また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1399021 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走十和田湖・八甲田

八甲田山 谷地温泉〜仙人岱〜高田大岳

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候午前中は晴れ 午後は曇ってきて高田大岳の登りから細かい雪が ほぼ予報通りでした 
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間16分
休憩
9分
合計
5時間25分
S高田大岳登山口09:4511:37仙人岱ヒュッテ11:3812:09小岳12:1012:46高田大岳と小岳鞍部の分岐14:17高田大岳14:2214:33天狗の踊場14:3515:10谷地温泉15:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

穏やかな高田大岳
2018年03月11日 09:35撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穏やかな高田大岳
1
最近、天候がめまぐるしく変化したせいか、さまざま雪の造形美が。
2018年03月11日 10:06撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近、天候がめまぐるしく変化したせいか、さまざま雪の造形美が。
1
左に小岳が見えてきた。歩くほどに景観が変わり、ドキドキ・ワクワク。
2018年03月11日 10:14撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に小岳が見えてきた。歩くほどに景観が変わり、ドキドキ・ワクワク。
1
南八甲田も見えてきた。ワクワクしながら雪原を進む。
2018年03月11日 10:19撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八甲田も見えてきた。ワクワクしながら雪原を進む。
3
左:石倉岳 中:硫黄岳 右:小岳 はじめて見る景観だ。
2018年03月11日 10:19撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左:石倉岳 中:硫黄岳 右:小岳 はじめて見る景観だ。
2
南八甲田。左:赤倉岳 中:乗鞍岳 右:猿倉岳 
2018年03月11日 10:19撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八甲田。左:赤倉岳 中:乗鞍岳 右:猿倉岳 
1
右:石倉 中に横岳も見えてきた。ジャケットを脱いでズンズン進む。
2018年03月11日 10:20撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右:石倉 中に横岳も見えてきた。ジャケットを脱いでズンズン進む。
1
雪原漫歩。たまりません!
2018年03月11日 10:20撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原漫歩。たまりません!
3
高田さんは山がデカいだけに、進んでも進んでも視界に飛び込んできます。
2018年03月11日 10:20撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高田さんは山がデカいだけに、進んでも進んでも視界に飛び込んできます。
2
左:硫黄 右:小岳。真ん中に名無し山が見えるまで進んできた。
2018年03月11日 10:32撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左:硫黄 右:小岳。真ん中に名無し山が見えるまで進んできた。
2
左に小岳と高田の鞍部も見えてきた。雪原歩きの楽しみのまっただ中にいます!
2018年03月11日 10:32撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に小岳と高田の鞍部も見えてきた。雪原歩きの楽しみのまっただ中にいます!
3
高田さんの上部はどんな感じ? 今日の勝負ポイントだけに気になります。
2018年03月11日 10:57撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高田さんの上部はどんな感じ? 今日の勝負ポイントだけに気になります。
1
仙人岱ヒュッテをめざし高度を上げます。
2018年03月11日 11:08撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人岱ヒュッテをめざし高度を上げます。
1
左奥に櫛ヶ峰も見えてきた。
2018年03月11日 11:12撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥に櫛ヶ峰も見えてきた。
2
石倉、硫黄も近くなってきました。雪原もここら辺までと思うと、ちょっと寂しい。
2018年03月11日 11:17撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石倉、硫黄も近くなってきました。雪原もここら辺までと思うと、ちょっと寂しい。
1
硫黄岳を登る人が見えます。
2018年03月11日 11:17撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳を登る人が見えます。
3
南八甲田の山々と手前は睡蓮沼付近。
2018年03月11日 11:20撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八甲田の山々と手前は睡蓮沼付近。
1
仙人岱ヒュッテと登山者も見えてきた。
2018年03月11日 11:30撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人岱ヒュッテと登山者も見えてきた。
2
ヒュッテまでもうちょい。
2018年03月11日 11:33撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテまでもうちょい。
1
ヒュッテには何度も来てるけど、この方向から見るのは初めてです。
2018年03月11日 11:35撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテには何度も来てるけど、この方向から見るのは初めてです。
2
たくさんの人で賑わったことでしょう。
2018年03月11日 11:37撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさんの人で賑わったことでしょう。
1
大岳。小屋には入らず小岳に向かいます。
2018年03月11日 11:37撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳。小屋には入らず小岳に向かいます。
2
ヒュッテの側にイグルーがありました。
2018年03月11日 11:38撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテの側にイグルーがありました。
4
さあ小岳に向かうぞ! 頂上に3人の人が。
2018年03月11日 11:44撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ小岳に向かうぞ! 頂上に3人の人が。
2
小岳斜面に雪庇。初めて見る。
2018年03月11日 12:01撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小岳斜面に雪庇。初めて見る。
2
小岳のハイマツ帯から見る大岳、井戸岳。
2018年03月11日 12:06撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小岳のハイマツ帯から見る大岳、井戸岳。
3
ヒュッテの向こうは横岳。
2018年03月11日 12:06撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテの向こうは横岳。
2
硫黄、石倉、向こうに横岳、ガチャボッチ、櫛ヶ峯。
2018年03月11日 12:08撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄、石倉、向こうに横岳、ガチャボッチ、櫛ヶ峯。
3
小岳から望む高田さん。
2018年03月11日 12:08撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小岳から望む高田さん。
3
井戸岳の下にツアーの方々が。
2018年03月11日 12:10撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸岳の下にツアーの方々が。
1
小岳の標識。
2018年03月11日 12:11撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小岳の標識。
3
少し移動して滑走準備。
2018年03月11日 12:30撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し移動して滑走準備。
2
小岳から高田鞍部までの雪原を滑る。この雪原も楽しいんだ、これが。
2018年03月11日 12:31撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小岳から高田鞍部までの雪原を滑る。この雪原も楽しいんだ、これが。
5
スキー金具が外れるほどに、想像以上のガリガリでした。
2018年03月11日 12:42撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー金具が外れるほどに、想像以上のガリガリでした。
3
ガリガリ君と小岳。楽しい斜面なのだが、今日は気が抜けなかった。
2018年03月11日 12:42撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガリガリ君と小岳。楽しい斜面なのだが、今日は気が抜けなかった。
2
鞍部までもうひと滑り。一年に一度だけ来る季節・地点なので、自分の中では貴重な写真です。
2018年03月11日 12:43撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部までもうひと滑り。一年に一度だけ来る季節・地点なので、自分の中では貴重な写真です。
3
高田さんと仲良く撮影。
2018年03月11日 12:45撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高田さんと仲良く撮影。
3
鞍部まで来た。シールを再び付ける。いよいよ本日のクライマックス。格闘が始まる。覚悟の上だ!
2018年03月11日 12:57撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部まで来た。シールを再び付ける。いよいよ本日のクライマックス。格闘が始まる。覚悟の上だ!
2
空が暗くなってきた。小岳と自分のシュプール。
2018年03月11日 12:58撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が暗くなってきた。小岳と自分のシュプール。
1
悪戦苦闘、五体駆使、三点確保、焼肉定食?… で登ってきた。トドマツ、ハイマツ、オソマツ?… 使えるものは何でも使います。
2018年03月11日 13:19撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪戦苦闘、五体駆使、三点確保、焼肉定食?… で登ってきた。トドマツ、ハイマツ、オソマツ?… 使えるものは何でも使います。
3
森林限界。ハイマツ帯が見えてきた。何度来てもここは、笑っちゃう位に厳しい登りです。
2018年03月11日 13:27撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界。ハイマツ帯が見えてきた。何度来てもここは、笑っちゃう位に厳しい登りです。
1
ここまでスキーで。松の根元がスプーンカットのようにえぐられ、斜度も大。登りにくさをお伝えしたいが、適語が思い浮かびません!
2018年03月11日 13:27撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでスキーで。松の根元がスプーンカットのようにえぐられ、斜度も大。登りにくさをお伝えしたいが、適語が思い浮かびません!
3
ハイマツ帯に出た! かといって楽になるわけでもないんです。ガリガリだしスキーがハイマツに引っ掛かるし…。
2018年03月11日 13:42撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯に出た! かといって楽になるわけでもないんです。ガリガリだしスキーがハイマツに引っ掛かるし…。
2
スキーを脱いでつぼ足で進むことに。昨日の苦い岩木山山行の帰宅後、オレンジの紐とナス環で手製のリーシュ(流れ止め)を作製。
2018年03月11日 13:42撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーを脱いでつぼ足で進むことに。昨日の苦い岩木山山行の帰宅後、オレンジの紐とナス環で手製のリーシュ(流れ止め)を作製。
3
夏道は氷結していました。
2018年03月11日 13:46撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道は氷結していました。
1
上部はアイゼンが必要なくらいガチガチ斜面。森林限界から150mくらいかな? スキーを両手に持ちキョンシーのように登ってきた。いわゆるマゾ的じゃないと、ここは登れないんじゃないの? 
2018年03月11日 13:58撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部はアイゼンが必要なくらいガチガチ斜面。森林限界から150mくらいかな? スキーを両手に持ちキョンシーのように登ってきた。いわゆるマゾ的じゃないと、ここは登れないんじゃないの? 
1
西峰の岩だ。ついに登り終えた!
2018年03月11日 14:02撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西峰の岩だ。ついに登り終えた!
2
登り慣れた東峰だ。
2018年03月11日 14:05撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り慣れた東峰だ。
1
雛岳もうっすらと見える。
2018年03月11日 14:05撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雛岳もうっすらと見える。
1
2月24日以来の山頂。雪付きが薄くなってきた。
2018年03月11日 14:08撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2月24日以来の山頂。雪付きが薄くなってきた。
2
岩も出てきた。
2018年03月11日 14:08撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩も出てきた。
1
これから滑り降りる谷地温泉方向。この後、滑走スタートしました。
2018年03月11日 14:09撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから滑り降りる谷地温泉方向。この後、滑走スタートしました。
1
想像以上のガリガリ斜面でした。中腹の雪庇と崩壊したブロック。
2018年03月11日 14:40撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
想像以上のガリガリ斜面でした。中腹の雪庇と崩壊したブロック。
1
山頂方向とガリガリ斜面。
2018年03月11日 14:41撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方向とガリガリ斜面。
1
先週、Tさんと来たいつもの斜面。まだガリガリなので気を抜かずに行こう。
2018年03月11日 14:41撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週、Tさんと来たいつもの斜面。まだガリガリなので気を抜かずに行こう。
1
湿原から見上げる高田さん。出発時と異なり雲と雪が。今日は満腹でした。
2018年03月11日 14:46撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原から見上げる高田さん。出発時と異なり雲と雪が。今日は満腹でした。
1

感想/記録



 前日の大反省岩木山の翌日。もう一度岩木山も考えたが、アイスバーンに近い斜面への対応を考え、八甲田の構想を暖めてきたプランを実行することに。ひと月前に谷地温泉から小岳方面へトライしたが、悪天候で引き返した。今日は天候が良いので、仙人岱ヒュッテをめざすことに。お天気が良く目標が見えるので、初めてのエリアだが迷うことなくウキウキ気分で進む。この雪原歩きが、今日の目的のひとつだ。仙人岱ヒュッテからは慣れた道と景観だ。小岳から高田へのゆるやかな雪原の滑走も目的のひとつ。お日様も出ていたので、少しは雪面が軟らかくなっているかと思ったが、今年は終始ガリガリだった。
 最難関は高田大岳への登り。スキーにクランポンを付けて、いざ出発。やはり厳しかった。天候も悪化してきた。時々声を出し、自分を奮い立たせながら登る。ついに高田斜面を登り切り、見慣れた西峰にたどり着きほっとする。いつもの東峰で準備をして滑走スタート。スキーヤー垂涎の斜面も、少し恐怖を感じるほどのガリガリ。転倒・スキーはずれの無いように慎重に下る。鞍部まで下りて、ほぼ今回の縦走(山滑走)の主要部分を終えた。今日は氷化した硬い斜面はもちろんだが、下山時に降ってきた細かい雪もよく滑る。昨日の岩木山と今日の八甲田で、ザラメになる前のこの時期の硬雪に留意すべきことを知った。久々のロング山行に、満腹の一日でした。

3/16金  動画を追加しました。小岳から高田大岳鞍部への滑走です。
訪問者数:245人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/4
投稿数: 1156
2018/3/12 15:57
 雪原漫歩・・・いい言葉ですね。
てんくらAのはずなんですが山の天気は余りあてになりませんね。
滑るのもいいですが、樹林帯をゆっくりと歩くのがこれからの醍醐味に
なっていきますね。かく言う私は体調不良で一日寝てました
登録日: 2014/6/24
投稿数: 807
2018/3/12 16:31
 連チャンお疲れ様でした。
小岳側からの高田大岳は木が邪魔で大変だった記憶が蘇りました。
一度雪が降って、斜面の縦溝を埋めてもらわないと楽しい滑走はお預けですね。
登録日: 2014/11/23
投稿数: 1197
2018/3/12 19:03
 お疲れさまです
2日連続ハードな山行ですね
山は春の気配になってきてますねぇ
ガリガリの斜面を登りたいです
登録日: 2015/8/15
投稿数: 70
2018/3/12 23:43
 Re: 雪原漫歩・・・いい言葉ですね。
 (いまさっき、岩木山のお便りにお送りしたばかりなんです。いやはや、遅い対応で申し訳ないです。)
 岩木山の翌日でしたが、行っちゃいましたよ。谷地から仙人岱小屋までの雪原は初めてだったので、ホント楽しかったです。高田を登る体力がなければ、仙人岱なり小岳から帰路につけばいいと思っていました。もっともその気はほとんどなく、右回りで高田さんまで行っちゃえ、と思っていましたが…。高田さんへの登り、被虐的です。おすすめです!
登録日: 2015/8/15
投稿数: 70
2018/3/12 23:54
 Re: 連チャンお疲れ様でした。
 昨年2月でしたよね。小岳でお会いして高田さんに登ったのは。あの登りを思い出すと、ニヤけてしまうんです。あまりにもつらく、厳しくて精神構造が壊れちゃうのかな? 
 oyamaさんが高田につぼ足で登るのは、ガリガリ斜面、やばくないかなと思うんですが…。昨日滑り降りる時、初めて危険を感じました。 岩木山も八甲田も、これほどのガリガリは私には初めてでした。
登録日: 2015/8/15
投稿数: 70
2018/3/13 0:02
 Re: お疲れさまです
 ありがとうございます。pontaさんもいろいろやってますね。テーマというか目的を持って山に行かれているように感じます。私は行き当たりばったりです。岩木山、八甲田とも、ガリガリ斜面はすごかったです。先週の暖気によるものでしょうが、想像以上でした。ガリガリよりはザラメのほうがまだいいか、と今は思っています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ