また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1399770 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

北面白山(天童高原からピストン)

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■天童高原スキー場の駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間7分
休憩
33分
合計
4時間40分
Sスタート地点08:1508:27天童高原09:31長命水10:01三沢山10:1011:02面白山11:1411:35三沢山11:4711:57長命水12:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■雪は全体に締まっていて歩きやすい。
■山頂直下は急斜面。アイゼンなしで登っている人もいたが、あった方が無難。
凍っていたら必携。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

まだリフトが動いていない天童高原スキー場からスタート。正面左に目指す北面白山。
2018年03月11日 08:16撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだリフトが動いていない天童高原スキー場からスタート。正面左に目指す北面白山。
1
振り返ると月山・葉山。
2018年03月11日 08:22撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると月山・葉山。
1
西尾根に乗った。
2018年03月11日 08:41撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西尾根に乗った。
晴れて風もほとんどない。
2018年03月11日 09:24撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れて風もほとんどない。
三沢山が近くなると霧氷に覆われてきた。
2018年03月11日 09:59撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三沢山が近くなると霧氷に覆われてきた。
2
雨呼山〜鵜沢山の背後に、朝日連峰が白い屏風の様に立ち並んでいる。
2018年03月11日 10:02撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨呼山〜鵜沢山の背後に、朝日連峰が白い屏風の様に立ち並んでいる。
3
水晶の奥におなじみの月山・葉山。
2018年03月11日 10:05撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶の奥におなじみの月山・葉山。
3
三沢山山頂。山名板がかろうじて出ていた。
2018年03月11日 10:06撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三沢山山頂。山名板がかろうじて出ていた。
1
山肌を霧氷で纏った北面白山。
2018年03月11日 10:06撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山肌を霧氷で纏った北面白山。
3
船形山。今シーズンはテントを担いで行こうと計画してたのだが・・・
2018年03月11日 10:07撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船形山。今シーズンはテントを担いで行こうと計画してたのだが・・・
柴倉〜白髪山。
2018年03月11日 10:07撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柴倉〜白髪山。
青空に霧氷が映える。
2018年03月11日 10:34撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に霧氷が映える。
4
山頂部分の北端から船形山塊。いつか関山から尾根伝いに歩いてみたいものだ。
2018年03月11日 10:57撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部分の北端から船形山塊。いつか関山から尾根伝いに歩いてみたいものだ。
山頂までは緩やかに稜線を辿る。
2018年03月11日 11:00撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までは緩やかに稜線を辿る。
3
北面白山山頂。
2018年03月11日 11:02撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北面白山山頂。
3
甑岳の上に鳥海山だ。
2018年03月11日 11:05撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甑岳の上に鳥海山だ。
3
中面白山方面。大東岳がその特徴的な姿を見せている。
2018年03月11日 11:06撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中面白山方面。大東岳がその特徴的な姿を見せている。
1
南面白山〜蔵王連峰。
2018年03月11日 11:06撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南面白山〜蔵王連峰。
今シーズンも雪があるうちに南面白山にも行きたいな。
2018年03月11日 11:06撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今シーズンも雪があるうちに南面白山にも行きたいな。
風はほとんどないと言ってもやはり山頂は寒い。午後から天気は下り坂だし、戻りますか。
2018年03月11日 11:15撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風はほとんどないと言ってもやはり山頂は寒い。午後から天気は下り坂だし、戻りますか。
1
これから登ってくる人も多い。山頂直下で10名ほどとスライドした。
2018年03月11日 11:20撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登ってくる人も多い。山頂直下で10名ほどとスライドした。
高校生たちが雪と戯れ、平和な時間が流れる三沢山。
2018年03月11日 11:42撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高校生たちが雪と戯れ、平和な時間が流れる三沢山。
1
天童高原まで戻ってきました。
2018年03月11日 12:39撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天童高原まで戻ってきました。
1
撮影機材:

感想/記録
by TONO

 久しぶりの山行。昨年10月に涸沢の紅葉を見に行って以来なので実に5ヵ月振り。実は10月中旬から持病の群発頭痛の発作期に入り、3か月くらい闘病してました。寛解期になってからも、なかなか山に向かうモチベーションが持てないまま3月に突入。晴れの予報に、ようやく重い腰を上げてリハビリがてら山に行ってきました。
 スノーシューとアイゼンをザックに付けるとズッシリと重い。背負うだけなら良いが、それを履いて歩くと徐々に足腰に疲労が蓄積。三沢山ですでにヘロヘロだったけど、青空と霧氷を纏った山肌に誘われて山頂を目指す。ユックリユックリ休みながら。
そして傾斜が緩み山頂へのプロムナード。山頂からは360°の大展望。蔵王・朝日連峰・月山・葉山・船形山塊、そして遠く鳥海山。素晴らしい。。。
 眺望は文句なし、登山口までのアクセスは抜群に良く、比較的登りやすく、危険箇所もほとんどない。やはり北面白山はイイ山だとあらためて感じました。(TONO)

訪問者数:253人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ