また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1397631 全員に公開 ハイキング中国

昇仙峰 戦争遺跡の残る山

日程 2018年03月10日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間54分
休憩
30分
合計
2時間24分
Sスタート地点08:4409:52昇仙峰10:2211:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

出発地は、道の駅ソレーネ周南。これから昇る昇仙峰がよく見えます。
2018年03月10日 08:46撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発地は、道の駅ソレーネ周南。これから昇る昇仙峰がよく見えます。
舗装道をしばらく歩くと、昇仙峰登山口の案内がありました。山陽自動車道下のトンネルをくぐります。
2018年03月10日 08:57撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装道をしばらく歩くと、昇仙峰登山口の案内がありました。山陽自動車道下のトンネルをくぐります。
1
トンネルを出たところにも案内板。ここを右折となっていますが、それは正面コース。今日は四郎谷コースから登るので、真真っ直ぐ進みます。下りは、正面コースからの予定。
2018年03月10日 09:00撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを出たところにも案内板。ここを右折となっていますが、それは正面コース。今日は四郎谷コースから登るので、真真っ直ぐ進みます。下りは、正面コースからの予定。
途中の峠にあったお地蔵様。ちょっと変わっています。お顔が彫られていません。
2018年03月10日 09:11撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の峠にあったお地蔵様。ちょっと変わっています。お顔が彫られていません。
1
こんな案内がありました。四郎谷は、山口の棚田20選に選ばれているそうです。
2018年03月10日 09:15撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな案内がありました。四郎谷は、山口の棚田20選に選ばれているそうです。
これがその棚田です。
2018年03月10日 09:15撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがその棚田です。
1
四郎谷の集落と漁港が見下ろせます。海に浮かぶのは、左が大津島、正面が野島、右奥かすかに大分の姫島。肉眼では国東半島も見えました。
2018年03月10日 09:19撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四郎谷の集落と漁港が見下ろせます。海に浮かぶのは、左が大津島、正面が野島、右奥かすかに大分の姫島。肉眼では国東半島も見えました。
やっと登山口に着きました。
2018年03月10日 09:21撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと登山口に着きました。
登り始めてすぐ、展望所の案内。ちょっと行ってみましたが、シダがすごく、ちょっと分かりません。
2018年03月10日 09:23撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めてすぐ、展望所の案内。ちょっと行ってみましたが、シダがすごく、ちょっと分かりません。
しばらく進むと、鳥居がありました。この登山道は、参道のようです。
2018年03月10日 09:27撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと、鳥居がありました。この登山道は、参道のようです。
1
道はこういった感じ。山頂に向かって真っ直ぐ直登です。
2018年03月10日 09:37撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はこういった感じ。山頂に向かって真っ直ぐ直登です。
だんだん参道らしく、石段が出てきました。
2018年03月10日 09:43撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん参道らしく、石段が出てきました。
鳥居の柱だけが立っており、
2018年03月10日 09:44撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居の柱だけが立っており、
石の祠がありました。
2018年03月10日 09:46撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石の祠がありました。
石祠の右を進み、しばらく歩くと山頂です。ここに出ました。
2018年03月10日 09:53撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石祠の右を進み、しばらく歩くと山頂です。ここに出ました。
これは太平洋戦争時の軍事施設で、探照灯(サーチライト)の台座跡です。
2018年03月10日 10:25撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは太平洋戦争時の軍事施設で、探照灯(サーチライト)の台座跡です。
1
上はこんなになっていました。
2018年03月10日 09:54撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上はこんなになっていました。
山頂にあった石祠。空っぽでした。
2018年03月10日 09:56撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にあった石祠。空っぽでした。
山頂三角点。
2018年03月10日 09:58撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂三角点。
1
山頂からの展望です。黒髪島と大津島はすぐそこです。笠戸島も見えます。
2018年03月10日 09:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの展望です。黒髪島と大津島はすぐそこです。笠戸島も見えます。
1
周南の工業地帯。黒髪島の左奥には太崋山。
2018年03月10日 09:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周南の工業地帯。黒髪島の左奥には太崋山。
四熊ヶ岳と嶽山が並んでいます。
2018年03月10日 10:00撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四熊ヶ岳と嶽山が並んでいます。
今日のチップスターはイエロー、筒はブルーです。限定のチェダーチーズ。お茶してから下ります。
2018年03月10日 10:04撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のチップスターはイエロー、筒はブルーです。限定のチェダーチーズ。お茶してから下ります。
山頂ちょっと下にある、兵舎跡です。憩いの館の看板が掛けられており、中で休憩できるようです。
2018年03月10日 10:31撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂ちょっと下にある、兵舎跡です。憩いの館の看板が掛けられており、中で休憩できるようです。
2
ピンクの椿。
2018年03月10日 10:34撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクの椿。
下りに使った正面ルートは広いです。戦時中は、兵隊さんが往復していたのでしょう。
2018年03月10日 10:44撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りに使った正面ルートは広いです。戦時中は、兵隊さんが往復していたのでしょう。

感想/記録

昇仙峰に登りました。

道の駅ソレーネ周南に駐車させてもらいました。
ここから、今日の登山口の四郎谷まで歩きます。
少し距離はありましたが、途中、四郎谷集落と漁港を見下ろす場所は、なかなかの景色です。
また、ここが、山口の棚田20選に選ばれていることを知りました。

登山口からは、一直線の急登です。
途中、鳥居があり、参道だったと思われます。
参道の石段がはっきりしてくると、石祠に着きます。
この石祠がある場所が、ちょうど山の肩にあたり、ここからは傾斜が緩くなり、しばらく歩くと山頂です。
山頂へは、ちょうど、探照灯の裏に出ます。

山頂からは徳山港が一望でき、徳山湾に浮かぶ黒髪島や大津島、太崋山などが眼前です。
さすがに、戦時中、港を守る見張り台を置くだけの場所です。
ちなみに、兵舎跡は、憩いの館の間番が掛けられ、休憩所になっていました。

帰りは正面コースを通って下りました。
訪問者数:170人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 三角点 直登 地蔵 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ