また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1434691 全員に公開 ハイキング奥武蔵

外秩父七峰縦走ハイキング(定峰峠で時間切れ)

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:小川町駅着/07:02着/07:53発ー>東武竹沢駅/07:57着
帰り:白石車庫BS(臨時バス)ー>寄居駅ゴール/15:30頃着/16:03発
池袋方面からのアクセスです
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間2分
休憩
42分
合計
6時間44分
S東武竹沢駅08:0908:30天王池登山口08:43官ノ倉峠08:4409:04安戸09:0509:23東秩父村和紙の里09:3010:17物見山(東秩父村)10:1810:46萩平丁字路11:42笠山11:5212:19笠山峠12:2012:43堂平山12:5413:11剣ケ峰13:1213:21白石峠13:2514:15定峰峠14:2014:53白石車庫バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ハイキング大会なので道標は問題なし。
危険ヵ所もなし。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

備考 定峰峠でGPSログが途切れたため、定峰峠〜白石車庫までは手書き入力です。

写真

7時過ぎに小川町駅に到着し、受付会場へ行くと長蛇の列!!
予想外の出来毎に出鼻をくじかれます
2018年04月22日 07:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時過ぎに小川町駅に到着し、受付会場へ行くと長蛇の列!!
予想外の出来毎に出鼻をくじかれます
4
やっと3列ある受付の列に来ると、2001番以降だけが混んでいて、1000番以下、2000番以下の列はほとんど人はいません
2018年04月22日 07:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと3列ある受付の列に来ると、2001番以降だけが混んでいて、1000番以下、2000番以下の列はほとんど人はいません
2
小川町駅に戻り7:53発の電車で東武竹沢駅へ向かい、入念に準備し8時9分にスタート
しかしこの時点で完歩は諦めました
2018年04月22日 08:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川町駅に戻り7:53発の電車で東武竹沢駅へ向かい、入念に準備し8時9分にスタート
しかしこの時点で完歩は諦めました
2
各所にこの道標が沢山あります
2018年04月22日 08:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
各所にこの道標が沢山あります
1
観光協会の歓迎の幕に迎えられました
2018年04月22日 08:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光協会の歓迎の幕に迎えられました
1
官ノ倉山の山頂への分岐に到着、山頂のピークは踏まず先を急ぎます
2018年04月22日 08:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
官ノ倉山の山頂への分岐に到着、山頂のピークは踏まず先を急ぎます
1
まず最初の官ノ倉山チェックポイント
ここで小川町駅スタートのハイカーと合流します
2018年04月22日 08:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず最初の官ノ倉山チェックポイント
ここで小川町駅スタートのハイカーと合流します
3
ハイカーが多く整然と歩きます
2018年04月22日 09:00撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイカーが多く整然と歩きます
1
舗装道歩きが続いて「和紙の里」に到着
たくさんのハイカーが食料や飲料の調達休憩をしています
2018年04月22日 09:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装道歩きが続いて「和紙の里」に到着
たくさんのハイカーが食料や飲料の調達休憩をしています
1
「和紙の里」の石碑
人が写っていない写真を撮るのは大変です
2018年04月22日 09:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「和紙の里」の石碑
人が写っていない写真を撮るのは大変です
2
小休憩の後、和紙の里の裏手から進みます
2018年04月22日 09:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小休憩の後、和紙の里の裏手から進みます
1
長い舗装道歩きが続きます
先が長いのでペースを守って歩きます
2018年04月22日 09:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い舗装道歩きが続きます
先が長いのでペースを守って歩きます
1
途中から山道に入りますが、山道になると追い抜きは出来ないです
2018年04月22日 10:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から山道に入りますが、山道になると追い抜きは出来ないです
開けた場所に出るとまた舗装道歩きです
2018年04月22日 10:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた場所に出るとまた舗装道歩きです
1
荻平分岐に到着
2018年04月22日 10:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荻平分岐に到着
1
荻平分岐からすぐ先に笠山登山口あり
ここから山頂までは結構急登が続きます
2018年04月22日 10:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荻平分岐からすぐ先に笠山登山口あり
ここから山頂までは結構急登が続きます
1
途中で林道を横切ります
2018年04月22日 10:59撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で林道を横切ります
1
2回目の林道横断ですが、休憩しているハイカーが多いです
2018年04月22日 11:12撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2回目の林道横断ですが、休憩しているハイカーが多いです
1
笠山への山頂までは厳しい登りが続きます
ハイカーが多くマイペースで進めません
2018年04月22日 11:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠山への山頂までは厳しい登りが続きます
ハイカーが多くマイペースで進めません
2
やっと2峰目のチェックポイントに到着です
ここではチケット(QRコード)を切り離して渡します
2018年04月22日 11:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと2峰目のチェックポイントに到着です
ここではチケット(QRコード)を切り離して渡します
笠山山頂に到着
ここで軽く昼食休憩としました
2018年04月22日 11:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠山山頂に到着
ここで軽く昼食休憩としました
4
笠山峠からの眺望です
ゆっくり楽しんでいる余裕は無く、先に進みます
2018年04月22日 12:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠山峠からの眺望です
ゆっくり楽しんでいる余裕は無く、先に進みます
2
3峰目の天文台がある堂平山が見えてきました
2018年04月22日 12:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3峰目の天文台がある堂平山が見えてきました
2
これから向かう北側方面の眺望は開けていて、解放感抜群で疲れを癒してくれます
2018年04月22日 12:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう北側方面の眺望は開けていて、解放感抜群で疲れを癒してくれます
2
今度は歩いてきた方向を振り返ると、多くのハイカーが続々と登ってきます
2018年04月22日 12:44撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は歩いてきた方向を振り返ると、多くのハイカーが続々と登ってきます
3
堂平山チェックポイントに到着
左手の列に並び冷たい水を補給しました
2018年04月22日 12:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂平山チェックポイントに到着
左手の列に並び冷たい水を補給しました
1
山頂制覇の証拠写真を撮りました
2018年04月22日 12:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂制覇の証拠写真を撮りました
4
剣ヶ峰への急階段は暑さと疲労で堪えます
2018年04月22日 13:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰への急階段は暑さと疲労で堪えます
1
剣ヶ峰の山頂標が不明なので、代わりに鉄塔を撮影しました

2018年04月22日 13:11撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰の山頂標が不明なので、代わりに鉄塔を撮影しました

2
白石峠
移動売店の飲料は全て売り切れとのことでした
2018年04月22日 13:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石峠
移動売店の飲料は全て売り切れとのことでした
この長い急勾配の階段は体力を消耗します
2018年04月22日 13:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この長い急勾配の階段は体力を消耗します
2
定峰峠に到着
峠の茶屋は飲料や食料は豊富にありました
2018年04月22日 14:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定峰峠に到着
峠の茶屋は飲料や食料は豊富にありました
2
定峰峠で下山指定時限の14時15分を越えてしまい、残念ですがここで強制終了となりました
ロープが張ってあり通せんぼです
2018年04月22日 14:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定峰峠で下山指定時限の14時15分を越えてしまい、残念ですがここで強制終了となりました
ロープが張ってあり通せんぼです
4
定峰峠から白石車庫バス停に向かいました
バス停では多くのハイカーがバス待ちをしていました
2018年04月22日 14:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定峰峠から白石車庫バス停に向かいました
バス停では多くのハイカーがバス待ちをしていました
2
寄居駅前のゴールまでバスで移動
完歩してこのゴールを通りたかったですね
2018年04月22日 15:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄居駅前のゴールまでバスで移動
完歩してこのゴールを通りたかったですね
6
残念ながら時間切れだった今回の記録カード
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら時間切れだった今回の記録カード
4
撮影機材:

感想/記録

外秩父七峰縦走ハイキング大会に参加してきました。

残念ながら定峰峠の下山時限(14:15)がクリアーできずに途中強制終了となりました。小川町駅着は最寄駅からだと最速7時2分着は仕方ないのですが、受付が大混雑で30分以上かかり東武竹沢駅をスタートしたのは8時を過ぎていました。この時点で完歩は無理と諦めていましたが、暑さと疲労でコンディション的にペースを上げるのがきつく定峰峠で強制下山となりました。

白石車庫バス停からゴール地点の寄居駅まで臨時バスで移動し、ゴール広場の出店でビールともつ煮込みで気分転換し、来年のリベンジを誓い帰路に着きました。

やはり完歩するには、早い時間のスタートは必須ですね。

またザックも最低限の軽装備とし、舗装路歩きが多いので靴もローカットにして持久力維持と体力温存の工夫が必要と感じました。実際そのようなハイカーを沢山見かけました。私の30Lザックほぼ満杯、ミドルカットシューズは反省材料です。

このコースは大会に参加せず、ソロで同じコースを縦走するのは苦行だと感じました。でも、1回は大会前に経験しておきたい気もしますが、、、
訪問者数:284人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/19
投稿数: 329
2018/4/25 23:09
 お疲れ様でした〜。
完歩する為には、早く受付を済ませてのスタート時刻がキーポイントなのですね。それにしても今年は例年より暑く参加者は厳しかったでしょうね。
でも、参加して完歩へのテクニックも身に付けられたようですね。
来年は是非リベンジされてください。
登録日: 2015/1/3
投稿数: 16
2018/4/26 0:01
 Re: お疲れ様でした〜。
hikeさん、こんばんは!

残念ですが、疲れる前にタイムアウトになってしまいました
このような大会に出るのは初体験で、ソロで静かな山歩きの方が好みですが、ちょっと気分転換で参加してみました。

参加したからには完歩したかったですが、やはり色々対策がいりますね
不完全燃焼だったので、来年都合が合えば是非リベンジしてゴールでビールを飲みたいと思います

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック 急登 林道 道標 クリ 縦走 石車
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ