにして、次の日を四国山地の雪山にセットするのでしょうが、どちらもない私は「そういえば讃岐平野になんか目立つ山があったな・・・」と飯野山にしたのでした。新日本百名山、四国百名山ですし。

低山ながら平野に孤立した円錐峰なので周回ルートはどこからでも眺望が得られる素敵な山でした。雨が降る直前で遠望が利かなかったのが残念。
ルートはヤマレコルートWikiをなぞらせていただきました。
直登でがっつり登山の後は景色を楽しみながらゆっくり下るいいルートでした。

明日はこんぴらさんと象頭山(大麻山)の予定です。名物の階段が楽しみです。
訪問者数:364人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

道迷い コル 直登
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ