また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1392511 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

沼津アルプス黒瀬〜多比

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
バス
沼津駅南口バス停6番乗場(大平or沼商or医療センター行き)→ 黒瀬バス停下車→横断歩道を渡り、かに甲羅本店の先100m程度の所に登山口あり。
多比に下山して沼津駅方面に行く場合、海側の沼津駅方面のバス停と、向かいに見える逆方向のバス停とは別に、駐車場の奥にある分り難い伊豆箱根鉄道(多比始発)専用バス停からの二択になる。沼津駅までは480円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間15分
休憩
1時間6分
合計
6時間21分
S香貫山登口09:0309:07香陵台09:1809:29香貫山09:3109:35四等三角点香貫山09:3509:52八重坂峠09:5310:11横山10:1110:30横山峠10:3211:04徳倉山11:1611:20香貫台分岐11:2011:36象の背11:3611:46志下坂峠11:4612:20志下山12:2012:25馬込峠12:2512:34志下峠12:3412:52小鷲頭山12:5213:06鷲頭山13:2713:38多比峠13:3814:04多比口峠14:0414:26大平山14:2614:35多比口峠14:3615:00多比バス停15:1215:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
08:58 スタート(0.00km) 08:58 - 山頂(1.39km) 09:31 - 山頂(2.99km) 10:02 - 山頂(3.26km) 10:13 - 山頂(4.43km) 10:55 - 山頂(7.07km) 12:51 - 山頂(7.33km) 13:06 - ゴール(14.35km) 15:20
コース状況/
危険箇所等
150m前後の直登や下りが続き、体力が消耗した終盤の鷲頭山から先は岩尾根もあるので気が抜けない。
その他周辺情報参考までに、入浴施設は沼津インター取付け道路(通称グルメ街道)に二件のスパー銭湯があり、共に沼津駅北口より無料送迎バスがある。
万葉の湯 沼津 https://www.manyo.co.jp/numazu/
駿河の湯 坂口屋 https://www.suruganoyu.co.jp/
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

香貫山の戦没者慰霊塔 広場の売店は遺族会が細々と営んでいるので、立ち寄った際は少しでも足しになればと飲料水を購入している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
香貫山の戦没者慰霊塔 広場の売店は遺族会が細々と営んでいるので、立ち寄った際は少しでも足しになればと飲料水を購入している。
2
勾配30度程度の登り下りの繰り返し。山の会の方々により、鎖やトラロープ、看板が整備されていて頭が下がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勾配30度程度の登り下りの繰り返し。山の会の方々により、鎖やトラロープ、看板が整備されていて頭が下がる。
1
徳倉山山頂より富士山の裾野から東京方面にたな引く灰色の雲?御殿場演習地の野焼きの煙でした。それにしても大規模だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳倉山山頂より富士山の裾野から東京方面にたな引く灰色の雲?御殿場演習地の野焼きの煙でした。それにしても大規模だ。
1
塩満広場より、手前に登り始めの香貫山と後方の愛鷹山と富士山。成長した木を切ってくれてあるので、眺めが良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩満広場より、手前に登り始めの香貫山と後方の愛鷹山と富士山。成長した木を切ってくれてあるので、眺めが良い。
1
鷲頭山山頂、沼津アルプスも終盤だが、ここからも気を抜けない。 鷲頭山から南に最初の多比峠は要注意!下を向いてトボトボ下っていると、右上に分岐する多比口峠、大平山方面を見落とす。この場合、大平地区へ降りてしまい登り返す気力のある人は殆どいないとのこと。岩尾根を過ぎた後の多比口峠は大平山にピストンするか、多比のバス停に下るかの思案峠となる。原木方面へ縦走する健脚は別だが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲頭山山頂、沼津アルプスも終盤だが、ここからも気を抜けない。 鷲頭山から南に最初の多比峠は要注意!下を向いてトボトボ下っていると、右上に分岐する多比口峠、大平山方面を見落とす。この場合、大平地区へ降りてしまい登り返す気力のある人は殆どいないとのこと。岩尾根を過ぎた後の多比口峠は大平山にピストンするか、多比のバス停に下るかの思案峠となる。原木方面へ縦走する健脚は別だが。
1
訪問者数:149人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

トラロープ 直登 ピストン 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ