また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395268 全員に公開 山滑走磐梯・吾妻・安達太良

安達太良山

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
無料駐車場はいっぱいあるが、上の方から満車となり、遅くなると順次下のスペースに行かされる。でも、近年はそれほど満車にはならないかも。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
1時間20分
合計
5時間40分
Sスタート地点09:1009:30五葉松平09:4011:30安達太良山11:4012:10峰の辻12:40勢至平13:4014:50奥岳登山口14:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ロープウエーで薬師岳まで直行できると思い込んでたら、近年は冬の営業は休止してるらしく、リフト2基を乗り継いだ1100付近が出発点となる。
その他周辺情報岳温泉で入浴。
入浴後は名物の「ソースカツどん」を食べようと思ったが、あいにく店は閉店となっていた。PM3:00ごろだったけど・・・?
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 山スキー用具一式(2人)<br />かんじき アイゼン組(3人)

写真

レストハウス前の駐車場から出発だが、ロープウエーは数年前から冬の営業休止となっていた
2018年03月04日 07:53撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レストハウス前の駐車場から出発だが、ロープウエーは数年前から冬の営業休止となっていた
なので、リフトを乗り継ぎ、トップへ。
ここから登り始める
2018年03月04日 09:07撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なので、リフトを乗り継ぎ、トップへ。
ここから登り始める
最初はカラマツ林を抜け、スキーには不向きなブッシュのうるさい斜面が続く。
2018年03月04日 09:07撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はカラマツ林を抜け、スキーには不向きなブッシュのうるさい斜面が続く。
なんとか抜けると五葉松平。ゲレンデの奥に福島盆地と阿武隈の山々。
2018年03月04日 09:28撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか抜けると五葉松平。ゲレンデの奥に福島盆地と阿武隈の山々。
さて、薬師岳へは登らず、ショートカットして稜線を目指す
2018年03月04日 09:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、薬師岳へは登らず、ショートカットして稜線を目指す
日陰の雪面ではザラメにならない雪がくっつき、高下駄をはいてるよう。
2018年03月04日 10:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰の雪面ではザラメにならない雪がくっつき、高下駄をはいてるよう。
スコップで取り除く。稜線に出ると雪は氷化して、くっつかない
2018年03月04日 10:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スコップで取り除く。稜線に出ると雪は氷化して、くっつかない
稜線に出ると大展望となる。はるかに蔵王を望む
2018年03月04日 10:11撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ると大展望となる。はるかに蔵王を望む
1
和尚山(左)を望みながら
2018年03月04日 10:31撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和尚山(左)を望みながら
阿武隈を背にして、続々と登ってくる登山者
2018年03月04日 10:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿武隈を背にして、続々と登ってくる登山者
山頂直下。
鉄山(右)と吾妻の稜線
2018年03月04日 11:17撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下。
鉄山(右)と吾妻の稜線
ようやく乳首に到着。
この前後から、かなりの強風。
2018年03月04日 11:17撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく乳首に到着。
この前後から、かなりの強風。
山頂はエビのしっぽが溶けかかっていた。
とにかく風が強く、そそくさと下山。
2018年03月04日 11:28撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はエビのしっぽが溶けかかっていた。
とにかく風が強く、そそくさと下山。
山頂からの磐梯山。無垢な雪面がうつくしい。
2018年03月04日 11:29撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの磐梯山。無垢な雪面がうつくしい。
こちらは和尚山
2018年03月04日 11:30撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは和尚山
峰の辻への下り。カール状なので、さっきまでの風はウソのよう。
2018年03月04日 11:48撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の辻への下り。カール状なので、さっきまでの風はウソのよう。
4
峰の辻から振り返り見る安達太良山頂
2018年03月04日 11:55撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰の辻から振り返り見る安達太良山頂
さて、峰の辻からは快適なバーンを勢至平へと滑る
2018年03月04日 12:07撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、峰の辻からは快適なバーンを勢至平へと滑る
3
歩き組はもちろん、歩く。
2018年03月04日 12:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き組はもちろん、歩く。
篭山北面をトラバース気味に滑降。
じゃまものは何一つない大斜面である。
2018年03月04日 12:11撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篭山北面をトラバース気味に滑降。
じゃまものは何一つない大斜面である。
勢至平にて。
風よけにブロックを積んで、バーベキュータイム
2018年03月04日 12:49撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勢至平にて。
風よけにブロックを積んで、バーベキュータイム
焼き肉にはもちろん、ビールが合う。
約一名、日本酒の人も
2018年03月04日 12:51撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼き肉にはもちろん、ビールが合う。
約一名、日本酒の人も
勢至平で最後の眺めを満喫したら、あとは下るだけ。
けど、スキー組には地獄の下りだった。
2018年03月04日 13:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勢至平で最後の眺めを満喫したら、あとは下るだけ。
けど、スキー組には地獄の下りだった。
撮影機材:

感想/記録

当初の予定は栗駒山だったが、天気予報を見ると、秋田は午後からやや下り気味とのこと。でも福島は午後も0%だったので、急遽安達太良へ。
ドンピシャで快晴の中安達太良を満喫できたが、山頂部は強風でさすがに即下山し、風が弱まる勢至平まで降りて、そこでお楽しみ焼き肉パーティ。ブロックを積んで風よけにしたが、さすがにときおり風が吹き込んでくるが、まあ、山なんだからこれくらいは上々。
昨年2月、湯治山行を楽しんだくろがね小屋には今回は寄らなかった。山小屋愛好家にしては、ちょっと不本意(?)
その後は登山口までの馬車道の下りだが、樹林帯の雪はさすがに腐ってきてとにかく重く、ヒーヒーの下りだった。
訪問者数:589人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

カール 山行 リフト ウソ カラマツ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ