また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395969 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳で雪山朝練

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
渋の湯の手前数キロで道路に雪が着いていたので、無理せず少し降った御射鹿池の駐車場でチェーン装着しました。スタッドレスなら全く問題ないレベルの雪でした
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
1時間55分
合計
6時間30分
S渋御殿湯07:3009:05黒百合ヒュッテ09:4510:40東天狗岳10:5011:10西天狗岳11:3512:20黒百合ヒュッテ13:0014:00渋御殿湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口から雪が着いてるので、アイゼンを装着してスタートしました。上部の岩稜で雪の無い箇所ありましたが、終始アイゼン装着で問題ありませんでした
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ピッケル アイゼン ヘルメット バラクラバ ゴーグル ストック

写真

渋の湯の宿の駐車場に停めました。1日千円。
2018年03月03日 07:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋の湯の宿の駐車場に停めました。1日千円。
堰堤も凍ってました
2018年03月03日 07:44撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤も凍ってました
最初はまだ暗い樹林帯歩き
2018年03月03日 07:54撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はまだ暗い樹林帯歩き
1
次第に朝日が森に差し込みます。やっぱり森歩きもいいと思うんです
2018年03月03日 08:33撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次第に朝日が森に差し込みます。やっぱり森歩きもいいと思うんです
急いでないけどCTより1hも短く黒百合ヒュッテに到着
2018年03月03日 09:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急いでないけどCTより1hも短く黒百合ヒュッテに到着
1
何度目かの遠いカフェ
2018年03月03日 09:33撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度目かの遠いカフェ
1
この日の風速は15mほど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日の風速は15mほど
この辺りの斜度が一番辛かったけど殆ど休みなく進みます
2018年03月03日 10:25撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りの斜度が一番辛かったけど殆ど休みなく進みます
1
撮っていただきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮っていただきました
同行のNさん
2018年03月03日 10:38撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同行のNさん
標柱が見えてきました
2018年03月03日 10:47撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標柱が見えてきました
東天狗岳に到着
2018年03月03日 10:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳に到着
2
八ヶ岳ブルーの空
2018年03月03日 10:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳ブルーの空
2
遠くの山々までハッキリ
2018年03月03日 10:52撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くの山々までハッキリ
1
西天狗岳への道
2018年03月03日 10:59撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳への道
南八ヶ岳の山々も
2018年03月03日 11:29撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳の山々も
撮っていただきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮っていただきました
3
撮っていただきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮っていただきました
そろそろ下山します
2018年03月03日 11:45撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ下山します
下山し出すとまた風が、この辺りで風速10mくらいでした
2018年03月03日 11:57撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山し出すとまた風が、この辺りで風速10mくらいでした
ヒュッテのストーブの周りでビール(ノンアルだけどね)
2018年03月03日 12:36撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテのストーブの周りでビール(ノンアルだけどね)
下山はソロでのんびり
2018年03月03日 13:18撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はソロでのんびり
あまり人とも会わず静かな森歩き
2018年03月03日 13:21撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまり人とも会わず静かな森歩き
1
光はもう春ですね
2018年03月03日 13:24撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光はもう春ですね
1hほどで下山
2018年03月03日 14:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1hほどで下山

感想/記録

◼Day0
いつも誘っていただいてるNさんが今週末は天狗岳ということでご一緒させていただくことに昼過ぎ頃に決定。ぼくは土曜の日帰りで、電車ではムリなので今回はクルマで行くことに。23時に帰宅して2h仮眠。

◼Day1 渋の湯まで
集合場所の大森駅を3:30に出発して首都高→中央道、ナビのせいで諏訪ICまで遠回りしたけど、渋の湯に7時着。途中の御射鹿池の駐車場でチェーン装着しました。八ヶ岳の麓を走ってる頃に夜が明け、遠く北アや南アの山々が朝日を浴びて輝いてました。

◼Day1 黒百合ヒュッテまで
登山口から雪が付いてたのでアイゼンを着けてスタート。前回の秋は最初飛ばし過ぎてバテたので最初の30分はゆっくりペースが良かったみたいです。その後はほぼ休憩なしでコースタイムよりだいぶ早く歩けました。この日は朝日が差す森の中を気持ち良く歩けました。積雪があってステップがあるので夏より登りやすいですね。またレイヤリングもちょうど良かった。登山口は-10度でしたが、晴天のため、黒百合ヒュッテ前の温度計では10度ほど。
(上半身)
・モンベル ジオライン薄手
・薄手Tシャツ
・ファイントラック フロウラップ
(下半身)
・ミレー 厚手パンツ
・ファイントラック エバーブレスパンツ
・冬靴
(その他)
黒百合ヒュッテより上は
・ニット帽
・ネックゲーター
・ヘルメット
・ゴーグル

◼Day1 山頂往復
この日は予報どおり森林限界より上は風速15mほどでした。このくらいは厳冬期なのでこなさないとですね、支障はなかったです。朝から快晴でまさにThe dayという感じでした。山頂に近づくほど風は弱まり、西天狗岳に着くとほぼ無風でした。北アや南アの山々が見渡せてとっても気持ち良い。帰りはトラバースして天狗池経由で黒百合ヒュッテへ。こちらのルートの方が踏み跡が薄くコースを見失いやすかったと思います。森林限界より上なので見通しも良くさほど問題ではないですが。

◼Day1 下山
黒百合ヒュッテでカレーライスとノンアルビールを注文。クルマでもやっぱり気分だけビールで乾杯したい。この日はご一緒したNさんはヒュッテに1泊するというのでここでお別れ。食後に1人で下山します。グループハイクの後のソロハイクは少し寂しいけど、光差す雪の樹林帯歩きは楽しいですね。写真撮りながら1hで下山。

◼感想
今シーズンは何度か山友さん達と雪山山行を計画してましたが、寒波で荒天だったりで行けずストレスが溜まってました。雪山はもし何かあれば最悪のケースになり得るのでソロハイクは避けたい。でもグループハイクで予め行く日を決めると今度は天気が合わない。行きたい山を選ぶとさらに確率が下がるし、これじゃあいつまで経っても行けないなあと感じてました。でも、天気予報が良い時に逃さずサッと行ける準備をしておくこと、行きたい山じゃなくても雪山のトレーニングとして行ってみる、行ってみて予報が外れて敗退でもいいんじゃないかと。敗退するかしないかという判断も経験なのかなと思ってます。サッと行くときは電車よりクルマの方が予定を組みやすいかもしれません。電車だとどうしても1泊のところがクルマだと日帰りできるケースもありますし。金曜の深夜に都内を出て土曜の早朝に登り始めて昼過ぎに下山、夕飯までに家に帰ってくるという、「山の朝練」という新しいスタイルがなんだかしっくり来る山行でした。天気が良い日にランニングへ出かけるように雪山へ日常的に行きたい。今シーズンは残り少ないけど、他にも行ける雪山がいくつかありそうです。いつもの電車とバスと違ってお酒が楽しめないというのはあるんだけど、次に電車で行く時で良いということにしときます。
訪問者数:200人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ