また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1392428 全員に公開 雪山ハイキング赤城・榛名・荒船

地蔵岳 トレースなく登り返す

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー19人
天候無風の晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
行きは関越でずっと渋滞 帰りは東北道経由でスイスイ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間54分
休憩
25分
合計
2時間19分
Sスタート地点11:5012:56地蔵岳13:2214:09赤城公園ビジターセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
新坂平登り口からずっと50センチから1メートル食らおの積雪あり。シャーベットはほとんどなし。硬めの表面か、ふかふか目の踏み抜きまくりの雪道、ずっと。上りも下りも林の中は、ルートわかりにくいです。

写真

スマホ、ぽっけため写真はとることなく、パラボラの頂上到着です。NHKはじめ各局のパラボラアンテナが揃ってるんですね。
2018年03月03日 12:49撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スマホ、ぽっけため写真はとることなく、パラボラの頂上到着です。NHKはじめ各局のパラボラアンテナが揃ってるんですね。
大沼と黒檜山。いいお天気です。この日は向こう側に登ってるユーザーさんもたくさんいたようですね。レコがいっぱい上がってました。
2018年03月03日 12:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沼と黒檜山。いいお天気です。この日は向こう側に登ってるユーザーさんもたくさんいたようですね。レコがいっぱい上がってました。
3
こんなに濫立してます。くももすてきです。この日は横に伸びた細い雲がありました。意味はわかりませんが、何かあるんでしょうね。
2018年03月03日 12:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに濫立してます。くももすてきです。この日は横に伸びた細い雲がありました。意味はわかりませんが、何かあるんでしょうね。
可愛いですね。しばらくここに滞在したかったけど😓 なんせ、ツアーでお勉強中。
2018年03月03日 13:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛いですね。しばらくここに滞在したかったけど😓 なんせ、ツアーでお勉強中。
1
大沼で、ワカサギつりのテントがたくさんありました。
2018年03月03日 13:13撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沼で、ワカサギつりのテントがたくさんありました。
2
赤城少年自然の家到着のはずが、何故かゴールはビジターセンター😅早めの到着、お疲れさまでした。下りはどうやら夏道破線ルートのよう。なかなかの急坂の連続で、スベリーの踏み抜きーのストックは緩みーのでたいへん、あちこちあー💦だのおーだのと声が聞こえ、とても楽しかった。トレースがない道で、先が不明な時は戻るとのことでした。林の中はどこでもいいのかもですが、わからないですね。登り返しはえーってかんじでさが。いいお天気で登山日和でした。
2018年03月03日 14:07撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城少年自然の家到着のはずが、何故かゴールはビジターセンター😅早めの到着、お疲れさまでした。下りはどうやら夏道破線ルートのよう。なかなかの急坂の連続で、スベリーの踏み抜きーのストックは緩みーのでたいへん、あちこちあー💦だのおーだのと声が聞こえ、とても楽しかった。トレースがない道で、先が不明な時は戻るとのことでした。林の中はどこでもいいのかもですが、わからないですね。登り返しはえーってかんじでさが。いいお天気で登山日和でした。
2
撮影機材:

感想/記録

お天気良く、前回の入笠山とともに、楽しい雪山練習となりました。今回は雪深い💦(私にとって)ところでの下りの良い経験になりました。しかし、時間は割と短時間だったので、まだまだというとこでしょうか。失敗はアイゼンのポーチの水でザックの下が濡れていまったこと。チキンと防水の袋にしまわないとですよね。帰りの電車の中の暖房でいつも間にか、降りる駅に着く前に乾いてましたが。今度は雪のない地蔵岳に行ってルート確かめたいと思います。
訪問者数:151人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/1/10
投稿数: 59
2018/3/5 23:49
 楽しそうな雰囲気が伝わって来ます
「あ〜」とか「わ〜」とか、とても楽しそう。これが岩場だとそうはいかないのかもしれないけれど倒れても平気な雪原だったら楽しいしかない。GPSログの地図を拡大して雪道レイヤーにしてみたら、皆さんトレースがないところを歩いていたみたい。これも練習ということなのでしょうか。
 実は前にアイゼンをそのまま袋に入れておいてサビが出てしまいました。今は外した時にその場でタオルにつつんでいます。アイゼンが冷え切っているので良く水分をふき取ったつもりでも結露して濡れてしまうみたい。タオルにつつんでからは大丈夫になりましたが、それで良いかどうか次回ガイドさんに質問してみます。
登録日: 2016/8/19
投稿数: 12
2018/3/6 0:28
 アイゼン
コメントありがとうございます。
そうですが、歩いてたところはトレースの無いルートだったんですね。いやあ、そう聞くとむつかしいですね。これは夏道、雪が溶けたら行ってみたいですね。
アイゼンはサビ、初めて使った後ついてしまいました。ネットで調べてサビ防止スプレーしてみましたが、どうでしょう?色々経験ですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ