また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1407265 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 日高山脈

春メイン一年班北日高(日勝峠〜ペケレベツ岳〜チロロ岳At〜1940・ピパイロ岳At〜美生ダム)

情報量の目安: C
-拍手
日程 2018年03月11日(日) ~ 2018年03月18日(日)
メンバー
 mariaaaaa(SL)
, その他メンバー2人
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
176:00
距離
61.6 km
登り
3,897 m
下り
4,650 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

3/11 快晴 日勝峠(7:00)ペケレベツ岳(10:15-30)・1337北西コル(11:30)ウエンザル先コル(13:30)=C1
 日勝峠通行止めのため一日延期して入山。連日の高気温のためかカリカリにクラストしておりラッセルはなし。快晴の中三点鎖状を進んでいく。最初のピーク、ペケレベツ岳ではこれから行く稜線がポロナイ分岐まで見渡せる。予定C1である・1337より先の稜線はカンバに覆われており泊まれそうであることを確認した。・1337はタンネに囲まれた良いテンバだが、時間があるのでスルー。挫けそうになりながらウエンザルをのっこし、コルを少し整地してC1。一日目にしてよく動いた。

3/12 曇り時々晴れ C1(5:50)ポロナイ分岐(6:40)・1318(7:40)パンケヌーシ岳(9:40)芽室岳(10:30-40)二つ池(11:30)=C2
 晴れだが芽室はガスの中。特に何もなくポロナイ分岐、・1318と歩を進める。パンケヌーシの登りはやたら長く、重荷にはきつい。登っているときにガスに包まれ、視界200-300、時に100程度になる。パンケヌーシをヘトヘトになって超え、芽室に向かう。芽室を登っているとガスが晴れた。芽室ピークでワンゲルに差し入れのビールをデポし、カンバ帯の二つ池まで。今日もよく動いた。

3/13 晴れのち曇り C2(5:40)雪盛山(8:30-40)雪盛山先最低コル(9:15)=C3
 朝は高曇りで視界∞。・1633直下の登りは北からの吹上強く時折体を預けられる気になる風。雪盛山の登りはカリカリの急登でスノーシューのツメをきかせて登る。ここからガスに包まれ、視界100気にならない風。雪盛山の下りで視界100を切り、気になる風に。最低コルまで降りると視界と風が回復するが、行く手の稜線も同様にガスに包まれているのが見えた。最低コルでテントを張って回復を期待するが、12時になっても良くならずここで泊まることにする。低気圧の影響が思ったより早く来たようだ。北の沢からの吹上が強くブロック積んだ。笠井の主砲、越後桜一升瓶が飛び出す。

3/14 曇りのち晴れ C3(5:00)ルベシベ分岐Co1680引き返し(6:30)ルベシベ分岐南東ポコ(7:30)=Ω4(11:30)ルベシベ山(12:00)チロロ岳(14:30)Ω4(17:00)
 上の方は相変わらずガスの中だが、低気圧が過ぎ去るため回復傾向と読んで出る。ルベシベ分岐までは稜線が若干細くなり、これまでと同様十勝側に雪庇出ているが、例によって日高側はゆるいブッシュのため判断と対処は容易。気にならない風の中、進む。ルベシベ分岐直下でカンバ限界。同時にガスに突入してほぼホワイトアウト。木やハイマツなく真っ白だが風がなく穏やかなため地形を頼りに少し進んでみると、尾根の様相になってきたので分岐からCo1680あたりまで来てしまったと知る。この視界では厳しいと考え樹限まで引き返す。周りを偵察してみると、ルベシベ分岐南東ポコへ続く稜線を把握できたため、進めることにする。こちらはハイマツ出ており地形の把握はできた。南東ポコから南に少し降ろしてイグルー。製作2.5h。
 中に入って茶が沸いたところで、外に出たLが好天を確認。はじめ西側から雲が沸いていたが、これがどんどん晴れてくる。電波をキャッチしたため夕暮れまでに戻る読みでAtに出た。改めてみるとルベシベ分岐は真っ白の斜面。ルベシベまではスノーシューで快適に進める。ルベシベから・1753一つ手前のポコまでEP。岩稜・雪稜状となっており、上を行ったり捲いたり。ハイマツつかんでBSなどもあり一年班にしては緊張する稜線だった。これが終わるとチロロまでスノーシューでカリカリ進み、ピークまで。快晴で北日高の山並みが見渡せた。奥には幌尻。
 帰りはルベシベ手前のゲジゲジマークまでスノーシュー。ここからルベシベまでEP。あとはヘトヘトになってイグルーに帰りつく。夕暮れの北日高を眺めて長い一日を終えた。飯田がおもむろに剣菱一升瓶を取り出す。

3/15 停滞 Ω4=Ω5
 前線を伴った低気圧の通過により停滞。水が滴り不快調。絵しりとりをする。

3/16 Ω5(9:20)・1696(10:50)・1712東尾根Co1590(13:05)=C6
 冬型が午後に向けて緩み始める読み。しばらくガスが濃く風も強いため待ってから出発。視界は200-500程度を行ったり来たり。気にならない風。時折太陽が顔を覗かせる。・1696までは変わり映えのしない稜線だが、脛ラッセルとバリズボが加わりうざったい。
 ・1696先コルからEP。ここから・1712までは中間ポコを中心に岩稜帯。上を行けない場合は日高側を捲けるが、十勝・日高両側切れており緊張するところ。・1712直下で岩稜が終わり、スノーシューに替えて、・1712東尾根でC6。剣菱の荷下げを確信。「これは無理じゃあ」

3/17 曇り C6(5:30)ピパイロ分岐手前コル(6:05-7:00)ピパイロ分岐(7:30)1940峰(9:00)ピパイロ分岐(9:40)ピパイロ岳(10:30-40)C6(12:40-13:00)東尾根末端(14:30)
 午後に向けて移動高が張り出す見込みだが、朝は曇り。寒気の影響か非常に寒い。ピパイロ分岐手前のコルで、稜線がガスに覆われているためツェルトかぶって時間待ち。気温が低く辛い中1時間程待つと、雲の切れ間から青空が見え、稜線も目視できたため出発する。登っているうちにガスが晴れてきた。Co1740でカンバ限界、同時に固くなりスノーシューデポEP。ピパイロ分岐の登り通称刑務所の壁はカリカリの急斜面でアイゼンきかせて登る。稜線に出ると再びガスに覆われ、視界200-300。好天傾向なのでAtに出る。1940峰までは雪稜状。一か所岩峰があり、南側の急斜を捲く。気温低く雪面が固いため少しいやらしい。1940峰直下は白く広いため視界が欲しいところ。立ち止まってガスの切れ間からルートを確認しつつ進む。最後は急で固い斜面を登ってピークを踏む。周囲は真っ白だが皆充実感のある表情をしていた。帰りの岩峰は往路より大きく捲くが、どっちにしろいやらしかった。
 分岐まで戻ってピパイロを目指す。ピパイロ西峰〜ピパイロは岩稜となっている。概ね上を行けるが、中間あたりで南側のトラバースを強いられ、雪面固くいやらしかった。一年班のレベルを超えていたかもしれない。その後は再度上に乗ってピパイロまで。帰りは来た道。南北稜線の・1712までは西から気になる風。結局晴れ渡ることは一度としてなかった。
 C6から尾根末端まで降ろしてC7。最後の夜は明朝のスパ味を賭けて壮絶な大富豪。

3/18 快晴 C7(6:00)清流橋(8:40-50)美生ダム管理棟(9:50)下山(10:50)
 美生ダムへ向けて歩く。沢中は枝沢からのデブリ多い。SBも大規模に崩れているものが多くさながら春といった様相だった。転石とSBで何回か渡渉。美生ダム管理棟で除雪終点。ここから安定した携帯電波を求めてしばらく歩き、タクシー呼んでレンタを借り下山。
 意気揚々とはげ天に行くとまさかの本日休業の文字が……。Mはつくづくツイていない。結局、ぱんちょうとインデアンをはしごして腹を満たした。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

日勝峠から入山
2018年03月11日 07:09撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日勝峠から入山
2
ペケレベツ岳方面
2018年03月11日 08:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペケレベツ岳方面
1
ペケレベツ岳
2018年03月11日 10:20撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペケレベツ岳
4
ウエンザルより行く手
2018年03月11日 13:10撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウエンザルより行く手
1
真っ白の雪盛山
2018年03月13日 08:24撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白の雪盛山
3
テンバ風景
2018年03月13日 13:44撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンバ風景
2
チロロへの稜線
2018年03月14日 12:09撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チロロへの稜線
3
もうすぐチロロ
2018年03月14日 13:20撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐチロロ
1
1940・幌尻方面
2018年03月14日 14:21撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1940・幌尻方面
2
チロロ岳ピーク
2018年03月14日 14:22撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チロロ岳ピーク
5
夕暮れの北日。この時間に外にいるのは珍しい。
2018年03月14日 17:12撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れの北日。この時間に外にいるのは珍しい。
2
3人用+3人用の半イグルー
2018年03月14日 17:24撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3人用+3人用の半イグルー
1
・1696から・1712の岩峰
2018年03月16日 11:59撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・1696から・1712の岩峰
1
1940峰。真っ白。
2018年03月17日 09:07撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1940峰。真っ白。
4
ピパイロ岳もガスでした。
2018年03月17日 10:35撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピパイロ岳もガスでした。
3
ピパイロ手前の岩の捲き。固くていやらしい。
2018年03月17日 10:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピパイロ手前の岩の捲き。固くていやらしい。
3
美生ダムで下山!
2018年03月18日 09:32撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美生ダムで下山!
2

感想/記録

一年生と一緒に行ける日高に行こうと考えて思い立った山行。様々な表情を見せる日高の稜線にどっぷり浸かることができた。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:2177人

コメント

これはいい
後年振り返った際に、本山行の価値を強く感じる時が来ると思う、そんないい山行に思います。
2018/9/12 8:14
Re: これはいい
ありがとうございます。
毎日ヘトヘトでしたが、そうなってくれれば嬉しいです。
貫徹できて何よりでした。
2018/9/17 14:23
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス テン イグルー 山行 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ