また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1405837 全員に公開 ハイキング丹沢

ヤビツ峠から塔ノ岳(丹沢表尾根)

日程 2018年03月18日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き)7:58 秦野駅着、8:24 秦野駅(北口)発、9:10ヤビツ峠着
    ※ヤビツ峠行きバスは、この15分後に臨時便がでたようです。
帰り)15:38大倉発 、15:55 渋沢駅(北口)着
    ※小田急丹沢・大山フリーパスBコースが、新宿から1,530円とお得。
     乗車駅の自動券売機でフリーパスを選択すれば買えます。電車の往復と
     神奈中バスの利用代が含まれています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間59分
休憩
41分
合計
6時間40分
Sヤビツ峠09:0910:24二ノ塔10:2510:37三ノ塔10:4310:51三ノ塔地蔵菩薩10:5211:09烏尾山荘11:1011:14烏尾山11:1511:30行者ヶ岳11:3211:50政次郎ノ頭12:00書策新道分岐12:14新大日茶屋12:27木ノ又小屋12:29木ノ又大日12:51塔ノ岳12:5712:55尊仏山荘12:5713:10塔ノ岳13:1213:18尊仏山荘13:26塔ノ岳13:2713:40金冷シ13:4113:45花立13:4613:56花立山荘13:5714:11天神尾根分岐14:23堀山の家14:3114:39堀山14:4014:46駒止茶屋14:4814:59一本松15:10見晴茶屋15:1115:15雑事場ノ平15:1615:26観音茶屋15:2715:40丹沢クリステル15:4115:45どんぐり山荘15:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
朝は駅でも寒く、ソフトシェルにウインドブレーカを着ましたが、登っている間に暑くなりウインドブレーカは脱ぎました。ただ風が強く、木々の間を抜ける風音が海鳴りのように不気味に聞こえていました。三ノ塔ではまともに風を受け、避難小屋に入って暖をとりました。
3箇所程の鎖場は、足場を確認しゆっくり降りれば問題なしでした。渋滞すると焦るかもしれません。
木ノ又大日から塔ノ岳の頂上への、最後の登りに掛かるところまでの登山道は、ぬかるみがひどく靴が汚れました。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ウインドブレーカ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 ポット 地図(地形図) ヘッドランプ ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

ヤビツ峠のバス停。乗客の7割ぐらいが右上の大山方面の登山道に進んで行きました。
トイレも広く売店も開いていました。
2018年03月18日 09:11撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠のバス停。乗客の7割ぐらいが右上の大山方面の登山道に進んで行きました。
トイレも広く売店も開いていました。
標高761Mですが、大きなアップダウンがあり歩きごたえがあります。登山口はこの舗装道路を札掛方面に暫く下ります。
2018年03月18日 09:11撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高761Mですが、大きなアップダウンがあり歩きごたえがあります。登山口はこの舗装道路を札掛方面に暫く下ります。
結構この標識までが長く途中の案内もないので、道間違いでないかと不安になる距離です。この標識を左に曲がります。富士見山荘があったようですが既になく、堅牢なトイレがあります。
2018年03月18日 09:32撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構この標識までが長く途中の案内もないので、道間違いでないかと不安になる距離です。この標識を左に曲がります。富士見山荘があったようですが既になく、堅牢なトイレがあります。
林道を少し登ると二ノ塔、三ノ塔への標識があり、ここから登山道です。
2018年03月18日 09:35撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を少し登ると二ノ塔、三ノ塔への標識があり、ここから登山道です。
バス停から1時間ほどで二ノ塔に着きます。
2018年03月18日 10:24撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停から1時間ほどで二ノ塔に着きます。
三ノ塔から見た、これから向う鳥尾山、行者ヶ岳、新大日に続く尾根。塔ノ岳は雲が掛かってます。展望が縦走気分を高めます。
2018年03月18日 10:50撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔から見た、これから向う鳥尾山、行者ヶ岳、新大日に続く尾根。塔ノ岳は雲が掛かってます。展望が縦走気分を高めます。
三ノ塔からの下りのはしご。
2018年03月18日 11:00撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔からの下りのはしご。
鳥尾山までさらに下ります。
2018年03月18日 11:00撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥尾山までさらに下ります。
鳥尾山に到着。振り返って三ノ塔。避難小屋が見えます。
2018年03月18日 11:13撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥尾山に到着。振り返って三ノ塔。避難小屋が見えます。
秦野の市街地。その先の海の向こうに真鶴半島が見えます。
2018年03月18日 11:15撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秦野の市街地。その先の海の向こうに真鶴半島が見えます。
鳥尾山荘の屋根。開いてませんでした。
2018年03月18日 11:15撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥尾山荘の屋根。開いてませんでした。
鳥尾山からは、塔ノ岳の雲が取れ、山頂が見えました。
2018年03月18日 11:17撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥尾山からは、塔ノ岳の雲が取れ、山頂が見えました。
行者ヶ岳に到着。
2018年03月18日 11:35撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者ヶ岳に到着。
行者ヶ岳から振り返って、鳥尾山とその先の三ノ塔。
2018年03月18日 11:35撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者ヶ岳から振り返って、鳥尾山とその先の三ノ塔。
行者ヶ岳から新大日に向って下るときの鎖場。
2018年03月18日 11:46撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者ヶ岳から新大日に向って下るときの鎖場。
新大日に到着。
2018年03月18日 12:15撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新大日に到着。
登ってきた木道。
2018年03月18日 12:16撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた木道。
木ノ又大日に到着。木ノ又小屋は開いてました。ここは風がなく、お昼には良さそうでした。
2018年03月18日 12:28撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木ノ又大日に到着。木ノ又小屋は開いてました。ここは風がなく、お昼には良さそうでした。
木ノ又大日からは暫くぬかるみの登山道になりますが、30分ほどで塔ノ岳頂上に着きました。
2018年03月18日 12:54撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木ノ又大日からは暫くぬかるみの登山道になりますが、30分ほどで塔ノ岳頂上に着きました。
いつもよりは登山客が少ないようです。
2018年03月18日 12:54撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもよりは登山客が少ないようです。
気温は2度。風を避けれる場所であれば、お昼を食べることができる位の寒さでした。
2018年03月18日 13:23撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は2度。風を避けれる場所であれば、お昼を食べることができる位の寒さでした。
塔ノ岳頂上から来た道を振り返り。一番奥が大山。その手前の右が三ノ塔。さらに手前の下ったところが鳥尾山。そこから尾根伝いに左に向かって、行者ヶ岳、新大日。
2018年03月18日 13:24撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳頂上から来た道を振り返り。一番奥が大山。その手前の右が三ノ塔。さらに手前の下ったところが鳥尾山。そこから尾根伝いに左に向かって、行者ヶ岳、新大日。
ユーシン渓谷でしょうか。
2018年03月18日 13:30撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユーシン渓谷でしょうか。
大倉方面に下山を開始。
2018年03月18日 13:30撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉方面に下山を開始。
下山しました。窯元にあるサクラです。ヤビツからの登山道には花がなく、今日始めて見た花でした。
2018年03月18日 15:39撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しました。窯元にあるサクラです。ヤビツからの登山道には花がなく、今日始めて見た花でした。
1

感想/記録
by ubird

大倉から塔ノ岳に登るルートに比べてヤビツからのルートは、大きなアップダウンや鎖場がありますが、展望もよく縦走路が見えて、断然お薦めのルートです。スケールは小さいですが、北アの表銀座のパノラマの雰囲気もあってとても楽しめました。今日は登山者が少なく鎖場渋滞もありませんでしたので、ペースよく登れました。
ただ今回も富士山は見えず、ツツジが咲く頃に再度来たいです。
訪問者数:817人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ