また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1420819 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

阿夫利山〜秋山温泉

日程 2018年02月24日(土) [日帰り]
メンバー
 178_tomo(記録)
 sima4448(CL)
 koya4698(SL)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:JR東日本 中央本線 上野原駅, 富士急山梨バス「無生野」行き「神野」下車
帰り:上野原駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間55分
休憩
9分
合計
3時間4分
Sスタート地点09:0410:10金波美峠10:22石尊山10:2310:28高見山10:2910:41阿夫利山10:4711:12井戸沢の頭11:1312:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 
コース状況/
危険箇所等
残雪あり
その他周辺情報秋山温泉(新湯冶場あきやまネスパ)
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 飲料 GPS ガイド地図(ブック) 携帯 サングラス タオル カメラ

写真

日大明誠高専用のバスが何台か発車します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日大明誠高専用のバスが何台か発車します
神野バス停で下車してのんびり歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神野バス停で下車してのんびり歩きます
残雪が覆っています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が覆っています
阿夫利山山頂(729メートル)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿夫利山山頂(729メートル)
井戸沢の頭でコーヒーブレイク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸沢の頭でコーヒーブレイク
午前中ハイク終了で秋山温泉で一風呂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中ハイク終了で秋山温泉で一風呂
リラックスして帰途に着きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リラックスして帰途に着きました

感想/記録

 JR東日本 中央本線 上野原駅から南に6キロほどにある阿夫利山へ。
 駅北口のバス乗り場から、大勢の高校生を乗せたバスが出発すると、日に3便しかない無生野行きバスが入場してきました。北へ行くバスの乗客に比べて、無生野行きは我等(3名)を含めて乗客は7名でした。30分ほどバスに揺られて神野バス停で下車しましたが、残った乗客は1名になっていました。
 登山口までの標識が無いので、GPSと地図を頼りに歩きます。橋を渡ってゴルフ場(秋山カントリー)の東側を沿うように、南の金波美峠(登山口)までは1時間ほどかかりました。
 金波美峠から山道へ。枯れ枝と残雪の山道を登ります。馬の背のような林をアップダウンして山頂へ。山頂(729メートル)は狭く、展望もありません。わずかに南の枝間から道志の大室山が望めました。
 山頂にはとどまらず、すぐに先へと進みます。
 5分ほどで井戸沢の頭につきました。切り株で作ったイスが並んでいたので、ここでコーヒーブレイク。ここの分岐は金剛山に縦走して富岡へ、または山の神経由で富岡に下りる近道となっています。
 残雪に気をつけながら下ります。枯葉の下の朽ちかけた木段を下りたら、終点で林道に出、防獣ゲートを出ると秋山の集落です。
 ゴール地点には秋山温泉(新湯冶場あきやまネスパ)があります。一風呂浴びて昼食にしました。
 この秋山温泉から安寺沢川沿いに南下して、網子峠から巌道峠まで、道志との県境を行き金波美峠に戻るコースが“稜線が穏やかで初心者にも歩きやすい”とウエノハラハイキングマップに紹介されています。
訪問者数:102人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ