また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1425980 全員に公開 ハイキング東海

養老山

日程 2018年04月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
養老公園駐車場は300円、滝ノ上駐車場は休日1000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間34分
休憩
1時間23分
合計
5時間57分
Sスタート地点08:0508:14養老神社08:26養老ノ滝08:2708:37滝上駐車場08:4008:45養老ノ滝08:4609:47三方山09:4909:57笹原峠09:5810:09小倉山10:1510:28養老山10:3710:49小倉山10:5211:01笹原峠11:3212:08旧牧場(アセビ平)12:13もみじ峠12:1512:39栗の木平12:5413:21滝上駐車場13:3013:42養老神社14:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
雨と気温が低い状況だったので、下山で林道を多く使いました。
コース状況/
危険箇所等
養老山は岐阜県なのでネットで登山届け提出
養老の滝の上駐車場で係りの方が届の記入、下山報告を受け付けています。
養老公園駐車場から養老の滝迄遊歩道が整備されています。その後遊歩道を滝ノ上駐車場迄登ります。この間トイレ多数あり。後はトイレはありませんでした。
滝ノ上駐車場から林道に入りしばらく歩くと養老山と笙ヶ岳との分岐、左養老山方面に進むと谷におりて渡渉 しっかりとしたステップが作ってあります。登山道はとても分かりやすく問題なく登っていけますが、かなり階段状になっていますのでちょっと辛い。三方山迄ひたすら登ります。三方山迄登ってしまえば、後は小倉山、養老山迄あまり高低差、距離もないのでゆっくり歩けます。標識もしっかりついているので迷う心配はないと思います。三方山から笹原峠 ここでアセビ平と小倉山の分岐があります。小倉山方面に進みしばらく行くと養老山への標識、林道と登山道があるので登山道の階段をくだって歩いていくと養老山と津屋避難小屋の標識、養老山の方に登っていくとすぐに山頂に着きます。全く見張らしはありません。山頂から笹原峠迄ピストンで戻り、笹原峠からアセビ平に進みます。こちらも道はハッキリしていますし、標識も多くありますので迷う心配はないと思います。アセビ平から登山道で下らずに旧道を歩きます。アセビ平からモミジ峠に向かいます、ここまでは登山道が整備されています、峠から右手に下って行く道が旧道ですが、あまり人が歩いていないようで、倒木が多くあり落ち葉も厚いので滑りやすい状態になっています。今日は雨でよけいに滑ります。しばらく歩くとピンクのテープがついていました。テープをたどって行きます。急な坂を下り旧道の標識裏側にたどり着きます。。その後林道を歩いて滝ノ上駐車場迄ひたすら林道を歩きました。旧道の後尾根道を使いたかったのですが、雨で滑るので断念しました。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

向こうの山に桜が咲いています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうの山に桜が咲いています
1
小倉山 雨風が強く全く見張らしはありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山 雨風が強く全く見張らしはありませんでした。
1
アセビがいっぱい❗天気がよかったらきっと素晴らしかったでしょう🌸
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビがいっぱい❗天気がよかったらきっと素晴らしかったでしょう🌸
まだ山桜は咲いていました🌸
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ山桜は咲いていました🌸
1

感想/記録

養老公園駐車場で雨が止んできたので、登山を決行することにしました。予報では一時間位で雨雲が移動して雨がやむ予想でしたが、予想はハズレ降ったりやんだりの山行でした。気温も上がらず寒さで結構体力も消耗してしまった感じで下山時足の踏ん張りがきかず、落ち葉の積もった道はやはり良く滑ってしまいました。
道はハッキリしていたのでアセビ平迄は何も心配する所はありませんでした。笙ヶ岳が工事中の為笙ヶ岳の登山道はアセビ平迄林道となっていてちょっと面白くない感じなので、バリエーションルートを使いたかったのですが、人が歩いていないようでモミジ峠からは倒木が沢山登山道を塞いでいるし落ち葉が積もっていて歩きにくかったです。林道途中からの尾根道はテープはあるのですが道がハッキリしていなくて不安になりました。早く工事が終わって登山道を整備してくれるといいなあと思いました。養老の滝迄は観光地としてきれいな遊歩道が整備されているし、養老山迄も沢山の階段状の道が整備されているのでちょっと残念な感じがしました。
訪問者数:319人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ