また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1392108 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

焼岳

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道471号 餌掛谷作業林道入口付近
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間59分
休憩
17分
合計
6時間16分
Sスタート地点03:4108:48焼岳09:0509:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・林道法面からの雪崩跡で1箇所片斜面になっていたが、それほど危険はなかった
・林道の下りは斜度がそこそこあるため、楽に帰ることができる。むしろスピード出し過ぎ注意かもしれない
・ウエアに温泉の匂いが…
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

明るくなってきて笠ヶ岳がみえた
2018年03月03日 06:24撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってきて笠ヶ岳がみえた
1950m付近の広いところ
2018年03月03日 06:35撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1950m付近の広いところ
2100m付近
2018年03月03日 07:10撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2100m付近
2100付近から県境の尾根東の沢状地形
2018年03月03日 07:18撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2100付近から県境の尾根東の沢状地形
沢状地形を登るのは避け、西側の樹林帯側から巻いて尾根に乗り上げた
2018年03月03日 07:36撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢状地形を登るのは避け、西側の樹林帯側から巻いて尾根に乗り上げた
ガリガリで苦労しました
2018年03月03日 08:04撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガリガリで苦労しました
1
2250m付近まで上がれば別世界だった
2018年03月03日 08:13撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2250m付近まで上がれば別世界だった
地形図を見てこの場所にはパウダーがあると期待していたが…ハードパックでした
2018年03月03日 08:29撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図を見てこの場所にはパウダーがあると期待していたが…ハードパックでした
2350m付近
2018年03月03日 08:34撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2350m付近
カリカリの斜面を登り、頂上へ向かいます
2018年03月03日 08:48撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カリカリの斜面を登り、頂上へ向かいます
頂上より1
2018年03月03日 08:57撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上より1
1
頂上より2
2018年03月03日 08:59撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上より2
2
頂上より3
2018年03月03日 09:03撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上より3
登るときに避けた沢状地形
2018年03月03日 09:25撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るときに避けた沢状地形
帰り道、白谷山の北西面を写真におさめたかったが時間帯が悪く逆光だった
2018年03月03日 09:53撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道、白谷山の北西面を写真におさめたかったが時間帯が悪く逆光だった

感想/記録
by wakou

かなり気温が上がる予報だったことと、南面からのアプローチであることを考えて、早めの出発としたが、全体的にガリガリのところが多くなかなか苦戦させられた。

核心は2100m付近の尾根への取り付きだった。初っ端に大きな岩があり、スキーで直登は難しそう。東側は沢状地形で西側はガリガリの斜面。沢状地形は吹き溜まりで尾根の風下には雪庇も発達していたので、クトーを装着して西側のガリガリ斜面から迂回して尾根に上がった。

滑走は全体的に固めだったが、風下の柔らかそうなところを選びながら滑ったらそこそこ楽しめた。樹林帯は時々パウダーもあったが、やっぱり固め。モナカっぽいところが多かったが、スーパーファットのおかげなのか、ほぼ気にならずに滑走できた。

帰りの林道はそこそこの斜度があり、スピードが出るのでかなり快適だった。
訪問者数:619人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ