また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1432063 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

木曾御嶽山(飛騨頂上-継子岳)【最高の残雪登山!雷鳥と三ノ池の目覚め】

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
☆アクセス、駐車場
▽濁河温泉登山口(小坂口)駐車場
・上下に分かれており、上はアスファルトで6台ほど。下は未舗装で20台ほどは停められると思います(無料)
・本日は3時半着で先行1台。13時半前帰着時で上は6台、下は1台停まっていました
・東京方面からだと、最寄りのICは中央道伊那ICで80km
・チャオスノーリゾートから濁河温泉までは、夜間の通行規制があったようでしたが、本日は深夜でも通れました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間47分
休憩
1時間4分
合計
7時間51分
S御嶽小坂登山口05:3105:58仙人橋06:13小坂口七合目06:1506:45湯ノ花峠07:12のぞき岩07:1707:50小坂口八合目・お助け水09:05飛騨頂上09:2309:25五の池小屋09:2609:27飛騨頂上09:5111:02継子岳11:1411:59小坂口八合目・お助け水12:15のぞき岩12:1612:33湯ノ花峠12:52小坂口七合目12:5313:04仙人橋13:22御嶽小坂登山口13:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
☆道の状況(2018年4月21日現在)
※これからの時期、状況は日々変化します。以下は参考程度でお願いします
▽濁河温泉登山口⇆お助け水
・9割以上雪道です。登山口からアイゼン装着しましたが、仙人橋など日当たりの良い場所はありませんので、脱いだ方がいいでしょう
・朝から踏み抜き多数。膝上までの箇所もあり恐怖です
▽お助け水→飛騨頂上
・森林限界を超えると一気に展望が開けます
・雪面もウインドクラストしており、これまでとは比べ物にならないほど歩きやすい
・ハイマツは出ているものも増えてきました。踏まないようルート取りには気を付けましょう
▽飛騨頂上→継子岳
・日当たりが良く、踏み抜きが多かった
・ここもハイマツが出ている箇所が多いので、ルートには気を付けましょう
▽継子岳→お助け水
・飛騨頂上まで戻らず、途中でハイマツを避けながら下りました。かなり急な箇所もあるので要注意。転ぶと数百メートルは滑落しそうです

☆登山ポスト
濁河温泉登山口にあり。下山届も必須です。
その他周辺情報☆登山後の温泉
♨旅館御岳
・昨年の11月に宿泊しました
・温泉は最高で、混浴の渓流露天風呂もありますが、本日は混んでて面倒だったのでやめました。平日にゆっくり宿泊したい温泉宿です
・土産物屋で地酒も手に入ります。蔵?を持っている宿で、雪中貯蔵酒もありますが、本日は帰らないので諦めました
https://www.ryokan-ontake.jp

☆飲食店
▽そば処 まつば
・適当に入った木曽の蕎麦屋でしたが、とても美味かった
https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/nagano/A2007/A200701/20007976/top_amp/
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

5時半の濁河温泉登山口駐車場
上に6台、下に20台程駐車可能
本日は3時半着で先行1台でした(出発時点も変わらず)
2018年04月21日 05:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時半の濁河温泉登山口駐車場
上に6台、下に20台程駐車可能
本日は3時半着で先行1台でした(出発時点も変わらず)
1
摩利支天が見えています
2018年04月21日 05:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天が見えています
2
仙人滝
この時期はよく見えます
2018年04月21日 05:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人滝
この時期はよく見えます
2
残雪は登山口から続いています
早々にアイゼン着けました
2018年04月21日 05:54撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪は登山口から続いています
早々にアイゼン着けました
1
仙人橋
雪は完全に溶けており、アイゼン着脱が面倒でもあります
2018年04月21日 05:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人橋
雪は完全に溶けており、アイゼン着脱が面倒でもあります
1
仙人橋からの濁河川
下山後に入った濁河温泉と同じような色をしています
2018年04月21日 05:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人橋からの濁河川
下山後に入った濁河温泉と同じような色をしています
3
木道は溶けている箇所がほとんど
橋を傷つけないように歩くのが大変でした
2018年04月21日 06:19撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道は溶けている箇所がほとんど
橋を傷つけないように歩くのが大変でした
1
ジョーズ岩(人喰いザメ)
2018年04月21日 06:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジョーズ岩(人喰いザメ)
1
飛騨山頂までは4.3km
100mごとに標識があり良い目安になります
2018年04月21日 06:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨山頂までは4.3km
100mごとに標識があり良い目安になります
1
蛙岩(無事帰ろ)
2018年04月21日 07:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛙岩(無事帰ろ)
1
うねる木の向こうに真っ白な山容が
2018年04月21日 07:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うねる木の向こうに真っ白な山容が
2
のぞき岩からの摩利支天
2018年04月21日 07:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のぞき岩からの摩利支天
5
八合目(お助け水)手前
辛い登りが続きます
2018年04月21日 07:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目(お助け水)手前
辛い登りが続きます
1
振り返ると白山が!
2018年04月21日 07:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると白山が!
4
そして乗鞍と北アルプスの峰々も
2018年04月21日 07:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして乗鞍と北アルプスの峰々も
6
八合目からひと登りで、一気に開けます
2018年04月21日 08:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目からひと登りで、一気に開けます
2
ここからはルートどりはほぼ自由
2018年04月21日 08:00撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはルートどりはほぼ自由
3
結構な斜度です
転倒は滑落必至ですので要注意
2018年04月21日 08:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な斜度です
転倒は滑落必至ですので要注意
7
振り返ると絶景が
左中央が濁河温泉
2018年04月21日 08:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると絶景が
左中央が濁河温泉
3
雷鳥の腹歩きトレースでしょうか
2018年04月21日 08:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥の腹歩きトレースでしょうか
2
飛騨頂上と五ノ池小屋が見えてきました
2018年04月21日 09:00撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨頂上と五ノ池小屋が見えてきました
1
飛騨頂上!
2018年04月21日 09:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛騨頂上!
3
中央が継子岳、右は継子曲
2018年04月21日 09:11撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央が継子岳、右は継子曲
3
三ノ池展望所へ
2018年04月21日 09:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ池展望所へ
2
三ノ池です
2018年04月21日 09:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ池です
6
暫し見惚れる
2018年04月21日 09:12撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫し見惚れる
1
ほんの僅かですが、エメラルドグリーンの湖面が見え始めています
鳥居も見えますね
2018年04月21日 09:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんの僅かですが、エメラルドグリーンの湖面が見え始めています
鳥居も見えますね
4
継子・継子曲と飛行機雲
2018年04月21日 09:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
継子・継子曲と飛行機雲
2
甲斐駒ヶ岳・鳳凰三山・北岳と中央アルプス
2018年04月21日 09:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳・鳳凰三山・北岳と中央アルプス
2
富士山を中心に
2018年04月21日 09:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山を中心に
4
摩利支天
本日は登りませんが
2018年04月21日 09:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天
本日は登りませんが
2
五ノ池小屋
現在のところ、我々の中では「泊まってみたい山小屋」ナンバーワンでもあります
2018年04月21日 09:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五ノ池小屋
現在のところ、我々の中では「泊まってみたい山小屋」ナンバーワンでもあります
1
小屋前は風が強かったため、三ノ池展望所に戻って大休止
贅沢です
2018年04月21日 09:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前は風が強かったため、三ノ池展望所に戻って大休止
贅沢です
2
では継子岳に向かいます
2018年04月21日 09:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では継子岳に向かいます
2
稜線上でもかなり緩んでいるところもあり歩きにくかった
2018年04月21日 09:55撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上でもかなり緩んでいるところもあり歩きにくかった
1
快適・絶景稜線です
2018年04月21日 10:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適・絶景稜線です
2
途中の大好きなスポット
2018年04月21日 10:08撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の大好きなスポット
1
このあと、恥ずかしながら左足のアイゼンがないことに気づく
こんなこと初めての経験です
2018年04月21日 10:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあと、恥ずかしながら左足のアイゼンがないことに気づく
こんなこと初めての経験です
1
ほぼ飛騨頂上まで戻るも見つからず
継子に戻る最中に、なんでもないところに落ちていました
不思議です
2018年04月21日 10:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ飛騨頂上まで戻るも見つからず
継子に戻る最中に、なんでもないところに落ちていました
不思議です
1
20分ほど余計に歩いたため疲れました
2018年04月21日 10:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほど余計に歩いたため疲れました
3
ふと、雷鳥♀です!
2018年04月21日 10:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと、雷鳥♀です!
4
よく見るとツガイです
2018年04月21日 10:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見るとツガイです
7
相変わらずの警戒心の無さ
2018年04月21日 10:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらずの警戒心の無さ
4
オスが心配そうに追いかけます
2018年04月21日 10:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オスが心配そうに追いかけます
4
自らおとりになるべく、高いところに移動
2018年04月21日 10:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自らおとりになるべく、高いところに移動
7
なんともまあ、凛々しいお姿で
2018年04月21日 10:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんともまあ、凛々しいお姿で
12
メスはマイペースで食べ歩き
2018年04月21日 10:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メスはマイペースで食べ歩き
2
後を追うオス
背後には白山
御嶽の雷鳥は噴火後初めて見ました
なんだかとても安心しました
2018年04月21日 10:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後を追うオス
背後には白山
御嶽の雷鳥は噴火後初めて見ました
なんだかとても安心しました
1
針ノ山と乗鞍岳
2018年04月21日 10:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ山と乗鞍岳
3
針ノ山と継子岳
2018年04月21日 10:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ山と継子岳
1
振り返れば御嶽本体の雄大な山容
2018年04月21日 10:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば御嶽本体の雄大な山容
2
継子曲と南アルプス・中央アルプス
ゼブラ模様が美しい
2018年04月21日 10:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
継子曲と南アルプス・中央アルプス
ゼブラ模様が美しい
2
針ノ山と白山
2018年04月21日 10:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ山と白山
2
昨年11月以来の継子岳!
2018年04月21日 11:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年11月以来の継子岳!
11
北ノ俣岳・薬師岳・笠ヶ岳・裏銀座・乗鞍岳・槍ヶ岳・奥穂高岳・前穂高岳・大天井岳・横通岳・常念岳
2018年04月21日 11:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳・薬師岳・笠ヶ岳・裏銀座・乗鞍岳・槍ヶ岳・奥穂高岳・前穂高岳・大天井岳・横通岳・常念岳
5
南アルプスと中央アルプス
2018年04月21日 11:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスと中央アルプス
2
剣ヶ峰
手を合わせます
2018年04月21日 11:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰
手を合わせます
1
本日は飛騨頂上まで戻らず、途中で下ります
かなりの斜度で、転倒即滑落です
2018年04月21日 11:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は飛騨頂上まで戻らず、途中で下ります
かなりの斜度で、転倒即滑落です
2
この時期限定の、最高に気持ちの良いルート
2018年04月21日 11:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期限定の、最高に気持ちの良いルート
1
北アと乗鞍の見納め
2018年04月21日 11:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アと乗鞍の見納め
4
のぞきまで戻ってきました
濁河コースは西斜面のため、摩利支天は午後の方がハッキリ見えます
2018年04月21日 12:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のぞきまで戻ってきました
濁河コースは西斜面のため、摩利支天は午後の方がハッキリ見えます
2
コケが瑞々しい
2018年04月21日 12:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケが瑞々しい
2
駐車場手前の橋より継子岳
2018年04月21日 13:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場手前の橋より継子岳
1
温泉は「旅館御岳」へ
昨年11月に宿泊しており、温泉の素晴らしさは体感済みです
2018年04月21日 13:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉は「旅館御岳」へ
昨年11月に宿泊しており、温泉の素晴らしさは体感済みです
1
濁河〜チャオ間は狭路区間が多い
途中、継子岳の展望が開けました
2018年04月21日 15:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濁河〜チャオ間は狭路区間が多い
途中、継子岳の展望が開けました
7
国道361号九蔵峠そばの展望所より
気温高過ぎ&黄砂で霞んでいます
2018年04月21日 15:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道361号九蔵峠そばの展望所より
気温高過ぎ&黄砂で霞んでいます
1
「そば処 まつば」へ
2018年04月21日 16:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「そば処 まつば」へ
1
ざる大盛り
2018年04月21日 16:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ざる大盛り
4
木曽の漬物すんき
メニューにはありませんが、頼むと出してくれました(200円)
2018年04月21日 16:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽の漬物すんき
メニューにはありませんが、頼むと出してくれました(200円)
3
久々に御嶽Tシャツを着てみました
噴火の1ヶ月前、2014年8月に御嶽頂上山荘で購入した思い出深いTシャツです(限定36枚!)
2018年04月21日 16:07撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々に御嶽Tシャツを着てみました
噴火の1ヶ月前、2014年8月に御嶽頂上山荘で購入した思い出深いTシャツです(限定36枚!)
5
旅館御岳で購入した「純米濁河」
飛騨の酒!といった感じです
2018年04月22日 17:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旅館御岳で購入した「純米濁河」
飛騨の酒!といった感じです
3

感想/記録

大好きな御嶽山。
剣ヶ峰に登れなくなった後も、濁河温泉からの継子岳、いわゆる北御嶽の魅力に取り憑かれ、定期的に登っています。
それでも残雪期には登ったことがなく、ハイマツも埋まった、まっすぐ摩利支天に向かって延びるあの斜面を歩いてみたく、今回の山行となりました。
あわよくば、残雪から顔を出す三ノ池のコバルトブルーや雷鳥も見られるかなぁーとか。

予想外に、濁河温泉登山口から雪が残っており、お助け水まで9割程度の残雪率。
しかしこの気温。当然踏み抜きは多く、体力の消耗は激しかった。
お助け水から少し登ると、あっという間に展望が開け、左に継子岳、右に摩利支天の雄大な姿を臨みながらの急斜面の登りとなります。
積雪期以外はハイマツに覆われたこの斜面。
本日は、所々顔を出し始めたハイマツもあるものの、ほぼ真っ白な急斜面が続いています。
ルートどりは基本自由。
この開放感がたまりません。

五ノ池小屋の先の三ノ池展望所に到着。
三ノ池は僅かですがエメラルドグリーンの湖面が顔を出しており、3000m級の高山にも春が訪れたことを実感。
誰もいないベストスポットで大休止し、のんびり継子岳を目指します。

継子岳へ向かう道も自分の中では大好きな稜線で、白山や継子II峰の先に広がる南アルプス・中央アルプスの展望、振り返れば御嶽山の圧倒的な山容。
アップダウンも少なく最高の稜線歩きを楽しむことができます。
しかしここで、なんということでしょうか、片方のアイゼンが無い!
アイゼンが外れたことに気付かないどころか、歩いている最中にアイゼンが外れたことなど今までなく、とてもショッキングでした。
飛騨頂上付近まで戻っても見つからず、諦めて継子岳方面に歩いていると、先ほどUターンした付近で、雪面にポツンと落ちていました。
無駄な時間と体力を消費しましたが、そのおかげで雷鳥のツガイを発見!
まだほぼほぼ真っ白なかわいらしいツガイに、暫し足を止め見入ってしまいました。
噴火後の御嶽山で雷鳥を見るのは初めて。
嬉しいという気持ち以上に、安心感が勝りました。

継子岳からの展望を楽しみ、定例の剣ヶ峰に向かっての黙祷を行い、下山の途に。

我々にとっての特別な山、御嶽山。
これからも四季を通じて訪れたい山であります。

感想/記録

trekkerさんとお花見登山に行く予定でしたが、珍しく体調を崩されたため延期に。そこで、日曜日に行く予定だった木曽御嶽山へ。お仕事がなかなかハードな一週間に加え、運転を交代交代しながら睡眠時間が2時間程度しか取れなかった為か、油断するとツボ足の樹林帯は、今までで一番辛く長い道程に感じました。
と言いつつ、樹林帯を超えて対峙する麻利支天の迫力や、目覚め始めたコバルトブルーの三の池、ハイマツを仲良く歩く雷鳥の夫婦に出会えると嬉しくて、一期一会を痛感する幸せな山行になりました。
大好きで特別な木曽御嶽山。今回も継子岳から剣ヶ峰に手を合わせながら、大変だったけれど来て良かったとつくづく思いました。
訪問者数:464人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ