また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1435772 全員に公開 ハイキング京都・北摂

高岳 ツツジ最高潮

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち30%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間17分
休憩
12分
合計
3時間29分
Sスタート地点09:2011:29高岳11:4112:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
メインの尾根はオフロードバイク通行多い、早朝山行などをおススメします。
メインの尾根以外、踏み跡不明瞭、ヤブとあいまいさ、読図を楽しめる方に。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

奥猪名健康の郷に駐車させて頂いて歩き出します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥猪名健康の郷に駐車させて頂いて歩き出します。
一旦、車道を歩き沢を渡って右岸沿いの集落に沿ってアプローチします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、車道を歩き沢を渡って右岸沿いの集落に沿ってアプローチします。
ブリキのカエル。缶コーヒー持ってる。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブリキのカエル。缶コーヒー持ってる。。
1
標高430m位の枝沢のところから入山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高430m位の枝沢のところから入山します。
すぐに堰堤、左から巻きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに堰堤、左から巻きます。
不明瞭な沢状を適当に登って尾根に乗り上げると立派な道に出会います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不明瞭な沢状を適当に登って尾根に乗り上げると立派な道に出会います。
あちこちで咲き乱れてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちで咲き乱れてます。
1
山頂そばに関電鉄塔があって伐採されてます。理由はともあれ眺めはいいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂そばに関電鉄塔があって伐採されてます。理由はともあれ眺めはいいです。
1
711P付近高原状。いい感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
711P付近高原状。いい感じです。
いい時期に来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい時期に来ました。
1
道なき道的な沢状を下り、椎茸園のため池を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道なき道的な沢状を下り、椎茸園のため池を通過。
往路に歩いた里道が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路に歩いた里道が見えました。
途中、感じのいい小道を歩いて駐車地へ。春なのに紅葉?お疲れ様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、感じのいい小道を歩いて駐車地へ。春なのに紅葉?お疲れ様でした。

感想/記録

 近場では到底雪が期待できなくなり、久しぶりに嫁とハイキングへ。まだ藪もうるさくないはずなので道なき道を歩ける高岳へ行く事に。

 奥猪名健康の郷に駐車して歩き出します。430m沢分岐より入山して沢沿いに登ります。すぐの堰堤は左より巻き、すぐ沢の分岐、ここはメインの右をとり、ついで480m二又はどっちにするか考える。前回は右又でしたが今回はゆっくり歩くつもりで左又を選択。ここからは道無し。地形が優しいので不安なく枝尾根に乗り上げ気持ちよく歩いて南北尾根の立派なシングルトラックへ。

 尾根上は快適。ツツジがあちこちで咲き乱れ気持ちがいい。しかしオフロードバイクの往来が多いです。10台はすれ違ったり抜かれたりしたでしょうか?あちこちで乗り入れが禁止され遊べる場所が激減しており、彼らなりにハイカーに気を使っているのは分かりますがやっぱり苦手です。自身、MTBもオフロードバイクも乗るのであまり言えないんですが。。

 そんなこんなで山頂着。軽く食べて下山開始。往路ではバイクの爆音に閉口したので711P近くの高原状を経由して早めに緩い沢状に入ります。ここの高原状はかなり綺麗。おススメです。

 下山に使った沢状は、地形図上、一応、点線はありますが道はほぼ消失していることは前回調査済み。適当に右に左に沢状を下っていくとほどなくため池、そして椎茸栽培地を経由して、往路に歩いた里道に出ます。

(参考)山はいいし、道は不明瞭かつ間違いやすい分岐や尾根があり、読図の楽しみもあります。ツツジは最高だし、いい山行でした。ただオートバイが多く、そこは興がそがれます。早朝山行など少し時間をずらした方がいいかも。
訪問者数:304人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アプローチ 右岸 紅葉 高原 堰堤 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ