また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1405057 全員に公開 トレイルラン赤目・倶留尊高原

トレラン/曽爾村〜屛風岩〜住塚山〜国見山〜兜岳〜鎧岳〜曽爾村

日程 2018年03月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
名張から曽爾村までは県道81号線名張曽爾線。県道は大型路線バスも通る道だが一部幅員狭隘部分もあり運転には気を遣う。今回は立ち寄らなかったが、道沿いの両側は柱状節理の切り立った崖になっていて雨宿り岩、小太郎岩など見所多数。
スタート地点あたり、車は県道沿いにいくらでも停められます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
0分
合計
5時間31分
Sスタート地点07:4308:37屏風岩公苑09:18屏風岩09:38住塚山09:50ゼニヤタワ10:05国見山10:24松ノ山10:32クマタワ峠10:47国見山分岐11:48兜岳12:32鎧岳13:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道はもちろん、車道から登山口までを含め随所に案内板があり、また登山道はよく踏まれていて全然迷いません。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ピチピチ上下 Tシャツ ニューバランストレランシューズ 帽子 リュック ウエストポーチ 水500 パン3個 地図 ガーミン ウインドブレーカー上下

写真

鎧岳
写真は南側から見たもの。南側は急峻だが、登山路は比較的緩やかな西麓からついていて普通の登山感覚で登れる。
2018年03月18日 07:43撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎧岳
写真は南側から見たもの。南側は急峻だが、登山路は比較的緩やかな西麓からついていて普通の登山感覚で登れる。
3
兜岳
鎧岳の西側に兄弟山のようにそびえる。見た目は鎧岳より緩やかだが、今回取りついた西麓からの登山路はボルダリングのように張り付いて登るような難所が2か所ほどあって結構きつい。
2018年03月18日 07:48撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜岳
鎧岳の西側に兄弟山のようにそびえる。見た目は鎧岳より緩やかだが、今回取りついた西麓からの登山路はボルダリングのように張り付いて登るような難所が2か所ほどあって結構きつい。
2
ストア2・7(ツーセブン)
コンビニ風だが7:44現在ではクローズド。民宿も経営しているよう。
帰り通った時も見てみたが、ちょっと立ち寄りがたさが感じられた。
2018年03月18日 07:44撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ストア2・7(ツーセブン)
コンビニ風だが7:44現在ではクローズド。民宿も経営しているよう。
帰り通った時も見てみたが、ちょっと立ち寄りがたさが感じられた。
スタート地点の今井公園
ストア2・7のすぐ右隣にある。
公園と行っても猫の額ほどの小規模なもの。道沿いに駐車スペースあり。
2018年03月18日 07:45撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点の今井公園
ストア2・7のすぐ右隣にある。
公園と行っても猫の額ほどの小規模なもの。道沿いに駐車スペースあり。
兜岳の南にそびえるピーク732
2018年03月18日 07:48撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜岳の南にそびえるピーク732
屛風岩遠望
2018年03月18日 07:51撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屛風岩遠望
2
登山道取り付き
曽爾小学校の手前から取り付くが、土砂崩れの補修工事のためか通行止め。ここからでないと行けないわけではなかったのだろうが、行けそうだったのでそのまま進む。
2018年03月18日 08:00撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道取り付き
曽爾小学校の手前から取り付くが、土砂崩れの補修工事のためか通行止め。ここからでないと行けないわけではなかったのだろうが、行けそうだったのでそのまま進む。
1
ルートはあちこちで分岐しているが、各所に案内板が整備されていて迷わない。
2018年03月18日 08:14撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートはあちこちで分岐しているが、各所に案内板が整備されていて迷わない。
屛風岩公苑のトイレ
冬季は凍結防止のため使用不可。
ここまで舗装路。この辺りに駐車場があって2台ほど停められていた。入口にチェーンが張ってあったが、入れるみたい。チェーンの手前にも駐車場はあった。
2018年03月18日 08:40撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屛風岩公苑のトイレ
冬季は凍結防止のため使用不可。
ここまで舗装路。この辺りに駐車場があって2台ほど停められていた。入口にチェーンが張ってあったが、入れるみたい。チェーンの手前にも駐車場はあった。
屏風岩公苑から見上げた屛風岩
2018年03月18日 08:37撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩公苑から見上げた屛風岩
1
屛風岩公苑
誰もいなかったが、桜の季節はたいへんな賑わいになるのでは?
公演は屛風岩の真下にあって絶好の撮影ポイント。
公苑を西に進んで屏風岩の西側に上がるルートもあるが、今日は少し戻って若宮神社の西側から若宮峠に至るルートを取る。
2018年03月18日 08:41撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屛風岩公苑
誰もいなかったが、桜の季節はたいへんな賑わいになるのでは?
公演は屛風岩の真下にあって絶好の撮影ポイント。
公苑を西に進んで屏風岩の西側に上がるルートもあるが、今日は少し戻って若宮神社の西側から若宮峠に至るルートを取る。
屛風岩の高さは200m、幅は1500mとのこと。
2018年03月18日 08:43撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屛風岩の高さは200m、幅は1500mとのこと。
2
早高神社
公苑の南側に祀られている。
2018年03月18日 08:45撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早高神社
公苑の南側に祀られている。
公苑から南側を望む
遠くまで展望が広がっていたが、あいにく地図もなく山名を同定できなかった。
2018年03月18日 08:45撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公苑から南側を望む
遠くまで展望が広がっていたが、あいにく地図もなく山名を同定できなかった。
若宮神社
社はこの鳥居から東側に続く坂道を少し登ったところにある。若宮峠への登山道はこの鳥居の傍にあるが、標識が倒れていてわかりにくい。
2018年03月18日 08:50撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若宮神社
社はこの鳥居から東側に続く坂道を少し登ったところにある。若宮峠への登山道はこの鳥居の傍にあるが、標識が倒れていてわかりにくい。
石彫りの道祖神?が並ぶ
2018年03月18日 08:52撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石彫りの道祖神?が並ぶ
1
若宮峠
屛風岩公苑から10分ほどで至る。ここから北側に下りると住塚山と国見山の鞍部にあたるゼニヤタワ峠に至る。
2018年03月18日 09:04撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若宮峠
屛風岩公苑から10分ほどで至る。ここから北側に下りると住塚山と国見山の鞍部にあたるゼニヤタワ峠に至る。
若宮峠を西側に折れたすぐのところで二股に分かれているが、左側の急登に取りついて屏風岩の上端を進む。
2018年03月18日 09:05撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若宮峠を西側に折れたすぐのところで二股に分かれているが、左側の急登に取りついて屏風岩の上端を進む。
屏風岩公苑を見下ろす
2018年03月18日 09:11撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩公苑を見下ろす
北側斜面には薄っすらと残雪が
2018年03月18日 09:17撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側斜面には薄っすらと残雪が
国見山が垣間見える
2018年03月18日 09:17撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見山が垣間見える
屏風岩頂上付近
2018年03月18日 09:18撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩頂上付近
屏風岩公苑からの登山道出合
2018年03月18日 09:22撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩公苑からの登山道出合
住塚山から見た国見山
国見山のほうが住塚山より10mくらい高いのに低く見える。
2018年03月18日 09:39撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住塚山から見た国見山
国見山のほうが住塚山より10mくらい高いのに低く見える。
1
住塚山から見た屛風岩北側斜面
こうして見ると屛風岩は山の南側半分がスパッと切り落とされたような山容だと分かる。
屛風岩の奥右寄りの山は古光山。左手に曽爾高原。左端に俱留尊山が見える。
2018年03月18日 09:39撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住塚山から見た屛風岩北側斜面
こうして見ると屛風岩は山の南側半分がスパッと切り落とされたような山容だと分かる。
屛風岩の奥右寄りの山は古光山。左手に曽爾高原。左端に俱留尊山が見える。
住塚山から国見山まではけっこうトレランが楽しめる。
2018年03月18日 09:44撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住塚山から国見山まではけっこうトレランが楽しめる。
ゼニヤタワ峠
2018年03月18日 09:50撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゼニヤタワ峠
国見山から見た住塚山
2018年03月18日 10:05撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見山から見た住塚山
古光山
写真中央
2018年03月18日 10:05撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古光山
写真中央
曽爾高原
写真中央。
2018年03月18日 10:05撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曽爾高原
写真中央。
曽爾高原拡大
最初大規模工事かゴルフ場かと思った。
2018年03月18日 10:05撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曽爾高原拡大
最初大規模工事かゴルフ場かと思った。
1
国見山から北西側へ下りる登山道は階段状になっている。
2018年03月18日 10:09撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見山から北西側へ下りる登山道は階段状になっている。
松ノ山
クマタワ峠の手前にある小ピーク。山名表示プレートも展望もない。
2018年03月18日 10:24撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松ノ山
クマタワ峠の手前にある小ピーク。山名表示プレートも展望もない。
クマタワ峠のトイレ
大用の扉は開かないよう板が打ち付けられていて使用不能。
2018年03月18日 10:32撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマタワ峠のトイレ
大用の扉は開かないよう板が打ち付けられていて使用不能。
ここから東海自然歩道
2018年03月18日 10:33撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから東海自然歩道
しばらく下ると舗装された普通の林道になる。
2018年03月18日 10:41撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく下ると舗装された普通の林道になる。
国見山分岐
林道川根線の起点
2018年03月18日 10:47撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見山分岐
林道川根線の起点
済浄坊(さいじょうぼう)の滝方面分岐
2018年03月18日 10:50撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
済浄坊(さいじょうぼう)の滝方面分岐
済浄坊渓谷
渓谷沿いにはたくさんの滝が落ちている。
2018年03月18日 11:00撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
済浄坊渓谷
渓谷沿いにはたくさんの滝が落ちている。
遊歩道はやや荒れ気味で写真の橋の手前にはう回路も
2018年03月18日 11:02撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道はやや荒れ気味で写真の橋の手前にはう回路も
済浄坊(さいじょうぼう)の滝
2018年03月18日 11:06撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
済浄坊(さいじょうぼう)の滝
県道784赤目掛線出合
ここを左(西)に折れて少し登ると兜岳登山道が分岐
2018年03月18日 11:11撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道784赤目掛線出合
ここを左(西)に折れて少し登ると兜岳登山道が分岐
兜山登山口
沢沿いに登る
2018年03月18日 11:16撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜山登山口
沢沿いに登る
登山口には延命地蔵尊が祀られているよう。
2018年03月18日 11:16撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口には延命地蔵尊が祀られているよう。
「これより先急斜面注意」とある。
2018年03月18日 11:28撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「これより先急斜面注意」とある。
ここはボルダリング感覚で登る。
2018年03月18日 11:41撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはボルダリング感覚で登る。
1
兜岳山頂
920m。2組お昼を食べていた。
2018年03月18日 11:48撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜岳山頂
920m。2組お昼を食べていた。
兜岳から南側展望
中央は曽爾高原
2018年03月18日 11:48撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兜岳から南側展望
中央は曽爾高原
曽爾高原アップ
2018年03月18日 11:50撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曽爾高原アップ
1
中央は俱留尊山
2018年03月18日 11:48撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央は俱留尊山
俱留尊山アップ
2018年03月18日 11:50撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俱留尊山アップ
2
中央は古光山(こごうやま)
左奥は後古光山
2018年03月18日 11:49撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央は古光山(こごうやま)
左奥は後古光山
古光山アップ
2018年03月18日 11:49撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古光山アップ
中央やや左に道沿いに停めたセレナが写っている。
2018年03月18日 11:55撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央やや左に道沿いに停めたセレナが写っている。
次に登る鎧岳894m
2018年03月18日 11:57撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次に登る鎧岳894m
鎧岳(左)と曽爾高原(右)
2018年03月18日 11:57撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎧岳(左)と曽爾高原(右)
1
峰坂峠
兜岳と鎧岳との鞍部。ここからも南側のふもとまで下りられる。地図を見ると北側にも道が通じているが、案内板はなかった。
2018年03月18日 12:10撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰坂峠
兜岳と鎧岳との鞍部。ここからも南側のふもとまで下りられる。地図を見ると北側にも道が通じているが、案内板はなかった。
下山口分岐
ここからも南麓に行けるよう。
2018年03月18日 12:17撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山口分岐
ここからも南麓に行けるよう。
尾根道出合
ちょっと方向感覚がくるってしまうが、右が南で少しで鎧岳頂上
2018年03月18日 12:30撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道出合
ちょっと方向感覚がくるってしまうが、右が南で少しで鎧岳頂上
鎧岳山頂 894m
展望はほとんどない。
2018年03月18日 12:32撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎧岳山頂 894m
展望はほとんどない。
1
これより南側には進入禁止。すこし開けていたので行ってみるが、絶壁の上端に出られそうな個所はなく戻る。
2018年03月18日 12:33撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これより南側には進入禁止。すこし開けていたので行ってみるが、絶壁の上端に出られそうな個所はなく戻る。
垣間見えるのは?
2018年03月18日 12:35撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
垣間見えるのは?
ピーク676分岐
頂上から尾根道を戻って峰坂峠分岐から峠には下りず、そのまま直進してこの分岐からジグザグに東斜面を駆け降りる。
2018年03月18日 12:47撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク676分岐
頂上から尾根道を戻って峰坂峠分岐から峠には下りず、そのまま直進してこの分岐からジグザグに東斜面を駆け降りる。
分岐
新宅本店前バス停(左)、葛バス停(右)
2018年03月18日 12:59撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐
新宅本店前バス停(左)、葛バス停(右)
ここから舗装路
2018年03月18日 13:11撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから舗装路
俱留尊山?
2018年03月18日 13:15撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俱留尊山?
県道81名張曽爾線出合
2018年03月18日 13:17撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道81名張曽爾線出合
巾着山公園から見た鎧岳
2018年03月18日 13:20撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巾着山公園から見た鎧岳
1
新嶽見橋から見た鎧岳
2018年03月18日 13:28撮影 by Canon PowerShot A2300, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新嶽見橋から見た鎧岳
撮影機材:

感想/記録

快晴(帰宅時は雲広がる)
NBのトレランシューズ
6:00過ぎ自宅発
来週日曜に出場予定の2018 熊野古道中辺路マウンテンランレースの練習としての最後のトレラン。

関から名阪国道、上野ICから国道368、名張から国道165、県道81号名張曽爾線。県道は大型路線バスも通る道だが一部幅員狭隘部分もあり運転には気を遣う。今回は立ち寄らなかったが、道沿いの両側は柱状節理の切り立った崖になっていて雨宿り岩、小太郎岩など見所多数。

水500奸▲僖3個を荷物に入れて出発。
水はすべて摂取。少し不足。パン2個摂取。

山と渓谷社のアルペンガイドの案内とヤマレコの記録を参照して時計回りに一周するルートを設定して走る。

ピチピチ上下にTシャツ。その上にウインドブレーカー上下を着て走る。先週白猪山に登った時はかなり寒い思いをしたが、今日は風もなく暑い。ウインドブレーカー上下は要らなかった。途中で毛糸の手袋を脱いで、最後まで素手で走るがぜんぜん冷たくなかった。

登り始めはっきり鶯の声を聞く。

曽爾小学校手前から屏風岩公苑に向かう。屏風岩公苑からの若宮峠への登り口はちょっと分かりにくい。道標が倒れていたところから登ればよかったのだが、最初気づかずそのまま若宮神社の方へ登ってしまい境内を1周して登山口まで戻る。

若宮峠から屛風岩の上端を進む。ぱっと見た目は普通の尾根道だが左に足を踏み外すと断崖絶壁を真っ逆さまに落ちるかと思うとちょっと怖い。走れそうなところもそろりと進む。
北側斜面には薄っすら残雪

住塚山からクマタワ峠までは間に国見山を挟んでところどころきついところもあるが、結構楽しいトレランが楽しめる。

クマタワ峠から東海自然歩道を下る辺りで疲労感を覚えるが、済浄坊の滝方面に分岐するところでパン一つ摂取。兜への登りは無理せずゆっくり登ったらそう辛い思いをすることなく登れた。覚悟していたほどではなかった。

兜岳登りは見た目とは違い難所。ロープは持たずに登れたが、ボルダリングのように張り付いて登る箇所が2か所。ここを下りで通るのはきつそう。今回同様南西側から登って北西側に下った方が楽。

兜と鎧の鞍部峰坂峠から山腹に取りついて高度を稼ぎ頂上手前で尾根に出る。
見た目は急峻そうな鎧岳の方は普通の登山道感覚で登れる。

鎧岳からの下り、林道を走っていた時カメラを落としたことに気づいて200mほど戻り発見。合計400mほどロス

県道81号名張曽爾線に出てからスタート地点まで走る。そこそこ車は通るが歩道はあまりなく、あってもかなり荒れていて走りにくい。路側帯も狭く走りにくかった。対岸の右岸にも生活道路が通っていたのでそちらを取ればよかった。

ラン後、水500奸▲汽ぅ澄500媽歇茵

帰路青蓮寺ダム湖に架かる橋を車で通行中サルの群れがいたが、そのうちの1頭に首輪がついていてそこからアンテナが立っていた。地元の高校の生物部がサルの群れの動きを調査していると聞いたことがあるので、その調査対象の群れだったのかもしれない。脚を痛めていたのか子ザルが脚を引きずっていたのもいた。

15:00過ぎ自宅着

訪問者数:432人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ