また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1438748 全員に公開 ハイキング近畿

湖北 七七頭ケ岳 周回コース

日程 2018年04月23日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上丹生登山口に数台分の駐車場所有り。(八田部橋を渡った所)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間18分
休憩
7分
合計
3時間25分
S七七頭ヶ岳上丹生登山口06:2307:46西林寺観音堂07:4707:48七七頭ヶ岳山頂07:5008:59七七頭ヶ岳菅並登山口09:0309:48七七頭ヶ岳上丹生登山口09:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
上丹生登山口駐車場に戻るまで、県道はトンネルが2本有ります。
最初は旧道を迂回し、2本目はトンネル内を歩きましたが、GPSはやはり捕捉できていませんね。
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特に有りません。
上丹生登山口は『七々頭ケ岳観音参道』と刻まれた石碑の横の道を真っすぐ進み、小さい沢の向う岸に有ります。
上り道:上丹生から山頂までは落ち葉の急登が多い道ですが、登山道はハッキリしています。
下山の入口は西林寺観音堂に向かって右手の細い道です、案内板などは有りません。

下り道:(菅並登山口の有る墓地横まで):全体的に踏み跡が薄くテープも少ない。
   何年も手入されていないのか、自然任せの道ではないかと思いました。
下り初めはまだ良いですが、途中の分岐を右に曲がってからは藪の酷い道がしばらく続きます。
(この分岐の左方向への道は通行不可の意味の木の枝を数本置いていましたが、見過ごしそうです。地図に記載されていない道なので注意して下さい。)
藪といっても草ではなく低い木でツツジの木も多いです。
今はまだ成長していないので何とか通れますが、このまま大きくなると道が塞がれそうです。
枝や虫などいそうですので肌の露出は避けた服装が良いと思います。

藪が終わって菅並の集落が僅かに見えるようになる辺りで大きな倒木が有り、越えるのに時間が掛かりました。そこから急坂になります。
土に埋もれかけた木の枠の階段を下ります。
やがて落葉いっぱいの抉られた直下降の道が出てきます。
そのまま降りても良いでしょうが、左横に薄い踏み跡の道が有りました。
堤防の横を通り、集落を目の前にして杉の長い木が横たわっていましたが、右手から迂回しました。
その他周辺情報上丹生登山口駐車場から車で10分程の所にキャンプ場(ウッディパル余呉)が有ります。
上丹生登山口駐車場にはトイレがないので、休業日でなければキャンプ場で使わせて頂けるかも。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

上丹生登山口駐車場に到着。
2018年04月23日 06:23撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上丹生登山口駐車場に到着。
『七々頭ケ岳観音参道』の石碑。右横に登山口への道。
2018年04月23日 06:23撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『七々頭ケ岳観音参道』の石碑。右横に登山口への道。
登山口。
2018年04月23日 06:25撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。
七々頭ケ岳への案内板。
2018年04月23日 06:26撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七々頭ケ岳への案内板。
落ち葉の深い道。
2018年04月23日 06:44撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉の深い道。
椿もいっぱい咲きていました。
2018年04月23日 06:46撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
椿もいっぱい咲きていました。
この辺りは緩い道でツツジが道沿いに咲いていました。
2018年04月23日 06:56撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは緩い道でツツジが道沿いに咲いていました。
新緑と登山道の様子。
2018年04月23日 07:14撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑と登山道の様子。
イカリソウも多いです。
2018年04月23日 07:21撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イカリソウも多いです。
ショウジョウバカマも少し。
2018年04月23日 07:39撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマも少し。
西林寺観音堂です、ブルーシートが屋根に被せられていました。
2018年04月23日 07:47撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西林寺観音堂です、ブルーシートが屋根に被せられていました。
観音堂からの眺めはあんまり。
2018年04月23日 07:48撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音堂からの眺めはあんまり。
この道が下山の入口になります。
2018年04月23日 07:48撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道が下山の入口になります。
七々頭ケ岳山頂。
2018年04月23日 07:49撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七々頭ケ岳山頂。
山頂から観音堂はすぐ近くです。
2018年04月23日 07:50撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から観音堂はすぐ近くです。
下山し始めの道の様子。
2018年04月23日 07:57撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山し始めの道の様子。
分岐箇所で振り返って、下って来た道の様子。
2018年04月23日 08:11撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐箇所で振り返って、下って来た道の様子。
分岐箇所で、左方向通行不可の道の様子。手前に木の枝が見えています。
2018年04月23日 08:11撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐箇所で、左方向通行不可の道の様子。手前に木の枝が見えています。
分岐箇所で、右手に曲がります。
2018年04月23日 08:11撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐箇所で、右手に曲がります。
右手に曲った少し先で、道を振り返り。
2018年04月23日 08:13撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に曲った少し先で、道を振り返り。
藪の中の登山道がしばらく続きます。
2018年04月23日 08:17撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪の中の登山道がしばらく続きます。
下山口まじか、堤の横を通ります。
2018年04月23日 08:57撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山口まじか、堤の横を通ります。
菅並登山口。
2018年04月23日 09:03撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菅並登山口。
この写真の水路の左側の植林から出てきました。
2018年04月23日 09:03撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真の水路の左側の植林から出てきました。
県道に向かって歩きます。
2018年04月23日 09:04撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道に向かって歩きます。
高時川の対岸に数匹の猿がいましたが、私たちを見てすぐに森の中に逃げ込んでしまいました。
2018年04月23日 09:13撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高時川の対岸に数匹の猿がいましたが、私たちを見てすぐに森の中に逃げ込んでしまいました。
『胡桃谷の名水』だそうです。賽銭箱のような物が設置されていました。
2018年04月23日 09:20撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『胡桃谷の名水』だそうです。賽銭箱のような物が設置されていました。
八田部橋を渡ります。
2018年04月23日 09:48撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八田部橋を渡ります。
駐車地に戻りました。
2018年04月23日 09:49撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地に戻りました。
撮影機材:

感想/記録

上りは花と新緑がきれいで急坂でしたが楽しめました。
花は多かったのがミツバツツジ、椿。
イカリソウも沢山咲いていましたが、これからもっと咲きそうでした。

下山の道は藪の酷い道でした。
蜘蛛の糸当然有りですが、枝や葉っぱが顔にもあたり、虫が付いていてもおかしくない状況で痒くなってきました。
こちらも新緑は綺麗でしたが、道の悪さが際立ちました。
訪問者数:441人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ