また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1425589 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

【妙義山】妙義山神社↑、相馬岳稜線〜タルワキ沢、妙義山神社↓

日程 2018年04月07日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
最寄りIC:松井田妙義IC
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間23分
休憩
1時間41分
合計
6時間4分
S道の駅みょうぎ08:5709:02妙義神社09:30大の字09:4810:21見晴10:4410:53大のぞき11:1711:42天狗岳11:4512:04妙義山12:3612:52天狗岳12:5313:55本読みの僧15:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
奥の院から先はバリエーション相当です。鎖がついてはおりますが、難易度は高いです。一般登山道ではありませんので、要注意です。
その他周辺情報温泉:妙義ふれあいプラザ もみじの湯
登山後:この時期であれば中之嶽神社方面に移動すると桜が綺麗です。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 長袖インナー ソフトシェル ズボン 靴下 着替え 予備靴ひも ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター ヘッドランプ 予備電池 GPS ガムテープ 常備薬 携帯 時計 サングラス タオル カメラ 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング ロープスリング

写真

【よーいどん】
2年ぶりの妙義山(表:相馬岳迄)です。白馬で軽く滑落した経験から、ちょっと高所恐怖症気味です...。
2018年04月07日 08:55撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【よーいどん】
2年ぶりの妙義山(表:相馬岳迄)です。白馬で軽く滑落した経験から、ちょっと高所恐怖症気味です...。
【まずは】
妙義神社境内を目指します。
2018年04月07日 09:00撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【まずは】
妙義神社境内を目指します。
【大の字へ】
大外の大の字経由で辻を目指すルートとしました。
2018年04月07日 09:06撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大の字へ】
大外の大の字経由で辻を目指すルートとしました。
【乾いてた】
前日は雨マークだったので、かなり嫌な予感があったのですが、問題なく乾いてました。あまり降らなかったのか...。
2018年04月07日 09:21撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【乾いてた】
前日は雨マークだったので、かなり嫌な予感があったのですが、問題なく乾いてました。あまり降らなかったのか...。
【沢の鎖場】
が、沢の鎖場は相変わらず濡れてました。滑る滑る。
2018年04月07日 09:30撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【沢の鎖場】
が、沢の鎖場は相変わらず濡れてました。滑る滑る。
【大の字】
大の字からの展望です。怖いっす。
2018年04月07日 09:40撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大の字】
大の字からの展望です。怖いっす。
1
【辻】
稜線へ至る道への分岐ポイントです。ここから先はバリエーション相当です。
2018年04月07日 09:54撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【辻】
稜線へ至る道への分岐ポイントです。ここから先はバリエーション相当です。
【奥の院の鎖場】
最初の難関です。
2018年04月07日 10:02撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【奥の院の鎖場】
最初の難関です。
【The 壁】
とはいえ鎖もありますし、登るだけなのでそんなに苦しいわけではないです。下を見なければ。
2018年04月07日 10:03撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【The 壁】
とはいえ鎖もありますし、登るだけなのでそんなに苦しいわけではないです。下を見なければ。
【奥の院の先の鎖場】
ここは特に問題はないでしょう。
2018年04月07日 10:22撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【奥の院の先の鎖場】
ここは特に問題はないでしょう。
【見晴らしから】
同行者2名の後姿。筆者はそんな端っこまで行けませんわ。
2018年04月07日 10:32撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【見晴らしから】
同行者2名の後姿。筆者はそんな端っこまで行けませんわ。
1
【背びれ岩】
ここの鎖は2年前に比べると太くなった気がしました。
2018年04月07日 10:55撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【背びれ岩】
ここの鎖は2年前に比べると太くなった気がしました。
【金鶏山方面】
スマホだと変なところにフォーカスがあたる...。
2018年04月07日 11:01撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【金鶏山方面】
スマホだと変なところにフォーカスがあたる...。
【大のぞき直下鎖場】
核心部です。ここが本当に嫌になってしまった...ザイル出して懸垂下降したいっすー。
2018年04月07日 11:14撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大のぞき直下鎖場】
核心部です。ここが本当に嫌になってしまった...ザイル出して懸垂下降したいっすー。
1
【天狗岩】
ここから先は相馬岳までは鎖場はもうなかったはず。
2018年04月07日 11:36撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【天狗岩】
ここから先は相馬岳までは鎖場はもうなかったはず。
【相馬岳】
タルワキ沢への分岐を過ぎて相馬岳です。ここから先はバラ尾根に突入し、金洞山へと至ることなりますが、今回はここまで。
2018年04月07日 12:05撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【相馬岳】
タルワキ沢への分岐を過ぎて相馬岳です。ここから先はバラ尾根に突入し、金洞山へと至ることなりますが、今回はここまで。
【浅間さーん】
ようやくデジイチの出番です。大分雪がとけましたね。
2018年04月07日 12:30撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【浅間さーん】
ようやくデジイチの出番です。大分雪がとけましたね。
【金洞さーん】
鷹戻しがある方。行きたいような行きたくないような。
2018年04月07日 12:30撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【金洞さーん】
鷹戻しがある方。行きたいような行きたくないような。
【ズーム】
この日撮影した限り、鷹戻しに取付いているPTはありませんでした。やべーところが見える見える...。
2018年04月07日 12:30撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ズーム】
この日撮影した限り、鷹戻しに取付いているPTはありませんでした。やべーところが見える見える...。
【ちょっと贅沢】
手前から金洞山、荒船山、最奥に八ヶ岳となります。
2018年04月07日 12:31撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ちょっと贅沢】
手前から金洞山、荒船山、最奥に八ヶ岳となります。
1
【タルワキ沢】
ここの沢は結構な斜度があるかつ、下部の4mほどの岩場に以前はロープがあったのですが、今回無くなってました。よってそこで懸垂しました。
2018年04月07日 12:49撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【タルワキ沢】
ここの沢は結構な斜度があるかつ、下部の4mほどの岩場に以前はロープがあったのですが、今回無くなってました。よってそこで懸垂しました。
【第一見晴方面は落石のため通行止め】
という、悲しい札を見てしまった。つまり、超遠回りで駐車場に戻ることに...!(しかも車道歩き)
2018年04月07日 13:45撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【第一見晴方面は落石のため通行止め】
という、悲しい札を見てしまった。つまり、超遠回りで駐車場に戻ることに...!(しかも車道歩き)
【ご覧のとおり】
ぐぬぬ。
2018年04月07日 14:35撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ご覧のとおり】
ぐぬぬ。
1
【遠かった】
当初予定では1時間ほど前には登山終了だったはずなのですが...。まぁいい運動になりましたが。
2018年04月07日 14:57撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【遠かった】
当初予定では1時間ほど前には登山終了だったはずなのですが...。まぁいい運動になりましたが。
【ところかわって】
温泉後、中之嶽神社方面へと行きました。
2018年04月07日 16:44撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ところかわって】
温泉後、中之嶽神社方面へと行きました。
【目的はこれ】
2018年04月07日 16:45撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【目的はこれ】
【まだ春ナリ】
2018年04月07日 16:46撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【まだ春ナリ】
【日本離れ】
相変わらずの日本離れした景色です。
2018年04月07日 16:46撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【日本離れ】
相変わらずの日本離れした景色です。
【つつじ類】
今年は大分早咲きかと思います。
2018年04月07日 17:00撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【つつじ類】
今年は大分早咲きかと思います。
1
【春も美しい妙義】
来て良かったです。
2018年04月07日 17:02撮影 by Canon EOS 6D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【春も美しい妙義】
来て良かったです。

感想/記録

 2年ぶりぐらいに妙義山(表、相馬岳迄)に登ってきました。
 妙義山は日本にあっては信じがたい造形をほこっている山でして、日本三奇勝にも含まれる山でございます。
 登山道(と呼べるほど優しいものではないですが)については色々な方が記録を残しております通り、ミスが許されない場面が何箇所もあり、また稜線に取付いてからはエスケープルートがない為、貫き通すか戻るかしかありません。難易度的には剱岳の鎖場相当か、より厳しいという感じでしたっけ?いずれにせよ、相応の技量と経験が求められる場所であることは間違いないですので、初心者の方におかれましては気軽に行くのは控えられるがよいかと思います。
 険しいイメージしかない妙義山ですが、春は綺麗なもので、さくらの里にはソメイヨシノをはじめ、ヤエザクラ等が美しく咲き誇る山なのです。
 日本離れした造形の山と桜、妙義の神髄は春にあるといっても過言ではないかもしれません。

 ちなみに白馬での墜落の記憶がしっかり身体に刻まれているようで、岩場がすっかり怖くなってました。少しでも危ないところはザイルを出したい気分で一杯なりです。
訪問者数:392人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

温泉 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ