また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1393443 全員に公開 雪山ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

樹氷を楽しみに晴天の西吾妻山

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
スキー場併設駐車場有り。土日1,000円/日
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所: なし。スキーヤートレース多数
登山届箱: チケット販売窓口からスキー場への出入り口左柱前にあり 
その他周辺情報稲川酒造店
福島県耶麻郡猪苗代町字新町4916
TEL0242-62-2001
ここ何年かコンテスト上位入賞酒をつくっている猪苗代町中にある酒蔵。
七重郎 生酒をお勧めされました。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 メッシュアンダーシャツ  メッシュアンダーパンツ 保温アンダーシャツ 保温アンダーパンツ ズボン 靴下 グローブ 予備グローブ ハードシェル アウターパンツ ミドル保温ジャケット ミドルダウンジャケット 雨具(上下) ザック 行動食 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯電話 時計 タオル カメラ 帽子 バラクラバ チェーンアイゼン 10本アイゼン アイゼンケース 水 1リットル 保温ポット 救急用品

写真

駐車場の様子
2018年03月03日 08:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の様子
山頂までよく見え、期待感がふくらみます
2018年03月03日 08:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までよく見え、期待感がふくらみます
リフトを降りると絶景が
2018年03月03日 09:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトを降りると絶景が
晴れているとこんなに気持ちが良いとは
2018年03月03日 09:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れているとこんなに気持ちが良いとは
1
西大巓直下でもこんな感じ
2018年03月03日 10:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西大巓直下でもこんな感じ
1
前回はここでギブアップ。こんな所だったんですね
2018年03月03日 10:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回はここでギブアップ。こんな所だったんですね
西吾妻山を望む。下は樹氷がないのに山頂付近はなんとか樹氷が残っているような
2018年03月03日 10:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾妻山を望む。下は樹氷がないのに山頂付近はなんとか樹氷が残っているような
西吾妻小屋を横目で見ながら進みます
2018年03月03日 10:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾妻小屋を横目で見ながら進みます
1
モンスター登場。
2018年03月03日 11:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスター登場。
3
山頂が近くなると樹氷も低くなり
2018年03月03日 11:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が近くなると樹氷も低くなり
2
西大巓をみる。スキー跡の中に山頂を迂回するトレースが。左上に気になる雪庇が・・・
2018年03月03日 12:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西大巓をみる。スキー跡の中に山頂を迂回するトレースが。左上に気になる雪庇が・・・
1

感想/記録

 前日まで予報天気図でも西高東低気圧配置が崩れ高気圧に覆われる、麓の天気予報で猪苗代は晴れ、SCWの予報でも雲がない、www.mountain-forecast.comでも晴れ、ただ一つ高原・山の天気のみ表示Cと登山には向かない天気予報。天気図を見ながら今度こそ、天気が良いと判断し、朝4時に起きて出発。

日本中が春らしい暖かい日になると聞き、樹氷が溶けてしまうのではないかとの危機感を持ちながら高速道路を北上。地元ラジオ放送で会津若松の推定最高気温の天気予報を聞き樹氷が残っているか不安になりながら、郡山会津若松間高速道路雪対応装備必要の警告を見て安心もしながら、高速道路を進みました。雪中に葉のない木々が山頂付近までつづく山景色を見ながら、樹氷が見えるようになれと祈るように高速道路を進みました。インターチェンジを降りると最初の交差点で道路上に固められた雪が見え、樹氷を見ることができると少し安心。さらに、グランデコスキー場に進むに従い、路面の雪が凍り付いていてさらに安心。

スキー客に混じりながら登山に必要なチケット4枚購入。列も4番目くらいに並ぶことができるくらい混雑してません。スキー場経営が続けられるのか不安になります。午後2時くらいの帰宅時に駐車場状況を確認すると、半分以上は埋まっていたようですが、経営が楽ではないでしょうと昔のスキー場の生協を知っている身としては余計な心配をしてしまいます。

先月、来ているので西大巓までスムースに登りました。前回は磐梯山がやっと見えるような状態だったので景色は楽しめませんでしたが、今回は快晴のためすべての山が見えていたので、どの山がどこだかさっぱりわかりません。猪苗代湖と磐梯山がきれいに見えるのがなによりうれしい。撮ったはずなのに何回もシャッターを切ってしまいます。天気が良いと登山者、スキーヤーが続々と登ってきます。晴天のため視界が良く、訪れる人も途切れないので、迷子になることもないだろうと慢心。

前回受けた現場レクチャーで西大巓から西吾妻山まで尾根が平らなので迷いやすいとはよく言ったもので、視界が良いから歩けるような地形。トレースも一本ではなく幾条にも分かれていることから、みんな好きなところを楽しみながら歩いているようす。ほどなく西吾妻小屋が見えてきますが、西吾妻山に早く登りたいので小屋を横目に見ながら進みます。

西吾妻小屋周辺の樹氷もない草原地帯をすぎて登るとスノーモンスター登場。上がれば上がるほど包まれた氷が大きくなります。雪表面に付いたスノーシュー歯跡がわずかに残るトレースが樹氷の中をあちらこちらに広がります。上りは上に行けば良いので、好みの方向に進むトレースをたどり登ります。高さ2〜3mに発達した樹氷の間に、立枯木に氷が張り付いただけの樹氷まで樹氷樹の間を好きなように歩けるのがうれしい。たぶん、2月中だと雪が柔らかくて、木周辺では簡単にズボッと落ちそうです。もちろん、油断すると今でも落ちるかもしれません。なにしろ初めてなのでよくわかりません。

山頂は樹氷樹高さも50cm位になる平らな平地に出ました。山頂らしいです。GPSでたぶんここのようです。山頂を示す高い看板を掲示して欲しい気がするのは私だけでしょうか。登頂記念写真を撮っても写真データに埋め込まれたexitデータ以外の証拠がないのがなんとなくさみしい。さすが樹氷郡に続く山頂は風邪が強かったので、のんびりお茶したり、昼食している方はいませんでした。11時半頃だったので、樹氷の陰に隠れ私はコンビニで購入したおにぎりを頬張りました。スマートフォンで写真を撮るためと、おにぎりのパッケージを向くためにグローブを外すと、久しぶりに指が凍りつきそうに寒い。雪山を訪れた感じにややうれしいのはMなんでしょうか。

平らな山頂から反対側の景色を見るために平らな山を反対側の山先端を便りに移動します。ところが何方向が行っているうちに、帰りに進む方向に自信がなくなります。しかも、下山はみなさん樹氷を楽しみながらあちらこちらに歩いているので、トレースが分岐しています。さらに、ここからさらに進む方が結構な数いらっしゃるのでトレースは四方八方にのびている感じ。

みなさんと同じように素敵な形をした樹氷を求めながら、のんびり下山。樹氷の間でも風が吹き抜けるので、樹氷の陰で風下にかくれようとしても風が容赦なく吹き込んできました。

西大巓と西吾妻小屋を目視確認しながら下山しました。一回降りてから西大巓に再び登るのは気持ち的に落ち込むことが多いのですが、覚悟を決めて登ったためか西大巓までそれほどきつくなく登れました。西吾妻山から西大巓方面を見ると、西大巓に登りたくないのか、山頂を迂回して回っているトレースがあります。そのトレースを借りようとも思いましたが、上にやや発達している雪庇があり、気温も高いため迂回路を選択できませんでした。

けっこう登っている人が多いはずなのに、混雑した感じがないのは広いためでしょうか、それとも八ヶ岳ほどは訪れる人が少ないのでしょうか。
訪問者数:211人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ