また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1409514 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

焼岳 冬季限定の南峰で御来光

日程 2018年03月18日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中の湯温泉旅館(500円)
通常は6時から業務開始。台帳に記入して駐車料金を払って出発となります。
今回は出発が深夜なので、前日に受付を済ませておきました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間38分
休憩
41分
合計
5時間19分
S中の湯温泉02:2102:27新中の湯登山口02:2802:47新中の湯登山口04:00広場04:0304:08下堀沢出会05:14焼岳05:5107:40中の湯温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
途中でログが飛んでます。
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特になかったですが、登山口付近のデブリ帯が恐ろしい。
雪崩の威力に圧倒されます。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

日の出前に焼岳最高峰・南峰(2455m)に到着。
2018年03月18日 05:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出前に焼岳最高峰・南峰(2455m)に到着。
1
穂高方面。
2018年03月18日 05:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高方面。
1
刻々と空の色が変わる。
素晴らしい時間帯。
2018年03月18日 05:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刻々と空の色が変わる。
素晴らしい時間帯。
1
乗鞍岳がほんのりピンクに染まる。
2018年03月18日 06:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳がほんのりピンクに染まる。
昨日登った霞沢岳から御来光!
2018年03月18日 06:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日登った霞沢岳から御来光!
2
再び乗鞍岳
2018年03月18日 06:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び乗鞍岳
2
穂高方面。奥には槍ヶ岳も見える。
2018年03月18日 06:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高方面。奥には槍ヶ岳も見える。
1
北峰方面に進んでみる。
2018年03月18日 06:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰方面に進んでみる。
1
ここで行き止まり。
2018年03月18日 06:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで行き止まり。
ここを下るのは無理そう。
2018年03月18日 06:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下るのは無理そう。
2
登りは暗くてよく分からなかったが、かなりの急斜面。
2018年03月18日 06:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは暗くてよく分からなかったが、かなりの急斜面。
一気に広場まで。
2018年03月18日 07:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に広場まで。
中の湯に戻ってきました。
2018年03月18日 07:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の湯に戻ってきました。

感想/記録

焼岳で御来光を見る。

この計画を実行するべく、前日の霞沢岳の下山後、中の湯で駐車の受付を済ませておき、早めに就寝(車中泊)

1時過ぎに起床。中の湯に移動し、準備をして2時15分頃登山開始。
最初からアイゼンを装着。
暗くて登山口がよく分からず、あらぬ方向へ。20分程ロスしつつもなんとか正規ルートを見付け、急登を進む。
登山口付近は雪崩の破壊力をまざまざと見せつけるデブリ帯。
これは怖い…

前日のトレースがはっきりと付いていて迷うことが無い。
ノートレースだと分かりにくいので有り難い。
広場に出てヘッドライトを消すと満天の星空。

ここから急登が始まる。
冬季のみ立つことが出来る南峰を目指す。
暗いので先が見えず、この急斜面がどこまで続くのか分からない。
ひたすら登る。
雪は締まっていて歩きやすい。

傾斜が緩みようやく山頂かと思いきやGPSで確認するとまだ200mも登る。
最後の頑張りで南峰に到着!
まだ暗いが徐々に明るくなってくる素晴らしい時間帯。
空の色が刻々と変化していく。
風はそれほど強くない。気温はマイナス7度。それほど寒くない。

先週登った乗鞍岳がピンクに染まり、昨日登った霞沢岳から御来光!
素晴らしい一時です。
あっという間に周りは明るくなり、穂高方面や笠ヶ岳などが眼前に広がる。
北アルプスの絶景。
霞沢岳からの眺望も素晴らしかったですが、焼岳からの眺望もまた素晴らしい。
この2つの山は場所的には近いですが見える景色は全然違います。

南峰からの御来光や景色で大満足だったので、北峰はパスして下山しました。
8時前には下山完了。
何もなければ普段ようやく起き出す時間に、既に登山を終えているという充実感。
土日とも天気に恵まれ、本当に素晴らしい週末でした。
訪問者数:173人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ