また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1431815 全員に公開 山滑走増毛・樺戸

暑寒別岳 春スキー

日程 2018年04月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り、山頂付近ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間37分
休憩
48分
合計
4時間25分
S暑寒荘06:5808:48暑寒コース5合目09:53暑寒コース8合目(屏風岩)10:4110:59暑寒コース5合目11:23暑寒荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

暑寒荘まで除雪されてました。よかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑寒荘まで除雪されてました。よかった。
トラバース気味に高度をあげて行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース気味に高度をあげて行きます。
ポコを越えたところで尾根に乗り上げました。初見にしてはナイスでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポコを越えたところで尾根に乗り上げました。初見にしてはナイスでした。
ATOMIC VANTAGE W SUPREME 165cm 122/87/112
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ATOMIC VANTAGE W SUPREME 165cm 122/87/112
気温が上ってくると崩壊しそう。帰りは注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温が上ってくると崩壊しそう。帰りは注意。
景色が開けてきました。素晴らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色が開けてきました。素晴らしい。
振り返ります。海が見えてこれまたいい景色。思わずニンマリします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ります。海が見えてこれまたいい景色。思わずニンマリします。
まだ山頂は見えません。。あの台地みたいなのが滝見台でしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ山頂は見えません。。あの台地みたいなのが滝見台でしょう。
滝見台を苦労して登りました。後で左から回りこめたことを知りがっくし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝見台を苦労して登りました。後で左から回りこめたことを知りがっくし。
その後。山頂に近づくにつれガスと風が出てきてホワイトアウト。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後。山頂に近づくにつれガスと風が出てきてホワイトアウト。
スキーをデポ、アイゼンで歩き出しましたが、やっぱり撤退!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーをデポ、アイゼンで歩き出しましたが、やっぱり撤退!
少し滑ると穏やかになり、視界も開けてきました。撤退が悔やまれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し滑ると穏やかになり、視界も開けてきました。撤退が悔やまれます。
ワンちゃん連れの山スキーの方。憧れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワンちゃん連れの山スキーの方。憧れます。
標高1000m位から下は快適ザラメ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1000m位から下は快適ザラメ。
ターンも気持ちいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ターンも気持ちいい。
樹林帯を滑って駐車場へ。下山は1時間位で滑ってこれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を滑って駐車場へ。下山は1時間位で滑ってこれました。

感想/記録

 最近恒例になった感のある4月の北海道家族旅行。今回は1日自由時間を貰って暑寒別岳を目指しました。

 札幌からレンタカーを飛ばして、朝7時に暑寒荘到着。山荘まで除雪されていたのでひと安心。早速準備して出発します。トラバース気味に高度を上げ主尾根に取り付きます。数字の入った標識が示すルートは微妙。好きなように登るのが正解?
 
 乗り上げてからは広い尾根をゆったり歩きます。気持ちのいいところです。途中、滝見台?がありますが無理やり登らずとも左から通過できます。知らずに頑張って登ってしまいましたが景色がよかったのでよし。

 山頂直下はガリガリの急斜面でしかもホワイトアウト。数名、スキーをデポ、ストックをピッケルに持ち変えて登っていかれましたが殆どの方はここまでだったのかな?
 私も一旦はブーツアイゼンに履き替え、板をデポして歩き出したのですがなんか弱気になって標高200m強残して撤退しました。ピッケル要るくらいならヤメトコウと思って持ってこなかったのですが必要でした。ソロだし、初めてだし、視界がなく斜面状況不明、山頂台地の乗り上げが雪庇になってるかもしれないし、残念ですが賢明な選択だったと思います。次のリベンジはいつになるだろう?

 下の方は快適ザラメで春スキーを堪能できました。海を眼下に見ながら滑る。北海道ならではです。
訪問者数:152人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ