また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1430795 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走紀泉高原

清水(きよず)の滝・猿子城山 18026

日程 2018年04月17日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り
風:0〜2m/s、時々3〜4m/s
気温:出発時・14℃、山頂・17℃、下山時・18℃(いずれも体感)
アクセス
利用交通機関
バス
往路:平井バス停 10:32 発 側川バス停 10:47 着
   (定刻は平井バス停 10:27 発 側川バス停 10:44 着)
復路:槇尾山参道入口バス停 15:56 発 泉北 16:22 着(車)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

10:48 側川バス停出発 ー(29分)ー 出合橋 11:19 ー(45分)ー 清水の滝 12:36 ー(13分)ー 五ツ辻 13:05 ー(36分)ー 十五丁石地蔵 13:49 ー(13分)ー 猿子城山 14:08 ー(13分)ー 十五丁石地蔵 14:23 ー(14分)ー 桧原分岐 14:39 ー(24分)ー 槇尾山施福寺 15:25 ー(19分)ー 槇尾山バス停帰着 15:44

歩行時間:3時間26分(10:48〜15:44)
歩行距離:9.5km
登高速度:+281m/h −419m/h
累積標高:+687m  −566m
消費エネルギー:1456Kcal
コース状況/
危険箇所等
道の状況:
 清水(きよず)の滝周辺は岩場・急登・ロープ場・切れ道が多いうえ、二日前の降雨で滑り易くなっています。一週間前に筆者が独り歩きした時よりもワンランク難度が上がっています。清水の滝E‐42からE‐43標識まではロープ付き岩場の急登です。転滑落に注意して下さい。E‐43からE‐48五ツ辻まではほぼ水平道ですが、岩場・ロープ・桟橋がある切れた狭い道が続きます。谷側の路肩を踏み外さないように注意が必要です。五ツ辻以降のルートには問題個所はありません。
 西国巡礼旧道(近畿自然歩道)とダイトレには槇尾山最高峰・蔵岩への立入禁止を示す新しい看板が各所に建てられています。神域・聖域へは立入らないようにしましょう。

登山ポスト:なし
その他周辺情報温泉・飲食店・宿泊施設等:
 数軒ありますが営業状況不明です。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

側川渓上流の船底の右手には出合尾根ルートへの木製桟橋が架かっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
側川渓上流の船底の右手には出合尾根ルートへの木製桟橋が架かっています。
沢沿いを数分進むと開明の滝です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いを数分進むと開明の滝です。
2
開明の滝を後にして左岸の崩壊地をロープ頼りに攀じ登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開明の滝を後にして左岸の崩壊地をロープ頼りに攀じ登ります。
1
ツバキはそろそろ終盤期で落花が目立ち始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバキはそろそろ終盤期で落花が目立ち始めました。
ロープ場に手こずりながら・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ場に手こずりながら・・・、
清水の滝前広場に到着。荷物をデポして滝壺へ・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水の滝前広場に到着。荷物をデポして滝壺へ・・・。
滑り易い岩場と支点間が広くて緩いロープに難儀しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り易い岩場と支点間が広くて緩いロープに難儀しています。
1
二日前の降雨で水量が増えた清水の滝です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日前の降雨で水量が増えた清水の滝です。
3
広場へ戻り・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場へ戻り・・・、
1
急登の岩場を・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の岩場を・・・、
慎重に登って・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に登って・・・、
1
E‐43標識で一息入れます。左手に進みますが直ぐに足掛かりが少ない岩場に出合います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
E‐43標識で一息入れます。左手に進みますが直ぐに足掛かりが少ない岩場に出合います。
E‐43からはほぼ水平道ながら、岩場・ロープ場・桟橋が点在する切れた狭い道が連続するので息が抜けません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
E‐43からはほぼ水平道ながら、岩場・ロープ場・桟橋が点在する切れた狭い道が連続するので息が抜けません。
1
やっと危険域を脱出しました。五ツ辻の看板群です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと危険域を脱出しました。五ツ辻の看板群です。
C‐31の温度計は17℃を示しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
C‐31の温度計は17℃を示しています。
十五丁石地蔵さんにお参りして・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十五丁石地蔵さんにお参りして・・・、
1
猿子城山をピストンします。一昨年の干支の山で、山頂標識が矢鱈と増えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿子城山をピストンします。一昨年の干支の山で、山頂標識が矢鱈と増えています。
神域・聖域である槇尾山最高峰・蔵岩への立入禁止の看板ですが、無視する登山者が跡を絶たないようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神域・聖域である槇尾山最高峰・蔵岩への立入禁止の看板ですが、無視する登山者が跡を絶たないようです。
槇尾山施福寺に到着後・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槇尾山施福寺に到着後・・・、
住職と新看板の件で立ち話。蔵岩周辺では5名が、清水の滝でも1名が遭難死しており、これ以上の事故発生を望まないと言っておられました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住職と新看板の件で立ち話。蔵岩周辺では5名が、清水の滝でも1名が遭難死しており、これ以上の事故発生を望まないと言っておられました。

感想/記録

 重度花粉症明け間近の相方を残して山友二人を和泉のミニ秘境・清水の滝へ案内した。二日前の降雨で滑り易い所が増えて少しばかり難度が上がっていた。五ツ辻までの要注意個所を慎重に歩き終えて、残りは問題が少ないコースであったが猿子城山から引き返す午後2時過ぎには何時降り始めてもおかしくないような空模様になっていた。槇尾山施福寺で新看板について住職と立ち話する内にオレンジバスを逃してしまい、当初予定の槇尾山口バス停まで歩くと雨に遭うのが必至だったので、留守居を強いた相方に迎車を依頼する仕儀となってしまった。
                           fukuchi36
訪問者数:216人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ