また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1432719 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

日の出山【武蔵五日市駅→金比羅山→日の出山→御岳山駅】

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
■御岳登山鉄道
https://www.mitaketozan.co.jp/timetable

■西東京バス 奥多摩・御岳山エリア
http://www.nisitokyobus.co.jp/wp/wp-content/uploads/2018/03/hiking_okutama_180317.pdf
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
3時間0分
合計
7時間35分
S武蔵五日市駅09:2510:31金比羅山10:3210:57南沢山11:45分岐点(金比羅尾根・ロンデン尾根分岐点)11:50タルクボの頭13:01日の出山16:0017:00御岳山駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

■写真1 - 武蔵五日市駅
ソロでない時の電車遅延率の高さは異常です…。
予定より20分も遅れて、ハイカーで賑わう武蔵五日駅に着きました。
2018年04月21日 09:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真1 - 武蔵五日市駅
ソロでない時の電車遅延率の高さは異常です…。
予定より20分も遅れて、ハイカーで賑わう武蔵五日駅に着きました。
■写真2
金比羅山までは、駅から住宅地を縫うように歩きます。
もし迷ったら、地元の方に道を聞いてみて下さい。
2018年04月21日 09:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真2
金比羅山までは、駅から住宅地を縫うように歩きます。
もし迷ったら、地元の方に道を聞いてみて下さい。
■写真3
暑くて長い車道歩きに、皆さんうんざりした様相。
しかし、舗装路歩きは勾配を強めて更に続きますよ。
2018年04月21日 09:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真3
暑くて長い車道歩きに、皆さんうんざりした様相。
しかし、舗装路歩きは勾配を強めて更に続きますよ。
■写真4 - 金比羅公園
この日は幼稚園のイベントがあったようで、山は異様な賑わい。
ここまでなら、遠足でも来られるほどの距離感です。
2018年04月21日 10:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真4 - 金比羅公園
この日は幼稚園のイベントがあったようで、山は異様な賑わい。
ここまでなら、遠足でも来られるほどの距離感です。
■写真5 - 金比羅公園
駅から徒歩1時間足らずで来たとは思えない眺望。
幼稚園児たちのテンションも、一気に上がります。
2018年04月21日 10:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真5 - 金比羅公園
駅から徒歩1時間足らずで来たとは思えない眺望。
幼稚園児たちのテンションも、一気に上がります。
■写真6 - 金比羅公園
金比羅公園では、ちょうどツツジが見頃を迎える頃合いでした。
桜が綺麗な公園ですが、その後のツツジもいいですね。
2018年04月21日 10:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真6 - 金比羅公園
金比羅公園では、ちょうどツツジが見頃を迎える頃合いでした。
桜が綺麗な公園ですが、その後のツツジもいいですね。
■写真7 - 金比羅山
広い上に、東屋とトイレがある至れり尽くせりな山頂。
写真の外側には、ベンチやテーブルも設えてあります。
2018年04月21日 10:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真7 - 金比羅山
広い上に、東屋とトイレがある至れり尽くせりな山頂。
写真の外側には、ベンチやテーブルも設えてあります。
■写真8 - 金比羅山
香川の金刀比羅神社を本宮とするらしく、その呼び方は多様に。
金刀比羅、金比羅、琴平など全て同じ意味のようでした。
2018年04月21日 10:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真8 - 金比羅山
香川の金刀比羅神社を本宮とするらしく、その呼び方は多様に。
金刀比羅、金比羅、琴平など全て同じ意味のようでした。
■写真9
ツツジと同じ時期に、足元を彩るのはシャガ。
生命力が強いので、街の道端にも咲いていたりしますね。
2018年04月21日 10:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真9
ツツジと同じ時期に、足元を彩るのはシャガ。
生命力が強いので、街の道端にも咲いていたりしますね。
■写真10
緩やかな金比羅尾根を、談笑しながら登ります。
会話する余裕があるくらいの嫋やかな稜線でした。
2018年04月21日 11:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真10
緩やかな金比羅尾根を、談笑しながら登ります。
会話する余裕があるくらいの嫋やかな稜線でした。
■写真11
標高1,000mにも満たない山域なので、眺望はありません。
時折り切り開かれた場所から、新緑の山肌が覗きます。
2018年04月21日 11:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真11
標高1,000mにも満たない山域なので、眺望はありません。
時折り切り開かれた場所から、新緑の山肌が覗きます。
■写真12
つるつる温泉分岐から先は、山頂まで続く階段登り。
駅から歩いてきた足には、かなり堪えます。
2018年04月21日 12:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真12
つるつる温泉分岐から先は、山頂まで続く階段登り。
駅から歩いてきた足には、かなり堪えます。
■写真13
さらに山頂直下は蹴上げの高い石段が待ち構えます。
すぐ近くに待つであろう山頂が、やけに遠く感じます。
2018年04月21日 13:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真13
さらに山頂直下は蹴上げの高い石段が待ち構えます。
すぐ近くに待つであろう山頂が、やけに遠く感じます。
■写真14 - 日の出山
好天の昼下がり、ハイカーで賑わう山頂に到着です。
都内は夏日を越えて、真夏日になろうかという暑さの日でした。
2018年04月21日 13:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真14 - 日の出山
好天の昼下がり、ハイカーで賑わう山頂に到着です。
都内は夏日を越えて、真夏日になろうかという暑さの日でした。
■写真15 - 日の出山
ランチしようにも山頂の東屋は先客ありで、日陰を求めて彷徨。
結局、トイレ近くの広場でランチに決めました。
2018年04月21日 13:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真15 - 日の出山
ランチしようにも山頂の東屋は先客ありで、日陰を求めて彷徨。
結局、トイレ近くの広場でランチに決めました。
■写真16 - 日の出山
レジャーシートを広げて、担いできた酒と肉でランチです。
トイレも下山路も近い、日の出山だからこその贅沢ですね。
2018年04月21日 13:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真16 - 日の出山
レジャーシートを広げて、担いできた酒と肉でランチです。
トイレも下山路も近い、日の出山だからこその贅沢ですね。
2
■写真17 - 日の出山
締めはmasaboww氏が担いでくれた冷麺。
暑い日のバーベキューの締めに最適でした。
2018年04月21日 15:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真17 - 日の出山
締めはmasaboww氏が担いでくれた冷麺。
暑い日のバーベキューの締めに最適でした。
1
■写真18 - 東雲山荘
山頂から一段下がった場所にある無人の山荘。
予約すれば素泊まりで使えるようです。
2018年04月21日 16:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真18 - 東雲山荘
山頂から一段下がった場所にある無人の山荘。
予約すれば素泊まりで使えるようです。
■写真19
夕方の遅い時間になっても、まだ登ってくるハイカーが散見します。
確かに1時間もあれば下山できますが、余裕は見ておきたいか。
2018年04月21日 16:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真19
夕方の遅い時間になっても、まだ登ってくるハイカーが散見します。
確かに1時間もあれば下山できますが、余裕は見ておきたいか。
■写真20 - 御岳山駅
最後は御岳山の参道を歩いて、ケーブルカーの駅でゴール。
みんなで公共機関を乗り継いで帰路に就きました。
2018年04月21日 17:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
■写真20 - 御岳山駅
最後は御岳山の参道を歩いて、ケーブルカーの駅でゴール。
みんなで公共機関を乗り継いで帰路に就きました。

感想/記録
by SuSE

ちょっと縁あって、初めてのグループ山行を計画することに。
装備や体力の差を考慮して、奥多摩の低山を選択しました。

奥多摩は公共交通が行き届いて、アクセスは至便な山域です。
しかし山中のトイレは少ないので、行き先が限定されるのは悲しいこと。


■武蔵五日市駅→金比羅山→日の出山
朝から電車遅延で計画が狂います。マジか。
駅から徒歩の計画なので、そこまで慌ててはいませんでしたが。

住宅街の中は指導標がないので、地図をよく確認しましょう。
山と高原地図の赤線に従えば、それほど難しくはないはずです。

いつの間にか金比羅公園に入り、さらに勾配が厳しくなるのでペース調整を。
舗装路は山頂直下まで続きますが、登山道を選ぶこともできます。

広い山頂には東屋とベンチ、水洗でない公衆トイレがあり休憩適地です。
もうすぐツツジが咲き揃うようで、散策するだけでも楽しめそうです。


金比羅山の山頂を通り過ぎて、日の出山へと縦走しましょう。
この辺りから、きちんとした登山道になり歩きやすくなります。

このルートは金比羅尾根と名付けられ、緩やかな勾配で歩きやすい印象。
ハセツネCUPのルートでもあり、練習するトレランの遭遇率が高いので注意です。

つるつる温泉分岐から先は、体力だめしの階段が山頂まで続きます。
側道ができつつありますが、登山道が荒れるのでキツくても階段を登りましょう。

昼時だからか、山頂は休憩するハイカーで賑わっています。
御岳山ケーブルカーで登ってこられるので、この辺りでは人気の山のようです。


■日の出山→御岳山駅
山頂から少し離れた場所で、肉と酒を囲んでバーベキューです。
賛否あるでしょうが、レクリエーション的な山行に楽しみは必須でしょう。

御岳山から、つるつる温泉へと至るルートを採るハイカーが多いであろうエリア。
午後の早い時間帯から、閑散とした雰囲気になっていくのを感じました。

多少は飲んでも大丈夫なように、下山はケーブルカーに設定しました。
緩いアップダウンを経て、よく整備された登山道から御岳神社の参道へ。

神代ケヤキの手前から舗装路に入り、そのままケーブルカーの駅でゴールです。
後はケーブルカーと路線バスとJRを乗り継いで帰ります。

初めてのグループ山行でしたが、事故なく楽しい1日を過ごせました。
これから梅雨を経て、また高山ソロの山行へと赴く前の良い気分転換でした。
訪問者数:270人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ