また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1402620 全員に公開 ハイキング南アメリカ

【ペルー】レインボー・マウンテン

日程 2018年03月15日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々雪
アクセス
利用交通機関
バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

3:50ピックアップ-クスコ4:50-(バス)-7:30Japura村(朝食)8:30-(バス)-9:00登山口9:05-9:20チェックポイント-11:10レインボーマウンテン11:30-13:00登山口13:45-(バス)-14:15Japura村(昼食)15:20-(バス)-18:20クスコ
(登り:2時間5分、下り:1時間30分)

写真

朝食休憩で立ち寄ったJapura村。朝から降っていた雨もやみ、いい天気になってきた
2018年03月15日 07:37撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食休憩で立ち寄ったJapura村。朝から降っていた雨もやみ、いい天気になってきた
アルパカだかリャマの群れ
2018年03月15日 08:23撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルパカだかリャマの群れ
子供達が一生懸命世話をしている
2018年03月15日 08:26撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子供達が一生懸命世話をしている
バスは草原の中の道路を行く
2018年03月15日 08:54撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスは草原の中の道路を行く
登山口前の様子(下山後撮影)
2018年03月15日 13:05撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口前の様子(下山後撮影)
いよいよ登山開始
2018年03月15日 09:04撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ登山開始
正面には真っ白な山並み。周囲には緑の草原。いきなり大満足な光景が広がる
2018年03月15日 09:07撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面には真っ白な山並み。周囲には緑の草原。いきなり大満足な光景が広がる
1
馬が待機していて、乗せてくれる(別料金)
2018年03月15日 09:09撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬が待機していて、乗せてくれる(別料金)
チェックポイント。ここで入場券のチェックを受ける
2018年03月15日 09:18撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェックポイント。ここで入場券のチェックを受ける
気持ちのよい草原の中、道は続く
2018年03月15日 09:27撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのよい草原の中、道は続く
気持ちよさそう・・・
2018年03月15日 09:41撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちよさそう・・・
結構、上の方でも馬が待っていてくれている
2018年03月15日 10:27撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構、上の方でも馬が待っていてくれている
もう少しで頂上。この辺りで馬は終了の看板があった
2018年03月15日 10:49撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで頂上。この辺りで馬は終了の看板があった
頂上手前から傾斜も急になる
2018年03月15日 10:55撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上手前から傾斜も急になる
頂上よりの光景
2018年03月15日 11:11撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上よりの光景
1
トランペットを吹く青年。カッコイイ
2018年03月15日 11:29撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トランペットを吹く青年。カッコイイ
写真だと分かりずらいけれど、山そのものの色がカラフル。山にカラフトと形容するのも初めてのこと
2018年03月15日 11:34撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真だと分かりずらいけれど、山そのものの色がカラフル。山にカラフトと形容するのも初めてのこと
1
よく見ると、登山道わきにもレインボーが広がっていた
2018年03月15日 11:43撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると、登山道わきにもレインボーが広がっていた
下山後、雲が濃くなっていく。その後、雨が降り始めた。いいタイミングで下山できてよかった
2018年03月15日 13:14撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、雲が濃くなっていく。その後、雨が降り始めた。いいタイミングで下山できてよかった
朝立ち寄ったJapura村の食堂。ここで昼食
2018年03月15日 14:55撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝立ち寄ったJapura村の食堂。ここで昼食
ここで、みんなの杖を用意していてくれていたみたい
2018年03月15日 14:57撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、みんなの杖を用意していてくれていたみたい
食堂の中に入っていたポスター。ここまではカラフルに見えなかった
2018年03月15日 14:59撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食堂の中に入っていたポスター。ここまではカラフルに見えなかった
昼食。ビュッフェスタイル
2018年03月15日 14:59撮影 by E-M10MarkII, OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食。ビュッフェスタイル

感想/記録

クスコからの日帰りツアーで、レインボーマウンテンに行ってきました。

・ツアー料金は60ソル(約2,000円)。往復バス、ガイド、朝食、昼食、入場料(10ソル、約330円)、トレッキングポール込み。
・出発は朝早く、3時に起床。外を見てみると雨。どうなることになるやらと、不安になる。
・ピックアップは3:45の予定。宿の1階で待つと3:50にピックアップに来てくれた。
・バスは各所順番にピックアップし、最後の乗客を乗せてクスコを出発したのは4:50。外は相変わらずの雨。バスの中もかなり寒く、着込む。
・バスの中ではひたすら眠っていた。
・クスコを出てから2時間40分。7:30にJapuraの村に到着。そこで朝食。雨も上がり、晴れ間も出て来た。期待が高まる。
・朝食の内容は、パン、卵焼き、ポテト、お茶。前日にツアー会社の人から言われていたけれど、コカ茶を飲んでおく。
・朝食後、ツアー内容の説明が始まるが、スペイン語のみでさっぱり分からず。嫌になって外に出る。一人で村を散策。
・Japuraの村の滞在は1時間ほど。8:30に出発し、レインボーマウンテンの登山口に向かう。
・Japuraの村から約30分。9:00に登山口に到着。トレッキングポール(木の枝の杖)を受け取り、登山開始。既に標高4480m。目標の頂上が5050m。標高差570m。距離にして片道5.1km。
・ツアーと言っても、全員が連なって歩くわけではなく、各自それぞれのペースで歩けるのがいい。
・出発するとすぐに、村人が馬を連れて待っている。この先、馬に乗せてくれるみたい(別料金)。私は歩きたいので歩く。(この先、途中からでも馬に乗る事ができる。ここで不安でも、行ける所まで頑張ってみて、疲れてきた時に馬に乗ればよい)。
・登山口から約15分の所で、チェックポイントがある。ここで入場料を支払う。私の場合は、ツアー料金に入場料込みだったので、担当の人からチケットを受け取り、それで通過。
・それにしても景色がいい。すでに絶景が広がる。周囲の草原の中、アルパカだかリャマだかが草を食んでいる。背後には真っ白な山並み。自分の知っている中では、スイスアルプスを彷彿とさせる風景。
・それまではほとんんど平坦な道。30分位歩いた所から、登りが始まる。たいして急な道ではないが、標高が高いためか息がきれる。ゆっくりとしか歩けない。無理せず一歩一歩ゆっくりと進む。
・30分ほどでそれなりの登りも終わり、そこに小屋がある。少し休憩。タバコを吸っていたら、他の旅行者から驚かれた。
・その後は平坦な道が続く。正面には、目標とするレインボーマウンテンが見える。
・レインボーマウンテンの手前で、「馬はここまで」の看板がある。馬に乗ってきた人も、ここから先は歩く必要があるみたい。
・コルに上がり、レインボーマウンテンへの登り。ここはそれなりに急。それに雪がついていて、滑りやすい。足元に注意しながら登る。
・登山口から2時間強。無事、頂上に到着。ちょうどその頃、雪が降り出す。風も吹き出し寒い。それまでは普通の長袖シャツで十分だったが、防寒着を着込む。
・頂上では、周囲の山並みの光景を楽しむ。
・レインボーマウンテンの名前の通り、真正面にカラフルな山が見える(どちらかというと、ここはレインボーマウンテンというより、その展望台か…)。これだけカラフルになるのも、どういった地層構成なのか。
・頂上ではトランペットを吹く青年もいた。カッコイイ。
・それにしてもここは標高5,000mを越えている。4ヶ月前にネパールをトレッキングをした時には、高度順応をしながら標高を上げていったけれど、今回はあっさりとこんな所に来てしまった。他の客もみんな元気。
・あまりにも寒いので、下山開始。
・少し下ると、雪もやんで、また晴れ。景色を楽しみながら、のんびり下る。
・頂上から1時間半。13:00に下山。しばらく外で景色を楽しんでいたが、寒くなったのでバスに乗って出発を待つ。また雲が広がり始め、雨が降り出す。いいタイミングで登れてよかった。
・全員が揃い、バスが出発したのが13:45。朝に立ち寄ったJapuraの村で昼食。
・昼食はビュッフェスタイル。
・村での休憩は1時間ほど。14:45に出発。
・朝は眠っていてほとんど景色を見てなかったので、帰りは景色を楽しむ。でも、やがて眠くなり、睡眠に入る。
・18:20にクスコに到着。アルマス広場から1kmほどの所で全員降ろされる。そこでツアー終了。

朝早いのが難点ですが、絶景の中、お手軽なハイキングを楽しんできました。
かなりおすすめのコースです。クスコの観光というと遺跡巡りが中心となってしまうと思いますが、こういった自然系の遊びも混ぜてみるのも、いいと思います。
ただ、高度に関しては5000mを越えるので、あまり無理しないようにして下さい。
訪問者数:71人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

コル テン 草原
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ