また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1409534 全員に公開 ハイキング房総・三浦

開国の地 浦賀から三浦半島最南端へ!(浦賀駅〜京急久里浜駅〜三浦海岸駅〜剱崎〜城ヶ島)

日程 2018年03月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
(1)往路
保谷〜池袋〜横浜〜堀之内〜浦賀
(2)復路
城ヶ島〜三崎口〜横浜〜保谷
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間0分
休憩
1時間5分
合計
9時間5分
S浦賀駅09:2009:40浦賀の渡し(西渡船場)09:4510:20開国橋10:40京急久里浜駅10:4511:20YRP野比駅11:45京急長沢駅11:5012:05津久井浜駅12:1012:20昼食休憩12:4513:10三浦海岸駅13:2014:20金田湾朝市14:2514:40松輪バス停15:15劒崎灯台15:2016:00江奈湾の干潟17:00城ヶ島公園バス停17:35安房崎18:00馬の背洞門18:10西山18:20城ヶ島灯台18:25城ヶ島バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(1)三浦海岸から松輪バス停までの車道は歩道帯のない箇所あり、そこそこ車の通行量があるので、注意。
(2)「関東ふれあいの道 神奈川県コース 〇葦此Υ箴未里澆繊廚漏ぬ未垢譴垢譴離魁璽垢鯆眠瓩垢襪里如潮位を予め確認する。満潮では海中に没する。

 ※潮位表の見方
 崢位表」で検索して気象庁のホームページにアクセス
◆峇愿戝亙・伊豆諸島」を検索してさらに「油壷」を選択
「表示機関」に該当日周辺の年月日を入力して「毎時潮位表」をチェックして「クリック」
ぁ―个討た一覧表から現地の滞在予定時刻のラインをたどって、「70僉廚らいを標準値の目安にして潮位の高さを判断する。

 (参考文献:「鎌倉&三浦半島 山から海へ30コース」樋口一郎さんの著作 東京新聞発行  から)

写真

スタート地点は、浦賀駅。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点は、浦賀駅。
開国のまち、浦賀。入り江によって西浦賀と東浦賀に分かれるが、今日は西浦賀方向に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開国のまち、浦賀。入り江によって西浦賀と東浦賀に分かれるが、今日は西浦賀方向に進む。
車の通行量の多い表通りから1本裏の通りを歩いていたら突然ピンクの色彩が目に飛び込んだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車の通行量の多い表通りから1本裏の通りを歩いていたら突然ピンクの色彩が目に飛び込んだ。
浦賀入り江の渡し。前回は対岸(東浦賀)からこちら(西浦賀)を眺めた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浦賀入り江の渡し。前回は対岸(東浦賀)からこちら(西浦賀)を眺めた。
1
遠く、房総半島が霞んで見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く、房総半島が霞んで見えた。
開国橋方面へ向かいます。南国の雰囲気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開国橋方面へ向かいます。南国の雰囲気。
人家の裏山?は登高欲をそそる岩峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人家の裏山?は登高欲をそそる岩峰。
2
ペリー公園を目指して歩きます。前方に見える旅客船は、房総半島の浜金谷へ向かう便でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペリー公園を目指して歩きます。前方に見える旅客船は、房総半島の浜金谷へ向かう便でしょうか?
ペリー公園の上陸記念碑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ペリー公園の上陸記念碑。
1
ここで海岸線をいったん離れ、京急久里浜駅に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで海岸線をいったん離れ、京急久里浜駅に向かう。
くりはま花の国は左へ数百メートル入ったところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
くりはま花の国は左へ数百メートル入ったところ。
え?え? 京急リラッ久里浜駅?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
え?え? 京急リラッ久里浜駅?
1
この京急久里浜駅から先、三浦海岸駅までは文字通り各駅立寄りだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この京急久里浜駅から先、三浦海岸駅までは文字通り各駅立寄りだ。
尻摺(しりこすり)坂と呼ばれる道路を野比方面に向かいます。緩やかな上り坂がズッと続いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尻摺(しりこすり)坂と呼ばれる道路を野比方面に向かいます。緩やかな上り坂がズッと続いていた。
標高45.2メートルの標識。ここから道路は下りに転じました。このあたりが今回のコースの最高地点のようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高45.2メートルの標識。ここから道路は下りに転じました。このあたりが今回のコースの最高地点のようだ。
YRP野比駅近くの踏切で。前方はYRP野比駅。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
YRP野比駅近くの踏切で。前方はYRP野比駅。
YRP野比駅。(YRPは横須賀リサーチパークの略)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
YRP野比駅。(YRPは横須賀リサーチパークの略)
尻こすり通りから北浦下海岸通りへ。一気に磯の香りが漂ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尻こすり通りから北浦下海岸通りへ。一気に磯の香りが漂ってきた。
海岸線沿いに歩く。日差しが強くのどが渇いたので、前方のローソンでアイスコーヒーを飲んだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海岸線沿いに歩く。日差しが強くのどが渇いたので、前方のローソンでアイスコーヒーを飲んだ。
京急長沢駅。海岸線から数百メートル内陸に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京急長沢駅。海岸線から数百メートル内陸に入る。
京急長沢駅を高台から見下ろす。遠方に海岸線が見えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京急長沢駅を高台から見下ろす。遠方に海岸線が見えている。
隣の津久井浜駅までは海岸線に戻らず、線路沿いの住宅地を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣の津久井浜駅までは海岸線に戻らず、線路沿いの住宅地を歩く。
津久井駅まで閑静な住宅街の道が続いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
津久井駅まで閑静な住宅街の道が続いていた。
津久井浜駅。丁度お昼時。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
津久井浜駅。丁度お昼時。
再び海岸線に戻り、三浦海岸方向に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び海岸線に戻り、三浦海岸方向に進む。
ここで昼食、新鮮な海産物がウリのようだ。マグロの握り・マグロの鉄火巻、ワカメの味噌汁等で1,250円・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで昼食、新鮮な海産物がウリのようだ。マグロの握り・マグロの鉄火巻、ワカメの味噌汁等で1,250円・・・
気持ちのいい砂浜の海岸がずっと続いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい砂浜の海岸がずっと続いていた。
1
いよいよ横須賀市から三浦市へ!ついに三浦半島最南端だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ横須賀市から三浦市へ!ついに三浦半島最南端だ。
2
横須賀市から三浦市に入ったら急に?砂浜が広くなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横須賀市から三浦市に入ったら急に?砂浜が広くなった。
1
波打ち際まで歩いていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
波打ち際まで歩いていく。
3
房総半島まで泳いで行けたら・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
房総半島まで泳いで行けたら・・・
3
広くてのびのびした砂浜だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広くてのびのびした砂浜だ。
三浦海岸駅。海岸線から数百メートル内陸に入ったところにあった。駅周辺は飲食店が軒を連ねていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三浦海岸駅。海岸線から数百メートル内陸に入ったところにあった。駅周辺は飲食店が軒を連ねていた。
三浦海岸駅から先は、京急線の線路を離れ、海岸線沿いに進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三浦海岸駅から先は、京急線の線路を離れ、海岸線沿いに進む。
広々とした砂浜の海岸からは・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々とした砂浜の海岸からは・・・
東京湾を隔てて房総半島の山が見えていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京湾を隔てて房総半島の山が見えていた。
1
これは鋸山。一番目立つ山だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは鋸山。一番目立つ山だ。
3
これは富山。双耳峰が特徴でこれも南進するほどその存在が目立ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは富山。双耳峰が特徴でこれも南進するほどその存在が目立ってきた。
1
鋸山と富山との間にあったこの山は何という山なのだろう?これが千葉県最高峰の愛宕山?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸山と富山との間にあったこの山は何という山なのだろう?これが千葉県最高峰の愛宕山?
1
南国の雰囲気の海岸線をまっすぐ前進。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南国の雰囲気の海岸線をまっすぐ前進。
気持ちのいい砂浜の海岸線もそろそろ終わりか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい砂浜の海岸線もそろそろ終わりか?
海苔かワカメでも採れるのか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海苔かワカメでも採れるのか?
2
金田湾に面した朝市。ここのトイレを拝借。三浦海岸から先はコンビニがほとんどなく、こういう休憩所のトイレは外せない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金田湾に面した朝市。ここのトイレを拝借。三浦海岸から先はコンビニがほとんどなく、こういう休憩所のトイレは外せない。
休憩所裏手の桜。開花はまだまだこれからだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩所裏手の桜。開花はまだまだこれからだ。
これは可憐な花を咲かせていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは可憐な花を咲かせていた。
1
これからどんどん開花していくことでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからどんどん開花していくことでしょう。
前方にバス停がみえた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方にバス停がみえた。
バス停の名は”とがり”
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停の名は”とがり”
”とがり”バス停の次は、小浜バス停。小浜を過ぎると道路は海岸線を離れ、丘陵地の登りとなった。登ったところから海岸線を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”とがり”バス停の次は、小浜バス停。小浜を過ぎると道路は海岸線を離れ、丘陵地の登りとなった。登ったところから海岸線を振り返る。
坂道を登り切ったところが松輪バス停、バス停のすこし手前にコンビニがあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂道を登り切ったところが松輪バス停、バス停のすこし手前にコンビニがあった。
ここは関東ふれあいの道(神奈川県〇葦此Υ箴未里澆繊砲離好拭璽斑賄澄(以下「関ふれコース」と略称)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは関東ふれあいの道(神奈川県〇葦此Υ箴未里澆繊砲離好拭璽斑賄澄(以下「関ふれコース」と略称)
コースの略図。ほとんどが海面スレスレのコース。満潮時には海面下となってしまう個所も!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースの略図。ほとんどが海面スレスレのコース。満潮時には海面下となってしまう個所も!
三浦半島周辺の潮位は予め確認していた。潮位は通過には支障ないのだがすでにこの時点で14時40分だったので、城ヶ島までの距離を考えて剱崎周辺以外は「関ふれコース」は端折った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三浦半島周辺の潮位は予め確認していた。潮位は通過には支障ないのだがすでにこの時点で14時40分だったので、城ヶ島までの距離を考えて剱崎周辺以外は「関ふれコース」は端折った。
大根畑?のなかの道路を間口漁港に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大根畑?のなかの道路を間口漁港に向かう。
畑の向こうに剱崎の灯台が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畑の向こうに剱崎の灯台が見えた。
東京湾を隔てた鋸山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京湾を隔てた鋸山。
2
たかだか300メートルクラスの山でも海面からそそり立っているのでその山容も相まって、登高欲をそそるなかなかの名峰に見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たかだか300メートルクラスの山でも海面からそそり立っているのでその山容も相まって、登高欲をそそるなかなかの名峰に見える。
2
菜の花がきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菜の花がきれい。
「関ふれ」の標識。要所要所に設置されていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「関ふれ」の標識。要所要所に設置されていた。
ぐるりと回って歩いてきた。スタート地点の松輪バス停は前方の丘陵の向こう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐるりと回って歩いてきた。スタート地点の松輪バス停は前方の丘陵の向こう。
この先は岩礁地帯の通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は岩礁地帯の通過。
こんなところを通過。前方の岬は剱崎ではありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところを通過。前方の岬は剱崎ではありません。
歩きやすい箇所を選んで歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい箇所を選んで歩きます。
東京湾を隔てて房総半島。何回も目にしているので見慣れた光景。鋸山や富山にも親しみを感じるようになった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京湾を隔てて房総半島。何回も目にしているので見慣れた光景。鋸山や富山にも親しみを感じるようになった。
2
海面スレスレのコース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海面スレスレのコース。
関ふれの標識。剱崎へは一旦海面から離れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関ふれの標識。剱崎へは一旦海面から離れる。
やっと剱崎灯台。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと剱崎灯台。
灯台周辺は何もなし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灯台周辺は何もなし。
剱崎は房総半島を挟んで丁度、東京湾の入口にあるところ。遠く大島が霞んで見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱崎は房総半島を挟んで丁度、東京湾の入口にあるところ。遠く大島が霞んで見えた。
江奈湾に向け、再び岩礁の道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江奈湾に向け、再び岩礁の道へ。
水たまりを上手に回避しながら進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水たまりを上手に回避しながら進む。
満潮時は海面下になるものと思われる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満潮時は海面下になるものと思われる。
前方に橋が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に橋が見えてきた。
1
おっかなびっくり・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっかなびっくり・・・
前方の標識の箇所まで進むのに、ここは右へ回避するか?左へ回避するか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方の標識の箇所まで進むのに、ここは右へ回避するか?左へ回避するか?
1
江奈湾まで海岸沿いで行けなくもないが、ここは時間短縮のため、やむを得ず、県道まで登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江奈湾まで海岸沿いで行けなくもないが、ここは時間短縮のため、やむを得ず、県道まで登る。
ここで白浜毘沙門天に向かう「関ふれ」(坂道を上るコース)と別れ、城ヶ島への最短コース(トンネツを通過するコース)へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで白浜毘沙門天に向かう「関ふれ」(坂道を上るコース)と別れ、城ヶ島への最短コース(トンネツを通過するコース)へ向かう。
まっしぐらに城ヶ島を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっしぐらに城ヶ島を目指す。
トンネル手前の菜の花!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル手前の菜の花!
1
ここでも海岸線沿いの「関ふれ」と袂を分かつ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでも海岸線沿いの「関ふれ」と袂を分かつ。
宮川橋から眺める宮川湾。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮川橋から眺める宮川湾。
城ヶ島が近くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城ヶ島が近くなってきた。
いよいよ城ヶ島大橋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ城ヶ島大橋。
城ヶ島大橋からの東京湾。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城ヶ島大橋からの東京湾。
1
城ヶ島公園に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城ヶ島公園に進む。
ます、安房崎灯台へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ます、安房崎灯台へ。
伊豆大島が先ほどよりもはっきり見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆大島が先ほどよりもはっきり見えた。
1
安房崎灯台を見下ろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安房崎灯台を見下ろす。
灯台施設から先は海しかない!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灯台施設から先は海しかない!
2
房総半島の富山。かなり近く見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
房総半島の富山。かなり近く見えた。
2
東京湾と反対側の相模湾は西方向で、ちょうど日の入りタイム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京湾と反対側の相模湾は西方向で、ちょうど日の入りタイム。
2
今度は城ヶ島西端の城ヶ島灯台へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は城ヶ島西端の城ヶ島灯台へ向かう。
断崖から相模湾を見下ろす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
断崖から相模湾を見下ろす。
1
馬の背洞門に立寄る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背洞門に立寄る。
馬の背洞門の注意書き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背洞門の注意書き。
馬の背洞門。外国人のカップルが丁度占領していた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背洞門。外国人のカップルが丁度占領していた。
城ヶ島灯台が見えてきた。空模様が怪しくなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城ヶ島灯台が見えてきた。空模様が怪しくなってきた。
相模湾を隔てた向こうに・・・何と富士山が見えた!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相模湾を隔てた向こうに・・・何と富士山が見えた!
富士山の拡大!頑張ったご褒美!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の拡大!頑張ったご褒美!
1
残念ながら日帰り入浴は時間切れで入れずじまい。富士山が見えたことで良しとしよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら日帰り入浴は時間切れで入れずじまい。富士山が見えたことで良しとしよう。
城ヶ島灯台。航行する船の道しるべ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城ヶ島灯台。航行する船の道しるべ。
城ヶ島バス停。近くでマグロ定食を食べた。(マグロ定食いしかなかった!?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城ヶ島バス停。近くでマグロ定食を食べた。(マグロ定食いしかなかった!?)
30分に1本の割合。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分に1本の割合。
三崎口駅から横浜駅乗換で帰宅。お疲れ様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三崎口駅から横浜駅乗換で帰宅。お疲れ様。
1

感想/記録

2/17に東京練馬の自宅最寄駅からひたすら南、三浦半島先端の城ヶ島を目指して歩き始め、都合6回かけ、やっと城ヶ島にたどり着きました。
移動距離合計132キロメートル 実働歩行時間合計31時間45分

内訳は次の通りとなります

1回目:保谷駅〜三鷹駅〜調布駅〜矢野口駅〜読売ランド前駅
(20.3キロメートル 実働歩行時間 4時間10分)
2回目:読売ランド前駅〜あざみ野駅〜綱島駅〜横浜駅〜元町・中華街駅
(31.94キロメートル 実働歩行時間 7時間40分)
3回目:元町・中華街駅〜港の見える丘公園〜本牧山頂公園〜磯子駅
(10.51キロメートル 実働歩行時間 2時間55分)
4回目:磯子駅〜屏風浦駅〜能見堂跡地〜金沢文庫駅〜京急田浦駅
(15.28キロメートル 実働歩行時間 3時間55分)
5回目:京急田浦駅〜汐入駅〜横須賀中央駅〜観音崎〜浦賀駅
(20.96キロメートル 実働歩行時間 5時間5分)
6回目:浦賀駅〜三浦海岸駅〜剱崎〜城ヶ島安房岬〜城ヶ島バス停
(33.01キロメートル 実働歩行時間 8時間)

歩きに1日をフルに使ったのは2回目と最後の6回目であとの4回は仕事や他の用事を掛け持ちながらでした。2〜3月は仕事の繁忙期ですが、何とか毎週時間を確保して神奈川へ足を運んだ甲斐あって目標達成しました。
どんな小さな目標でもやり切るというのは気持ちがいいですね。

次の目標は、三浦半島西海岸を踏破し、江の島・茅ヶ崎・大磯・小田原の湘南エリアを繋げること、大楠山や三浦アルプス等の主要なピークを踏破することです。今回端折った関ふれコースの未踏部分も干潮の時間を見計らってあるいてみたいですね。(これらは次の冬の時期になるかな。)




訪問者数:120人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/3
投稿数: 9633
2018/3/30 18:03
 toshishunさん
三浦半島最南端・城ヶ島に到達、おめでとうございます。
40番 は、高后山(関東百)ではないか?と思います。
愛宕山であれば山頂に自衛隊基地の丸いレーダーが見えますから。
でもこんなに房総が近いのか・・・と実感しますよね。

西海岸にも関ふれ道が整備されており、磯歩きが楽しめますよ。

  隊長
登録日: 2014/3/30
投稿数: 308
2018/3/30 23:01
 Re: toshishunさん
ありがとうございます。

これまで、三浦半島は見向きもしなかったのですが、今回歩いてみて、その魅力にはまりそうです。房総半島も同様に関心の対象外でしたが、歩いてみたいと思うようになりました。愛宕山でなく、高宕山というのですか?関心を持って歩かないと覚えられないですね。

西海岸は空気の澄んだ冬の時期にと考えています。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ