また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1390340 全員に公開 雪山ハイキング東北

岩山

日程 2016年01月17日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
今回の登山口には駐車場がありません。我々は少し遠くの駐車場に止めてお散歩がてら歩いてアクセスしました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
危険個所はとくにありません。
その他周辺情報周辺は住宅地なのでコンビニや飲食店には事欠きません。温泉は少し離れますが市内の日帰り入浴施設が利用可能です。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

前日の新年会の影響で寝坊したので市内の里山、岩山に行ってみた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日の新年会の影響で寝坊したので市内の里山、岩山に行ってみた。
ここから山道に入っていくのだが雪は無し。凍った地面と積もった落ち葉がミックスされたような微妙な路面状況。とりあえずアイゼンなどは着けずに歩き始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山道に入っていくのだが雪は無し。凍った地面と積もった落ち葉がミックスされたような微妙な路面状況。とりあえずアイゼンなどは着けずに歩き始める。
途中からうっすらと積雪が。しかし凍って危険というほどでもないのでそのまま進む。なんということはない雑木林の中の小道だが、案外歩く人は多いようだ。雪の上には複数の足跡がつけられていて、そりを引いた跡もある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中からうっすらと積雪が。しかし凍って危険というほどでもないのでそのまま進む。なんということはない雑木林の中の小道だが、案外歩く人は多いようだ。雪の上には複数の足跡がつけられていて、そりを引いた跡もある。
道端に雪だるまが作られていた。今後寒くなるようだから、彼らは今しばらくは永らえることだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端に雪だるまが作られていた。今後寒くなるようだから、彼らは今しばらくは永らえることだろう。
山頂直下の遊歩道も積雪は少ない。むしろ凍り付いていてスリップ注意な感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の遊歩道も積雪は少ない。むしろ凍り付いていてスリップ注意な感じ。
一時間もかからず山頂へ到着。やっぱりここも雪が少ない。三角点も露出していた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時間もかからず山頂へ到着。やっぱりここも雪が少ない。三角点も露出していた。
ここまで風もなく暖かい中を歩いてきたが(むしろ暑くて汗かいた)展望台に登ると冷たい西風が吹き付けてきて一気に寒くなった。天気が良くて見晴らしがいいが、長く居られたものではない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで風もなく暖かい中を歩いてきたが(むしろ暑くて汗かいた)展望台に登ると冷たい西風が吹き付けてきて一気に寒くなった。天気が良くて見晴らしがいいが、長く居られたものではない。
下山は展望台の足元から「探鳥コース」を下ることにする。鳥は見当たらなかったが、雪の上にはウサギやタヌキなどの足跡がたくさん着いていた。小動物の足跡を観察しながら歩くのはこの時期の小さな楽しみだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は展望台の足元から「探鳥コース」を下ることにする。鳥は見当たらなかったが、雪の上にはウサギやタヌキなどの足跡がたくさん着いていた。小動物の足跡を観察しながら歩くのはこの時期の小さな楽しみだ。
山頂からいくらも歩かないうちに分岐点があった。探鳥コースの案内表示は右を指しているのだが、そちらに足跡はない。一方左側の分岐には複数の人が歩いた跡がついていた。少し悩んだが足跡をたどってみることにする。
で、その結果下れば下るほど道が不明瞭になっていった。
ただ、雪の上についた足跡は変わらず明瞭で迷いがないように見える。まぁ、どっかに通じてるんだろう。里山の気楽さでそのまま下ることにした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からいくらも歩かないうちに分岐点があった。探鳥コースの案内表示は右を指しているのだが、そちらに足跡はない。一方左側の分岐には複数の人が歩いた跡がついていた。少し悩んだが足跡をたどってみることにする。
で、その結果下れば下るほど道が不明瞭になっていった。
ただ、雪の上についた足跡は変わらず明瞭で迷いがないように見える。まぁ、どっかに通じてるんだろう。里山の気楽さでそのまま下ることにした。
やがて前方が明るくなり、舗装路が見えてきた。
よし、これで脱出完了だ!と思ったが近づいてみると道路と我々の間にはけっこう立派な柵が設けられていることに気が付いた。その柵には門が取り付けられているので施錠されていなければ脱出は容易だが…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて前方が明るくなり、舗装路が見えてきた。
よし、これで脱出完了だ!と思ったが近づいてみると道路と我々の間にはけっこう立派な柵が設けられていることに気が付いた。その柵には門が取り付けられているので施錠されていなければ脱出は容易だが…。
舗装路は最初に歩いた農作業道で、もとの場所に戻ることができる。
舗装路とはいえ眺めがいいので、このまま歩いていってもいいのだが途中で町に降りられそうな道があったので下ってみることにした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路は最初に歩いた農作業道で、もとの場所に戻ることができる。
舗装路とはいえ眺めがいいので、このまま歩いていってもいいのだが途中で町に降りられそうな道があったので下ってみることにした。
ここを下ると中野界隈に出ることができる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下ると中野界隈に出ることができる。

感想/記録

今回は登山というより散策であったが、それなりに楽しかった。
時間と体力が無い中であったが、少しでも山歩きができたのはありがたいことである。
さて…そろそろ山スキーで「歩く」ほうの練習もしたいのだが…。
来週あたりは雪が積もっているかな?
訪問者数:24人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 三角点 タヌキ 山スキー
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ