また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1438025 全員に公開 雪山ハイキング白神山地・岩木山

岩木山 百沢 焼止り避難小屋までの偵察

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
 YCB(SL)
 yama-D(CL)
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 自転車
バス組:弘前バスターミナル→岩木神社前
自転車組:→岩木神社前
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
55分
合計
6時間20分
S岩木山神社08:1008:55七曲09:50カラスの休場10:15姥石11:15焼止り避難小屋12:1013:30姥石13:40カラスの休場14:05七曲14:30岩木山神社14:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下山時、625m地点付近で30分の滑落停止訓練を実施した。
コース状況/
危険箇所等
百沢スキー場には雪がややあり、登山口からは雪道
雪は硬めで数cm〜10cm沈む程度。避難小屋まではアイゼンなしで登山可能
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 登山用シャツ 登山用ズボン 肌着 靴下 防寒用手袋 オーバー手袋 防寒着 雨具 ヤッケ 登山靴 スパッツ ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 細引き 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ピッケル
共同装備 医療パック 工具袋 ツェルト
備考 天候は快晴で気温が高く、麓は防寒着がほとんど必要ないくらいだった。来週の新入生体験登山のための偵察登山であったため、アイゼンを使うような場合は引き返すことを想定してアイゼンは持って行かなかった。また、メンバー全員がピッケルを持っていったが、下山時に実施した滑落停止訓練の時以外で使用することはなかった。

写真

自転車でGO
2018年04月21日 06:58撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自転車でGO
1
岩木山神社出発
2018年04月21日 08:08撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩木山神社出発
3
短パン+ロングスパッツのニューファッション
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短パン+ロングスパッツのニューファッション
休憩タイム
2018年04月21日 10:31撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩タイム
この白い木は遠くからも目立つのでいい目印に
2018年04月21日 11:04撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この白い木は遠くからも目立つのでいい目印に
2
焼止り避難小屋到着
2018年04月21日 11:16撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼止り避難小屋到着
2
滑落停止!
2018年04月21日 13:03撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑落停止!
3
七曲と森の妖精(自称)
2018年04月21日 13:21撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲と森の妖精(自称)
1
お疲れ様でした!
2018年04月21日 14:29撮影 by SOV34, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした!
3

感想/記録
by yama-D

バス組と自転車組に分かれて岩木神社に集合し、登山を開始した。天候は快晴で気温が高く、登りながら何度か衣服調整の時間をとった。中腹以降の雪はかなりの深さまで積もっていて、中には人がすっぽり入りそうなサイズのツリーホールもあった。標高が高いところでは風が強く気温も低かったため、焼止り避難小屋で昼食をとっているとだんだん体が冷えてきた。予定よりも早く避難小屋に着いたためバスの時間調整に昼食時間を長めにとったのだが、休憩時間は一度に長時間とらないほうがよいだろう。625m付近に傾斜がきついところがあったので下山時にそこで滑落停止訓練を実施した。ピッケルを使って滑落を防ぐ訓練で、ピッケルを雪に刺す角度や腕の力の入れ方などをいくつか試してみた。やはり、スピードが出すぎると止まりづらいので瞬間的な判断が必要なものであると感じた。見通しのよい斜面では尻滑りもやってみた。雪が硬かったため滑りがよく、体験登山ではそりを持って行くと新入生に楽しんでもらえるだろう。偵察登山ということもあり、メンバー全員がルートファインディングには特に気を付けた。今回はスキルアップのいい機会になったと感じる。この偵察登山を活かして体験登山を成功させたい。
訪問者数:245人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ