また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1427415 全員に公開 雪山ハイキング栗駒・早池峰

金ヶ崎駒ヶ岳:夏油三山の一つを残雪期ハイク

日程 2018年04月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
金ヶ崎駒ヶ岳登山口入り口交差点から約3キロ、牧場終点で通行止め。路肩に縦列駐車、15台位は可能か。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間48分
休憩
59分
合計
4時間47分
Sスタート地点06:1806:49うがい清水06:5507:50800m地点08:0008:32下賽ノ河原08:3308:42上賽ノ河原09:03駒ヶ岳09:2909:38五葉の松09:42上賽ノ河原09:47下賽ノ河原10:29うがい清水10:4511:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はなし。下部は雨などでトレースがかなり消えている。ピンクテープや赤のサインを参考に。頂上近くは数センチの新雪でトレースは埋っていた。
雪の状態に応じてアイゼン、ワカンを持参したが、適度の雪質だったので、全行程ツボ足。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

山麓から金ヶ崎駒ヶ岳(右)と経塚山(左)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山麓から金ヶ崎駒ヶ岳(右)と経塚山(左)
8
うがい清水までは入れません。あと2.5卉賄世把鵡垰澆瓠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うがい清水までは入れません。あと2.5卉賄世把鵡垰澆瓠
3
ここは牧場の終点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは牧場の終点。
うがい清水まで除雪は済んでいる。雪壁は最高1m程度。今朝は路面凍結。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うがい清水まで除雪は済んでいる。雪壁は最高1m程度。今朝は路面凍結。
5
うがい清水は水が流れている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うがい清水は水が流れている。
1
登山届を出して、スタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届を出して、スタート。
2
すぐに樹林の中の雪上歩き。ごく一部雪が融けて夏道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに樹林の中の雪上歩き。ごく一部雪が融けて夏道。
ゆったりとした登りが続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆったりとした登りが続く。
だんだんと急になる。800m地点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんと急になる。800m地点。
樹間から経塚山が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から経塚山が見える。
2
クラックからは離れて、雪庇のある雪堤を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラックからは離れて、雪庇のある雪堤を登る。
4
下賽の河原への登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下賽の河原への登り。
1
下賽の河原から栗駒山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下賽の河原から栗駒山。
8
下賽の河原から早池峰山と薬師岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下賽の河原から早池峰山と薬師岳。
2
金ヶ崎の町方面、背後の台形の山は?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金ヶ崎の町方面、背後の台形の山は?
1
下賽の河原から経塚山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下賽の河原から経塚山。
7
下賽の河原から駒ヶ岳、奥宮も見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下賽の河原から駒ヶ岳、奥宮も見える。
1
上賽の河原へも豊富な雪上を登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上賽の河原へも豊富な雪上を登る。
1
上から振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から振り返る。
上賽の河原から駒ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上賽の河原から駒ヶ岳。
今日のカモシカの足跡があちこちに。山頂に登っているのかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のカモシカの足跡があちこちに。山頂に登っているのかな。
2
頂上直下から雪庇。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下から雪庇。
2
頂上に向かって急斜面のトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に向かって急斜面のトラバース。
駒ヶ岳山頂の駒形神社奥宮。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂の駒形神社奥宮。
7
駒ヶ岳山頂から栗駒山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂から栗駒山。
5
駒ヶ岳山頂から経塚山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂から経塚山。
8
駒ヶ岳山頂から焼石岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂から焼石岳。
7
駒ヶ岳山頂から牛形山〜白子森。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂から牛形山〜白子森。
7
駒ヶ岳山頂から登ってきた尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂から登ってきた尾根。
ピンぼけながら早池峰山と薬師岳アップ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンぼけながら早池峰山と薬師岳アップ。
2
岩手山を撮ったつもりだったが、右端。そこから裏岩手方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山を撮ったつもりだったが、右端。そこから裏岩手方面。
3
駒ヶ岳山頂から秋田駒。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂から秋田駒。
2
駒ヶ岳山頂の雪庇上から奥宮。右後方は経塚山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂の雪庇上から奥宮。右後方は経塚山。
4
駒ヶ岳山頂の雪庇。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂の雪庇。
駒ヶ岳山頂から和賀山塊。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂から和賀山塊。
3
駒ヶ岳山頂から下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂から下る。
さらに雪上を下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに雪上を下る。
下賽の河原の下の雪庇帯。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下賽の河原の下の雪庇帯。
1
かなり下っても経塚山が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり下っても経塚山が見える。
2
うがい清水から除雪された道路歩き。朝と違って氷は融けて歩きやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うがい清水から除雪された道路歩き。朝と違って氷は融けて歩きやすい。
1
ここに停める時は方向転換してから縦列駐車。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに停める時は方向転換してから縦列駐車。
2

感想/記録
by kyen

今週末は全般的には天気が悪い。土曜の午前中のみまあまあらしいので、朝早く出て、短行程の雪が豊富な山はどうかな。前から気になっていた金ヶ崎駒ヶ岳に行ってみることにした。3月31日のytk340さんのレコを参考にしました。有難うございます。

出発時点では仙台では星が見えていた。夜が明けると晴なのだが、上空に薄い雲が架かり始めている。でも、午前中は持つだろう。山にガスが架からずに、高曇り程度で眺望が得られると良いのだが。登山口のうがい清水まで車で入れるかなと期待していたのだが、駒ヶ岳登山口の標識から3劼遼匸貊点で通行止めだった。通行止の向こうに大きな除雪車が停めてある。6時で一番乗りだったので、どう停めようかと考えたが、通行止前の少し広くなっている所は方向転換に必要だと思われるので、方向転換して、柵側の路肩に駐車した。ここから歩くことになるが、除雪はうがい清水まで終了している。でも、うがい清水周辺の駐車スペースの除雪はまだだし、途中のすれ違いスペースも除雪されていない。道路は除雪されているが、雪壁は最高1m程度、朝は凍結していて滑って歩きにくい。一部雪壁上の雪の上を歩いた。それでも30分ほどで、うがい清水登山口に到着。

登山口からは、直ぐに樹林帯の雪上を歩くことになる。トレースはかなり消えており、時々雪解けで藪も出ているので、夏道を探しながら進む。ピンクテープや木の赤印が役に立つ。しばらくは緩い傾斜の登りが続く。700mを超えると徐々に急になってくるが、そこを登ると一時平坦になる。この辺りも一部夏道が出ている。800m辺りからの急登の前に一度休憩。そこから50m程登ると尾根上となり、右に雪庇のある雪堤上を登る。雪庇は大きなクラックが入っている。そこを過ぎて少し登ると、眺望が開け、下賽の河原に着く。下賽の河原からは栗駒山や早池峰山も見える。経塚山は迫力があり、駒ヶ岳も奥宮が見えるほど近く見える。下賽の河原から上賽の河原の間は気持ちの良い雪原の登りである。この辺りから最近少し雪が積もったようで、雪が残雪という感じではなく、真っ白できれいだが、以前のトレースも埋っているようになる。でも今日のカモシカの足跡が山頂に向かって続いている。そこを行くのも気持ちが良い。山頂直下は短いが雪面のかなりの急登である。雪の状態はキックステップで登れる程度である。右に山頂の大きな雪庇を見ながら、奥宮を目指して斜面をトラバースしながら登り、駒ヶ岳山頂に到着した。

山頂では雲が多くなって暗くなってきたが、今日の眺望は期待どおりだった。遠くは栗駒山や早池峰山、岩手山から秋田駒ケ岳、和賀山塊まできれいに見える。経塚山から焼石岳、牛形山など存在感のある山々が間近に見える。此処から経塚山までは、現状では雪庇や若干の雪の崩壊はあるが、雪は続いている。行ってみたい気はするが今日は無理かな。山頂近くでは風が強く、気温も手袋を外すとかじかんでくるので、−2〜3℃だろう。かなり寒い。

山頂からの下りは、雪の状態が適度なので、ツボ足で気持ちよく下ることができる。一応、アイゼン、ワカンを持参したが、使用しなかった。下賽の河原辺りまで下ると、風もなく、時々陽が当ったりして寒くはなくなる。今日出会った方は山頂で後から1名、下りで2名だった。今日は短時間ではあったが、天候もまあまあで眺望も得られ、良い雪山ハイクだった。
訪問者数:335人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/29
投稿数: 834
2018/4/16 13:15
 いらっしゃいませ!
kyenさん
はじめまして(kyenさんのレコはいつも拝見してます

金ヶ崎駒ヶ岳のレコがあると思って開いてみたら、
私のハンドルネームがあってビックリ。
いくらかでも参考になれば幸いです。

私が登ってから2週間経って、もう少し先まで
クルマで行けるかと思っいましたが残念でしたね。
写真を拝見すると、大分除雪は進んだ感じなので
今週末は登山口まで行けそうな雰囲気ですね。
貴重な情報を頂きました

私はあいにく14日は仕事が入っていて出かけられなかったので、
北上界隈から金駒や経塚山を眺めていました。
ぜひ、晴天を狙ってまたお越しください。
登録日: 2012/6/10
投稿数: 235
2018/4/16 18:03
 おじゃましまーす。
ytkさん、始めまして。コメント有難うございます。

駒ケ岳は初めてなので、2週間前のレコ、たいへん参考になりました。今年は雪が多かったものの、3月が暖かかったので、急に雪融けが進みましたね。でも、この周辺は雪が多く、楽しめました。うがい清水までの除雪は連休前を目指している感じです。
このところ、岩手南部の山にも興味があって、足を伸ばしています。良い山がたくさんありますね。今年の冬は、東根山と金ヶ崎駒ヶ岳でした。もう少し雪融けが進んだら、西和賀の沢尻岳〜大荒沢岳あたりにも行きたいと思っています。
登録日: 2015/3/24
投稿数: 840
2018/4/16 22:02
 金ヶ崎駒ヶ岳から経塚
こんばんは♬  素晴らしい景色ですね。
気になっている場所の情報、ありがとうございます。
うがい清水まで除雪されてから、雪づたいに経塚まで行ける期間は長くて2週間位でしょうか? ここ数年気になっているものの、週末の天気や雪の状態で、見送ってばかりです。経塚の前にまずは、金ヶ崎駒ヶ岳山頂を、GWにでも目指してみようかと思います。 ヽ(^。^)ノ
登録日: 2012/6/10
投稿数: 235
2018/4/16 22:45
 Re: 金ヶ崎駒ヶ岳から経塚
minkさん、こんばんは。コメント有難うございます。

駒ヶ岳から経塚山への稜線の雪はGWまででしょうか。毎年GWの頃の記録が出ていますが、年によっては、かなり藪が出ていることもあるようです。雪の状況次第ですね。
むしろ、林道歩きが往復1時間加わったとしても、うがい清水まで開通する前の方が、雪の状態は良いかもしれません。駒ヶ岳から経塚山まで、往復4時間程度でしょうから、9時過ぎに駒ヶ岳山頂だったこの日も可能だったとは思いますが、天候の悪化が確かだし、踏み出す勇気はありませんでした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ