また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395100 全員に公開 雪山ハイキング御在所・鎌ヶ岳

ロープウェイで御在所山・国見岳

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ一時曇りや霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
御在所ロープウェイ前駐車場(1日1000円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全面的に積雪。
雪は腐り気味…
その他周辺情報希望荘(鈴鹿スカイラインに向かってすぐの場所にある日帰り入湯可能の宿泊施設・貸しタオル付き600円)
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

御在所山頂。
ちなみにロープウェイ山頂駅含め「御在所山頂碑」は山域に複数個あります。
2018年03月04日 12:32撮影 by HUAWEI KII-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所山頂。
ちなみにロープウェイ山頂駅含め「御在所山頂碑」は山域に複数個あります。
色々とこっちゃこっちゃしている山上園地
2018年03月04日 12:51撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色々とこっちゃこっちゃしている山上園地
一番主張の激しい山頂碑
2018年03月04日 13:00撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番主張の激しい山頂碑
雨乞〜イブネクラシ
2018年03月04日 13:06撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞〜イブネクラシ
コレぐらいの傾斜なら楽しめそう
2018年03月04日 13:29撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コレぐらいの傾斜なら楽しめそう
国見岳
2018年03月04日 13:33撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳
国見岳から御在所方面
2018年03月04日 14:20撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳から御在所方面
鈴鹿北部、やや濁った空気
2018年03月04日 14:20撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿北部、やや濁った空気
国見岳からの雨乞〜イブネクラシ
2018年03月04日 14:22撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳からの雨乞〜イブネクラシ
国見岳から雨乞
2018年03月04日 14:22撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳から雨乞
御在所
2018年03月04日 14:55撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所
ザレ場から
2018年03月04日 14:56撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレ場から
白く見えるのが「日本一の高さ」を誇るロープウェイ用の鉄塔。
この上で作業をする職員さんのご苦労は…想像するだけで肝が冷えます。
2018年03月04日 15:05撮影 by HUAWEI KII-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白く見えるのが「日本一の高さ」を誇るロープウェイ用の鉄塔。
この上で作業をする職員さんのご苦労は…想像するだけで肝が冷えます。
空気は淀み気味でしたが、天気はそれなりでした
2018年03月04日 15:46撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空気は淀み気味でしたが、天気はそれなりでした
希望荘の本館〜別館連絡ケーブル。
2018年03月04日 17:36撮影 by HUAWEI KII-L22, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
希望荘の本館〜別館連絡ケーブル。

感想/記録

今年の初登山。体力に自信がなく、ロープウェイで高度を稼げる御在所へ。
登山前は雲で山麓からは山頂が見えない状態。「まあ、前々から乗りたかったロープウェイだし…」と正直あまり期待もせず登ったのです。

しかし山の上に行き、食堂(店内の天井を紙で作ったロープウェイが動いてるので、子供や子供の心を持つ大きなお友達に人気)でご飯を食べているうちに天候が好転。
御在所からの鎌ヶ岳は存外に立派。鈴鹿山地は厚みがあるので、山麓から想像するより、山稜からの景色が重厚になる傾向を感じているのですが、御在所からの景色もその一つなのかもしれません。

国見岳までの道は初春の雪山。
特に国見峠〜国見岳間はどこを歩いてもたまに踏みぬく。意外にも登山客はほとんどいなかったので、踏む抜くたびに騒いでるうちに国見岳に到着。
国見岳から見る御在所の「むき出しになった花崗岩」の景色は、そこだけを見れば北アルプスを思わせる光景。
ロープウェイで登れる山って、「登頂で得られる制覇感」をそがれる気がして敬遠しがちなとこがあるんですが、「ロープウェイを作ってまで見せたい景色がある」ということでもある。それを実感した山でした。

下山後は、鈴鹿スカイラインにちょっと行ったところにある希望荘に入湯。
別館〜本館を小型ケーブルカーが結ぶ、という宿泊施設。温泉自体は本館にあるので、車は別館において利用すると、タダで乗り物に乗れる特典(?)がある。
北勢平野を見下ろせる場所にあり、山麓でやっている花火を遠くに眺められることもあるんだとか(湯に浸かっていた人の雑談より)。
山登りとしてはヌルいものでしたが、心は温まる温泉と景色を楽しめた山行となりました。

感想/記録

『晴れているから登らなきゃ・・・』って程度のモチベーションと
『本当に晴れているのか?』という猜疑心にさいなまれながらの山選び。
以前、イブネクラシから足を伸ばしたおりに『なんだ、この観光地・・・』と、落胆させられた御在所を、観光地として処理してみるのはどうであろう、と。

以前訪れた晩秋期とは違い、冬期の御在所はとても賑やか。
山頂レストランの食事も、金額はそこそこでしたが見合うものを感じられました。
個人的に未踏だった国見岳まで足を伸ばせたうえに、行動中のみ妙に晴れ渡ってくれている。
気楽ながら納得のいったハイキングでした、が!

遠く霞む竜や御池、近くに居座るイブネクラシ、太陽を背に佇む鎌に入道を眺めれば眺めるほど
相方にそれらの山々がどう楽しかったかを説明するばするほど
今いる御在所国見山塊への不足感が募るハイキングでもありました。

下山後の入浴食事の幅広さは、山域随一のものなのですがね。。
訪問者数:554人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ