また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1423672 全員に公開 ハイキング東海

鳳来寺山

日程 2018年04月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り、時に雪
アクセス
利用交通機関
電車バス
新城本長篠往復きっぷ使用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間41分
休憩
42分
合計
5時間23分
S鳳来寺参道入り口08:3308:47鳳来寺山自然科学博物館08:4808:56鳳来寺参道石段下09:34鳳来寺09:3710:06奥の院10:0710:24鳳来寺山10:2610:30瑠璃山10:3810:42鳳来寺山10:4311:08天狗岩11:0911:32鷹打場分岐11:37鷹打場11:3811:43鷹打場分岐11:4412:01鳳来山東照宮12:1812:59行者越歩道橋13:08湯谷峠13:0913:37間伐道ウツノギ線起点13:3813:48湯谷温泉駐車場13:5113:53鳳来薬師如来13:5413:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所等なし。東照宮から行者越にかけて木の伐採中で部分的に倒木あり。歩行の邪魔になるほどではない。
その他周辺情報湯谷温泉駅近くに複数日帰り温泉あり。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル

写真

参道の市指定文化財
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参道の市指定文化財
県指定文化財ねずの木
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県指定文化財ねずの木
若山牧水だったかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若山牧水だったかな
石段が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石段が見えてきた
2
太くて立派な杉がたくさん。根元には苔がびっしりと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太くて立派な杉がたくさん。根元には苔がびっしりと。
09:12 594段目。半分も行ってない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:12 594段目。半分も行ってない。
1
09:32 1316段目。ようやく終わりが見えてきた。ここまで約40分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:32 1316段目。ようやく終わりが見えてきた。ここまで約40分。
1
鳳来寺本堂から南をのぞむ。
いい天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳来寺本堂から南をのぞむ。
いい天気。
4
さらに上に登る。こちらが本堂?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに上に登る。こちらが本堂?
1
奥の院へとさらに階段が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院へとさらに階段が続く。
ミツバツツジかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジかな
1
同じ場所にツバキが咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じ場所にツバキが咲いている。
2
奥の院。倒木で倒壊。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院。倒木で倒壊。
2
山あいを縫うように道が見える。バスで来た道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山あいを縫うように道が見える。バスで来た道。
3
鳳来寺山頂へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳来寺山頂へ向かう。
1
アカヤシオがきれい。たくさん咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオがきれい。たくさん咲いていた。
10:25 鳳来寺山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:25 鳳来寺山頂。
4
山頂の北側だと思うけど忘れてしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の北側だと思うけど忘れてしまった。
1
静かな登山道。しかし稜線は冷たい風が吹き、ときおり粉雪が舞っていた。空はおおむね晴れていたのだが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな登山道。しかし稜線は冷たい風が吹き、ときおり粉雪が舞っていた。空はおおむね晴れていたのだが。
11:05 天狗岩まで来た。天狗岩を眺められるあずまやはロープが張ってあり使えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:05 天狗岩まで来た。天狗岩を眺められるあずまやはロープが張ってあり使えない。
道の両側が掘り起こされている。先日神奈川県の弘法山でも見た光景。イノシシ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の両側が掘り起こされている。先日神奈川県の弘法山でも見た光景。イノシシ?
11:24 巫女石と高座石
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:24 巫女石と高座石
東側。アルプスは見えなかった。残念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側。アルプスは見えなかった。残念。
2
東照宮への分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東照宮への分岐。
これから東照宮へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから東照宮へ向かう。
1
12:01 東照宮が見えてきた。トイレ休憩。
元来た道を戻るか、湯谷温泉へ行くかを決める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:01 東照宮が見えてきた。トイレ休憩。
元来た道を戻るか、湯谷温泉へ行くかを決める。
湯谷温泉へ向かうことにした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯谷温泉へ向かうことにした。
岩と木が格闘してる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩と木が格闘してる
2
こちらのルートも休憩所が充実している。行者越へ向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらのルートも休憩所が充実している。行者越へ向かう
鳳来寺山パークウェイを渡る。あと1回くらい渡る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳来寺山パークウェイを渡る。あと1回くらい渡る。
修験道の趣きが残る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修験道の趣きが残る。
2
ここも両脇が掘られている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも両脇が掘られている
シャガの花が咲いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャガの花が咲いていた
湯谷温泉へ向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯谷温泉へ向かう
石畳。熊野古道のよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石畳。熊野古道のよう。
2
普通の林道になった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普通の林道になった。
茶畑に出た。ここから湯谷温泉駅へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶畑に出た。ここから湯谷温泉駅へ。
1

感想/記録
by kwskyk

3年ぶりの鳳来寺山。鳳来寺のバス停に降り立つと、空は青いのに粉雪がちらついていた。天気予報は晴れだったのでそのうち回復するだろうと思い、歩き始める。3年前は気づかなかったが、参道には古民家風のおしゃれな和カフェが何軒か立ち並んでいた(早朝なのでまだ開いてなかったけど)。
杉の巨木に囲まれた1425段の石段をゆっくりと登っている間は風もなく静か。鳳来寺本堂からの眺めもよかったが、稜線に出ると冷たい風が吹き、また粉雪がちらついてきた。空が暗くなることはなかったので、お天気雨のようなものか(雪だったけど)。
石段の途中や、本堂から奥の院へ向かう途中に小さなせせらぎの脇を通ることがある。せせらぎの音にまじり、かえるの鳴き声が聞こえた。もう、おたまじゃくしではないのか。(例年に比べて早い?)
アカヤシオとミツバツツジはちょうど見ごろだった。こちらも少し早い気がしたが、そういえば今年は桜の開花も早かった。
東照宮から元来た石段を戻るか、東にルートを取って湯谷温泉の方へ抜けるか迷っていたが、若干風が冷たかったので温泉へ向かうことにし、行者越へ。こちらのルートもアカヤシオがたくさん咲いていた。こんなに花が咲く山だったとは知らなかった。最後は林道を歩き、湯谷温泉へ。
豊橋から飯田線で1時間。行きは早朝だったので空いていたが、帰りの飯田線は自分を含めた登山帰りの客と撮り鉄君たちでそこそこ混んでいた。青春18きっぷを握りしめ、駅に止まるたびにドアを開けてダッシュし、駅舎や列車や風景を撮る鉄君たち。山でも列車でも春の風物詩(?)を味わうことができた。
訪問者数:376人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ