また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1401937 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

春爛漫 矢倉岳・金時山

日程 2018年03月14日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 新松田駅8:45−地蔵堂9:22 箱根登山鉄道バス
復路 矢倉沢BS 15:47−新松田駅16:17 新松田まで行くのはこれだけ

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間20分
休憩
44分
合計
6時間4分
S地蔵堂バス停09:2509:39夕日の滝キャンプ場駐車場09:45夕日の滝09:5109:55夕日の滝キャンプ場駐車場10:09夕日の滝10:16金太郎分岐10:1711:25丸鉢山11:3111:31猪鼻砦跡11:39新柴分岐12:03金時山12:0512:21新柴分岐12:28丸鉢山12:3512:35猪鼻砦跡12:50足柄峠林道ゲート&駐車場13:13足柄峠13:1913:34足柄万葉公園13:4114:17山伏平14:1914:38矢倉岳14:4515:27矢倉沢公民館15:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険なところは無い

写真

たおやかな矢倉岳
2018年03月14日 10:01撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たおやかな矢倉岳
2
撮影機材:

感想/記録
by LadyM

急に予定が空いたので、今まで歩いたことのない足柄山地へ出かけた。

足柄山地は、北に丹沢山地と南に箱根火山、東に足柄平野と西に富士山麓に挟まれた低い山並み。プレートの沈み込みから隆起に転じた激しい変動と浸食の山地である。

箱根ジオパークの説明では、「基底は200-100万年前に堆積した足柄層群で、約115万年前貫入したマグマが冷え固まり、その岩体がプレート運動の圧力により隆起した。更に周囲を覆っていた足柄層が浸食され、深成岩である石英閃緑岩の山 矢倉岳が現れた」

高低差があまりなく、車道歩きが長く、金時山もこちら側からだと溶岩登りは無く、階段ばかりだったが、のどかな春歩きになった。
訪問者数:274人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

渡渉 地蔵 マグ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ