また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1394825 全員に公開 山滑走志賀・草津・四阿山・浅間

サイコー!!四阿山山スキー 北アルプスまるっと丸見え屏風状態です

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車山高原ホテルまで積雪なし
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間57分
休憩
1分
合計
5時間58分
Sあずまや山登山口駐車場07:5409:45里宮分岐11:43四阿山・根子岳分岐11:4412:34四阿山12:59四阿山・根子岳分岐13:02長池分岐13:32里宮分岐13:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
牧場エリアは雪解けまじか
山スキーはあと少しで終わりかも
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

朝焼けに染まる北アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けに染まる北アルプス
8時で駐車場は満車
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時で駐車場は満車
登山口からは雪まだあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口からは雪まだあります
テンション上がるね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンション上がるね
後立山まっしろけっけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山まっしろけっけ
雪、白樺、青空 うんうん黄金比
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪、白樺、青空 うんうん黄金比
モンスターはまた来年
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスターはまた来年
さぁ行きまっせ、もうすぐ頂上
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ行きまっせ、もうすぐ頂上
サイコーの天気 みんなニコニコ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サイコーの天気 みんなニコニコ

感想/記録

最高の天気にめぐまれました!!
2月に計画した時には予報は悪くはなかったですが、登山口は雪そして良くならなそうなので、駐車場で2時間近く待機しておりましたが、撤収しました。
今回はリベンジできてよかったです。というかこの週末は日本各地が高気圧に追われ皆さん今シーズンの雪山最終章を楽しんだみたいですね。ここ四阿山も春山へのもでチェンジ寸前で、太陽をあびて氷がかすかな音をたてて溶けており、モンスターもほぼ消滅しておりました。7時過ぎに高原ホテルの駐車場に着いた時にはほぼ満車で、どうやら後発組のようでした。8時に登山口からシール走行で牧場までの緩やかな登りを進んでいきます。ほどなく牧草地の開けた場所に到着します。白い雪と青い空の景色にテンションが上がりまくります。ゆるやから斜面をゆっくりと昇っていくと右手には浅間山方面、そして左手には、、、、キター 北アルプスの後立山方面がマルっとみえている。写真をパチパチしながら牧草地をのぼりやがて少し急な斜面の白樺樹林帯へ入っていきます。山スキーは昨年のかぐらのツアー以来の2回目、こんなロングツアーは初めてで気持ち的に不安なところもありましたが、なんとかシールを効かせて登りつめていきます。雪は固くもなくべちゃべちゃでもなく程よい感じでしたがここでハプニング発生。ストックのスノーバスケットが経年劣化もあるのか固定部分からバスケット部分が脱落してしまい、ほぼストックの効果ない状態となってしまいました。バスケットないほうでストックを突くと1m以上は沈み込むため、もう一方のストックのみでバランスをとりながらなんとか進みました。帰りの下りの滑りに心配がよぎります。根子岳の分岐についたのはお昼少し前、ここまでで結構ばてたし、おなかも空いていたので昼食といたしました。おにぎり2個に、カップワンタン(純蓮のみそワンタン!!)に山専ボトルからお湯をそそぎ熱々をいただきました。12:34に2354mの山頂に到達です。山頂までスキーはいて登っている猛者もいましたが、スキーはお昼食べた場所にデポりましてスキーブーツでキックステップかましながら登りました。山頂からの展望はほんっとすごいの一言。山頂に到着した皆さんが口々に やばいよ〜 とか マジ最高 と歓喜をあげておりました。 いやぁ その言葉大げさではないですよ。ぐるっと360度の展望ですもんね。そのなかでもやはり北アルプスに目が行きますね。双耳峰の鹿島槍と五竜は見慣れているので遠くからでも同定でき、そこから白馬三山も確認しました。それよりなにより去年ゲレンデスキーをした八方尾根の広大かつ真っ白な尾根も確認することができました。さすががオリンピックのアルペンフィールド!!山頂もほぼ無風とありのんびりしてから下山に取り掛かります。スキー滑降にさほど自信がないのと、樹林帯も少し恐怖感があるのとでゆっくりスライドしながら降りようと決めていたので、デポしたスキーを回収し、シールをはがし滑降を始めます。序盤はいい感じの斜面と雪質を快適に滑り降りていゆき、樹林帯へ差し掛かると場所場所でスライドしながら高度を下げていきました。途中で数名のハイカーを抜きつつ少しばかりの優越感に浸るも焼死に乗ると痛い目にあうぞと自分に言い聞かせつつ、牧草地まで降りてきました。行の登りの時からここを滑り降りたらきもちいいだろうなというポイントで、おもいきり滑降を楽しみました。そして牧草地の滑降をおえて細い林道をすすみあっという間に登山口まで戻ってきました。下りは約1時間 やはりスキーの機動力はすごいね。最高の景色にハプニング(ストック破損と、牧草地での有刺鉄線デスマッチ)、それからウルトラスーパーにひどい靴擦れなどてんこ盛りの1日となりました。この山は3月の安定した天気の下ではスノーシューハイクや山スキーの初心者にはうってつけではないでしょうか。また山スキーしに来たいと思う山です。そして次は是非 四阿モンスターを見てみたいと思いました。
訪問者数:214人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ