また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1393898 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

2月公共交通機関で行く奥白根山(日帰り・湯本温泉)

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
横浜方面から始発に乗って東武日光駅に8時20分頃到着。そこから8時40分のバスに乗り、終点の湯本温泉(1700円)バスはICカード使えます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体を通して危険な個所はありません。急坂が続くのと、避難小屋を過ぎて樹林帯を超えたあたりの急坂はラッセル地獄で4つんばいで進みました。風が強かったらと思うとゾッとします。湿った雪だったのでアイゼンが団子になりました。スノーシューあるといいです。
湯本温泉バス停からスキー場に向かうと、スキー場の入り口に登山ポストあります。ゲレンデでちょっと迷いますが、一番右側のリフトの樹林帯脇を歩くのが一番早いかつ安全かと。一番奥のリフトを降りたところが登山口です。踏み跡もあるし、ピンクリボンもあるので迷わないと思いますが、先発隊でトレースが消えているようならリフトのおじさんに聞くと登山ルートを教えてくれます。樹林帯をひたすら急坂を登ります。ピンクリボンがたくさんあるので迷わないと思います。稜線に出たら看板に従って右へ。しばらく平坦な道を歩くと、前白根山に着きます。ここが奥白根山の絶景ポイント。ここを過ぎると奥白根山の全容を見るポイントがないので写真を撮るならここで。前白根山を下り、看板に従って白根山をぐるっと回り込むように歩きます。樹林帯の中を下ると避難小屋があります。避難小屋から先がちょっとわかりにくいですが、避難小屋のすぐそばに白根山を指す看板があるのでまっすぐ進むともう一つ看板が見えます。そこを右へ。樹林帯はピンクリボンが極端に少なくなるので不安になりますが、ひたすら頂上を目指して登れば着きます。
その他周辺情報湯本温泉はレストラン、温泉だらけです。一方で山の中にはトイレないので済ませてから行くといいです。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

備考 スノーシューあったらよかったです。

写真

前白根山から見た奥白根山。ゴツゴツした岩肌に真っ白な雪がかかっていて本当に美しかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前白根山から見た奥白根山。ゴツゴツした岩肌に真っ白な雪がかかっていて本当に美しかった。
頂上からの眺め。風もなく暑いくらいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの眺め。風もなく暑いくらいでした。
1
思わぬラッセルで予想より時間がかかってしまいました。湯本温泉から頂上まで4時間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思わぬラッセルで予想より時間がかかってしまいました。湯本温泉から頂上まで4時間。
下山はヒップそり。雪がもふもふだったのでスピードが出てもピッケル刺せばすぐ止まります。急坂はお尻で降ったので帰りは頂上から2時間半くらいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はヒップそり。雪がもふもふだったのでスピードが出てもピッケル刺せばすぐ止まります。急坂はお尻で降ったので帰りは頂上から2時間半くらいでした。
1
訪問者数:319人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ