また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1409909 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

雲仙妙見岳から普賢岳の霧氷と日の出を拝む

日程 2018年03月23日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
仁田峠の駐車場は道路解放後の8時からでそれまでは池ノ原園地の駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
2時間10分
合計
7時間20分
S池ノ原園地05:2005:50仁田峠06:3007:10妙見岳07:3008:30国見岳08:5009:10紅葉茶屋09:2010:10立岩の峰10:3011:10雲仙岳11:2011:40紅葉茶屋12:10仁田峠12:2012:40池ノ原園地G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
撮影などで通過タイムは非常に遅くなっているので参考にしないほうがいいです
コース状況/
危険箇所等
国見岳に鎖場があるが天候が悪くなければ特に問題はなし
霧氷が残っている午前中は重みで登山道を塞ぐ低木があるのでザック等を引っかけないように注意したほうがいいかも
その他周辺情報トイレは池ノ原園地と仁田峠にあり、自販機はロープウェイの各乗り場にもある。
食事や入浴は雲仙の温泉街でどうぞ。

写真

仁田峠から夜明け直前の島原方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田峠から夜明け直前の島原方面
1
熊本の山々からの日の出
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊本の山々からの日の出
2
霜柱をサクサク踏みしめながら歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜柱をサクサク踏みしめながら歩く
遠くに見えたのは霧島連山かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見えたのは霧島連山かな
1
霧氷越しの普賢岳と平成新山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷越しの普賢岳と平成新山
1
朝の谷間は霧氷で埋め尽くされる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の谷間は霧氷で埋め尽くされる
1
九千部岳と諫早湾
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九千部岳と諫早湾
北西側は雪と霧氷のトンネルが続いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西側は雪と霧氷のトンネルが続いていた
1
国見岳が大きく見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳が大きく見える
朝日に輝く霧氷群
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に輝く霧氷群
1
朝早く登ってきた甲斐がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝早く登ってきた甲斐がありました
2
国見岳の鎖場付近から妙見岳を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳の鎖場付近から妙見岳を振り返る
鬼人谷分岐付近からの国見岳は急峻
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼人谷分岐付近からの国見岳は急峻
1
風穴周辺はつららがいっぱい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風穴周辺はつららがいっぱい
かわいい足跡とでっかい足跡がすれ違う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かわいい足跡とでっかい足跡がすれ違う
神秘の世界に迷い込む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神秘の世界に迷い込む
青空と霧氷が眩しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と霧氷が眩しい
1
平成新山の鋭い岩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平成新山の鋭い岩
立岩の峰が綺麗に並んでいる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立岩の峰が綺麗に並んでいる
あちこちから噴煙を上げる平成新山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちから噴煙を上げる平成新山
霧氷沢の岩についた氷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷沢の岩についた氷
普賢岳山頂からの平成新山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普賢岳山頂からの平成新山
国見岳を振り返ると霧氷はほとんど消えていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳を振り返ると霧氷はほとんど消えていた
仁田峠の展望台から平成新山と大火砕流の流れた水無川を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田峠の展望台から平成新山と大火砕流の流れた水無川を望む
泥流によって埋まった民家をそのまま保存してある道の駅ふかえ本陣
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泥流によって埋まった民家をそのまま保存してある道の駅ふかえ本陣
麓の島原城は桜が咲いてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓の島原城は桜が咲いてきた

感想/記録

またまた温泉と登山を堪能できる場所を探して長崎県までやってきました。
麓では桜が咲きだし春爛漫ですが、雲仙はようやく冬から春に向かう途中といったところです。
前日に天候が回復し、絶好の登山日和になりそうだったので朝焼けも期待できると早朝出発に切り替え、真っ暗な池ノ原園地を出発します。
気温は1℃ですが風がないのでひたすら登っているとすぐに暑くなります。
30分ほどで仁田峠のロープウェイ乗り場に到着し日の出を待ちますが、三脚を旅館に置いたまま来てしまい仕方なく手すりの上で手持ち撮影しました。
花粉などの春霞みの影響で真冬のような澄みきった空ではありませんが、島原湾を挟んで熊本方面の山々から立ち昇る朝日にこれからの期待が膨らみます。
すっかり冷え切ってしまった体を温めるべく妙見岳ルートで登山を開始します。日の出前に出会った海外の方は早々に普賢岳方面へ向かいましたが周回路ではすれ違いませんでした。
妙見岳では山頂付近一帯で霧氷を見ることができました。気温はマイナス2℃。
好条件下での霧氷は初めてだったので興奮してしまい、撮影しまくっていたら国見岳の分岐前で30分以上の遅れとなってしまいました。
下山後は雲仙にもう一泊するのでこの際時間を気にせずのんびり楽しもうということで、ちょっと進んでは撮影の繰り返しで牛歩の如く国見岳を往復し、一方通行の周回ルートを進んでいきます。
平成新山の噴煙と霧氷で埋め尽くされた谷は見事で、海を見ながらというのも爽快感を倍増させてくれます。
日の出から数時間経つと霧氷が次々と枝から落ちていき頭に降り注いできますが、かき氷の器になった気分?で楽しみます。
普賢岳に到着する頃には1時間以上予定よりも遅れますが、それがこの登山の満足度に表れていると思い、お腹は空いたけど心は満たされて下山しました。
今回は登山前に佐賀の複数の温泉や小浜温泉にも立ち寄っていたし、直前には雲仙温泉も入浴していたので体は万全、下山後も濃厚な硫黄泉で体をほぐし疲れもなく長旅を終えることが出来ました。
訪問者数:108人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ