また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1423429 全員に公開 ハイキング甲信越

今倉山・道志二十六夜山 <道坂隧道→芭蕉月待ちの湯>

日程 2018年04月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。微風。
アクセス
利用交通機関
電車バス
往) JR&富士急行 新宿6:46→立川→高尾→都留市8:49
路線バス 都留市駅9:15→道坂隧道9:45
復) 路線バス 芭蕉月待ちの湯15:54→都留文科大学駅16:15
富士急行&JR 都留文科大学前16:29→新宿18:04 (直通のホリデー快速。激混み)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・特に危険な箇所はありませんでした。強いて挙げれば赤岩→二十六夜山→下山で、落ち葉が未だに大量にたまっている所があり、滑りやすいです。
・地面は乾いてました。標高1,200m越えたら、地面をよく見ると霜柱の残骸が所々で見られました。(朝は寒かったらしい)
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

都留市駅からバス約30分で終点・道坂隧道バス停。トンネル入口の左脇から山に入る。
2018年04月08日 09:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都留市駅からバス約30分で終点・道坂隧道バス停。トンネル入口の左脇から山に入る。
2
今倉山山頂までは、ほぼ直登。上に行くにつれて斜度が増すけど、雰囲気は最後までこんな感じ。
2018年04月08日 10:17撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今倉山山頂までは、ほぼ直登。上に行くにつれて斜度が増すけど、雰囲気は最後までこんな感じ。
1
淡々と45分ほど登ると今倉山山頂。開けた眺望はなし。
2018年04月08日 10:39撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
淡々と45分ほど登ると今倉山山頂。開けた眺望はなし。
2
ここからのんびり尾根歩き。
2018年04月08日 10:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからのんびり尾根歩き。
1
御座入山山頂。素っ気な過ぎて、看板が無かったら山頂と気付かず通過しそう。
2018年04月08日 10:51撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御座入山山頂。素っ気な過ぎて、看板が無かったら山頂と気付かず通過しそう。
1
赤岩までの途中の岩の上で、初めて眺望が開けた。富士山は山頂隠れ気味 (山腹あたりのは雲じゃなくて麓から上がる煙だった。)
2018年04月08日 10:56撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩までの途中の岩の上で、初めて眺望が開けた。富士山は山頂隠れ気味 (山腹あたりのは雲じゃなくて麓から上がる煙だった。)
2
赤岩。本日のルートで一番眺望良かった。東を除く三方がよく見える。ここで昼食休憩。
2018年04月08日 11:18撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩。本日のルートで一番眺望良かった。東を除く三方がよく見える。ここで昼食休憩。
3
南西方向:御正体山が真正面にドンとそびえる。その右後ろに富士山、鹿留山&杓子山。
2018年04月08日 11:24撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西方向:御正体山が真正面にドンとそびえる。その右後ろに富士山、鹿留山&杓子山。
3
西側:三ツ峠(アンテナ)が。その左右にうっすら南アルプスが。
2018年04月08日 11:26撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側:三ツ峠(アンテナ)が。その左右にうっすら南アルプスが。
2
富士山、山頂が見え始めた。麓からの煙が収まってきた?
2018年04月08日 12:36撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山、山頂が見え始めた。麓からの煙が収まってきた?
2
赤岩から30分程で、二十六夜山山頂。
2018年04月08日 14:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩から30分程で、二十六夜山山頂。
3
富士山、暖かくて表面融けてるのか、雪面がテカテカしてた。
2018年04月08日 13:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山、暖かくて表面融けてるのか、雪面がテカテカしてた。
3
北へ下山。はじめは穏やかな尾根をたどる。
2018年04月08日 14:13撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北へ下山。はじめは穏やかな尾根をたどる。
尾根上で、所々でツツジが咲き始めていた。
2018年04月08日 14:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上で、所々でツツジが咲き始めていた。
3
木に通せんぼされたら、尾根を外れ右側面を下り始める。
2018年04月08日 14:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木に通せんぼされたら、尾根を外れ右側面を下り始める。
急斜面を沢に向かってジグザグに下りていく
2018年04月08日 14:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を沢に向かってジグザグに下りていく
新緑。春ですねぇ
2018年04月08日 14:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑。春ですねぇ
仙人水。4、5口飲んだけど、、大丈夫かな?
2018年04月08日 14:52撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人水。4、5口飲んだけど、、大丈夫かな?
1
青い岩で埋まった沢まで下りきったら、その左側を水音を聞きながら歩く。
2018年04月08日 15:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青い岩で埋まった沢まで下りきったら、その左側を水音を聞きながら歩く。
丸太橋で右岸に渡ると、
2018年04月08日 15:15撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太橋で右岸に渡ると、
まもなく林道に出る。あとは車道歩き。
2018年04月08日 15:23撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなく林道に出る。あとは車道歩き。
芭蕉月待ちの湯。バスには間に合ったけど温泉に入る時間がない。温泉入ったら次のバスは3時間後になっちゃうので今回はあきらめる。残念。
2018年04月08日 15:46撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芭蕉月待ちの湯。バスには間に合ったけど温泉に入る時間がない。温泉入ったら次のバスは3時間後になっちゃうので今回はあきらめる。残念。
2

感想/記録

・週初めにひいた風邪がまだ残ってて本調子ではなかったのですが、青春18 最後の1枚を意地でも使い切るべく(明後日が使用期限)、土曜日だけおとなしくしてて日曜は山行へ。大事を取って軽めの山行にして、JRの駅パンフに載っていたハイキングコースをそのまま行ってみました。

・スタート地点が標高1,000m超えてるので、実質400m登れば稜線到達。そして稜線上はアップダウン穏やか、というのんびりハイキング。天気もよく陽当りもよく、寒くもなく暑くもなく、そよ風が気持ちよい春の稜線歩きでした。

・お花は山の中ではほとんど見かけず。(登山口に至るまでの車道脇や集落にはたくさん咲いてましたが。) ただ、二十六夜山から北へ下る尾根上では、所々でツツジが咲き始めてました。

・眺望は、今倉山は皆無だったので赤岩と二十六夜山がポイント。春らしく霞がかっていたものの、箱根(大涌谷の噴気も)や南アルプス稜線までなんとか見えて、割とよかったと思います。富士山だけは、当初雲隠れしてて残念だったんですが、よ〜く見たら麓から上がる多量な煙が、富士山の上の方まで覆ってた様子。(→ 麓の自衛隊演習場の "火入れ"という野焼きみたいな行事だったらしい) 昼頃からは山頂も見えるようになりました。
訪問者数:799人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ