また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1439464 全員に公開 ハイキング東海

ホソバシャクナゲ咲く奥三河・宇連山 (愛知県民の森)

日程 2018年04月28日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候山の緑が眩しい終日快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新東名高速道路 新城I.Cから県道を豊川沿いに北上、愛知県民の森へ車を停める(駐車場有200台、無料)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間32分
休憩
13分
合計
4時間45分
S愛知県民の森10:1511:10南尾根展望台11:1512:20国体尾根分岐13:15やませみ池13:1813:55中尾根分岐14:0014:45大津谷林道15:00愛知県民の森G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道ははっきりしていますが、宇連山を巡って多くのルートがあるのでマップ必携です。
その他周辺情報愛知県民の森を拠点に多くのハイキングコースがあり、時間とお天気しだいで付近の鳳来寺山や長篠城址に立ち寄るのも楽しいのでは。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 サブザック 行動食 飲料 地図(地形図) 日焼け止め 保険証 携帯 時計 カメラ

写真

豊川にかかる橋を越えると愛知県民の森に入る。新緑がまぶしいです。
2018年04月28日 10:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豊川にかかる橋を越えると愛知県民の森に入る。新緑がまぶしいです。
県民の森入り口で出迎えるシャクナゲの花。これは植栽ですね。
2018年04月28日 10:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県民の森入り口で出迎えるシャクナゲの花。これは植栽ですね。
それでも山中の自生地に期待が膨らみます。
2018年04月28日 10:16撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでも山中の自生地に期待が膨らみます。
2
Bキャンプ場の中にある登山口から歩き始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Bキャンプ場の中にある登山口から歩き始める。
すぐに展望が開ける。宇連山が谷の奥に顔をのぞかせ登高欲が湧いてくる。
2018年04月28日 10:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに展望が開ける。宇連山が谷の奥に顔をのぞかせ登高欲が湧いてくる。
新緑の季節到来 ! 林床はウラジロなどのシダ類の瑞々しい若葉に覆われています。
2018年04月28日 10:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑の季節到来 ! 林床はウラジロなどのシダ類の瑞々しい若葉に覆われています。
岩が剥き出しになったルート。硬い岩の上を歩くのはなかなか疲れる…。
2018年04月28日 10:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩が剥き出しになったルート。硬い岩の上を歩くのはなかなか疲れる…。
大津谷川対岸の山々。
2018年04月28日 10:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大津谷川対岸の山々。
足裏が岩の感触に慣れると、しめたもの。奥三河の岩尾根歩きが一段と楽しくなる。遠景は三ツ瀬明神山(1,016m)。
2018年04月28日 10:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足裏が岩の感触に慣れると、しめたもの。奥三河の岩尾根歩きが一段と楽しくなる。遠景は三ツ瀬明神山(1,016m)。
…とはいえ、宇連山はまだまだ遠いよぉ。
2018年04月28日 10:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
…とはいえ、宇連山はまだまだ遠いよぉ。
1
振り返る南尾根。奥三河特有の石英安山岩の硬い岩がルートのある稜線上だけが剥き出し。底の薄いトレランシューズなどで1日歩くと足はガタガタになることうけあいの硬さ。
2018年04月28日 10:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る南尾根。奥三河特有の石英安山岩の硬い岩がルートのある稜線上だけが剥き出し。底の薄いトレランシューズなどで1日歩くと足はガタガタになることうけあいの硬さ。
1
ミツバツツジも山に彩りを添えるため、まだ綺麗に咲いてくれていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジも山に彩りを添えるため、まだ綺麗に咲いてくれていました。
三ッ瀬明神山は奥三河の山々の中でも格段に急峻。冠雪した南アルプスの展望を楽しみに秋に登りたい山。
2018年04月28日 11:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ瀬明神山は奥三河の山々の中でも格段に急峻。冠雪した南アルプスの展望を楽しみに秋に登りたい山。
ようやく正面に見えた宇連山の山容。山頂往復は厳しい時間に。さあ、どうしよう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく正面に見えた宇連山の山容。山頂往復は厳しい時間に。さあ、どうしよう?
山頂は早々にあきらめて、シャクナゲ観察に時間を割く事に変更。肩の荷が下りたら景色を楽しもう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は早々にあきらめて、シャクナゲ観察に時間を割く事に変更。肩の荷が下りたら景色を楽しもう。
1
そのシャクナゲがようやく出てきました。ホソバシャクナゲです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのシャクナゲがようやく出てきました。ホソバシャクナゲです。
宇連山の山頂930mを踏むのは次回におあずけ。"うれさん" でなく "うれやま" が正しい呼び方。
2018年04月28日 11:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宇連山の山頂930mを踏むのは次回におあずけ。"うれさん" でなく "うれやま" が正しい呼び方。
南尾根から見た、宇連山周辺の尾根に縦横に開かれている尾根ルート。中景の中尾根、その奥には東尾根。いずれも北尾根につながり、宇連山頂につながっていく。コースの取り方によっては山頂まで5-6時間のロングコースになる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南尾根から見た、宇連山周辺の尾根に縦横に開かれている尾根ルート。中景の中尾根、その奥には東尾根。いずれも北尾根につながり、宇連山頂につながっていく。コースの取り方によっては山頂まで5-6時間のロングコースになる。
南尾根を外れ、大きなホソバシャクナゲ自生地のある国体コース尾根を大津谷の鶺鴒(せきれい)橋に下ることにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南尾根を外れ、大きなホソバシャクナゲ自生地のある国体コース尾根を大津谷の鶺鴒(せきれい)橋に下ることにする。
そして始まるホソバシャクナゲの花街道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして始まるホソバシャクナゲの花街道。
陽のあたる南尾根上のシャクナゲと比べて日陰に咲くのが多いからでしょうか、この国体尾根の花はまだピンク色が濃く盛りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽のあたる南尾根上のシャクナゲと比べて日陰に咲くのが多いからでしょうか、この国体尾根の花はまだピンク色が濃く盛りです。
1
蕾の花もまだ沢山あり、あと数日は楽しめそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕾の花もまだ沢山あり、あと数日は楽しめそう。
今年の花の付き方は凄い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年の花の付き方は凄い。
次々に現れるホソバシャクナゲの花に嬉しい悲鳴。間に合ってよかった !!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次々に現れるホソバシャクナゲの花に嬉しい悲鳴。間に合ってよかった !!
見飽きないシャクナゲの花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見飽きないシャクナゲの花。
ホソバシャクナゲの名の通り細い葉の裏側は黄色がかった色。裏から見ると全く別の花に見えてしまうから不思議。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバシャクナゲの名の通り細い葉の裏側は黄色がかった色。裏から見ると全く別の花に見えてしまうから不思議。
今年はツツジに始まりアセビ、イワザクラ、アカヤシオ、そしてシャクナゲと春の花々を十分楽しませてもらっています。その中でもやはりシャクナゲは気品もあり豪華、一番好きな花です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年はツツジに始まりアセビ、イワザクラ、アカヤシオ、そしてシャクナゲと春の花々を十分楽しませてもらっています。その中でもやはりシャクナゲは気品もあり豪華、一番好きな花です。
本日一番のピンキーなホソバシャケナゲ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日一番のピンキーなホソバシャケナゲ。
ホソバシャクナゲの別名はエンシュウシャクナゲ。他のシャクナゲよりも低い標高に自生。津具村の群落は天然記念物指定。
2018年04月28日 12:59撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバシャクナゲの別名はエンシュウシャクナゲ。他のシャクナゲよりも低い標高に自生。津具村の群落は天然記念物指定。
1
予想以上に多くのホソバシャケナゲが咲いている自生地でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想以上に多くのホソバシャケナゲが咲いている自生地でした。
国体尾根を下りきって下石林道に降り立つと現れるやませみ池では鳥の素敵な鳴き声がたくさん聞こえました。まだ少し時間があるので対岸の中尾根に上がって県民の森へ下る事に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国体尾根を下りきって下石林道に降り立つと現れるやませみ池では鳥の素敵な鳴き声がたくさん聞こえました。まだ少し時間があるので対岸の中尾根に上がって県民の森へ下る事に。
大津谷からジグザグの坂を汗かき登りついた南尾根対岸の中尾根の上。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大津谷からジグザグの坂を汗かき登りついた南尾根対岸の中尾根の上。
稜線上の風が心地よい、午後のひととき。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上の風が心地よい、午後のひととき。
中尾根を県民の森へ下山。下りの足の疲れも忘れてしまう展望の稜線でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中尾根を県民の森へ下山。下りの足の疲れも忘れてしまう展望の稜線でした。
再び林道へ降り立つ。道の脇ではヤマウグイスカグラの花も咲き始めていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び林道へ降り立つ。道の脇ではヤマウグイスカグラの花も咲き始めていました。
林道途中にある不動橋。足元にはグラデーション鮮やかな流れが…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道途中にある不動橋。足元にはグラデーション鮮やかな流れが…。
…不動滝の滝でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
…不動滝の滝でした。
県民の森・モリトビア愛知に戻って来ました。シャクナゲと新緑を存分に楽しんだ1日。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県民の森・モリトビア愛知に戻って来ました。シャクナゲと新緑を存分に楽しんだ1日。

感想/記録

各地から今年は花の当たり年だとの嬉しい声が届いているこの春。林床のスプリング・エフェメラル達が主役の座を譲って、今はツツジやシャクナゲなど華やかな樹の花々が登山者達の目を楽しませているようだ。夏のような暑さが連日続き、レコが上がった日から数えて次の週末までは花がもたないかも…。

気を揉みながら迎えた連休初日、決めた行先はいつもの鈴鹿ではなく奥三河の宇連山。お目当てはホソバシャケナゲの花。遠州・奥三河地方にしか咲かないこのシャクナゲの自生地がある愛知県県民の森からのルートは明るい岩尾根を辿り展望の良さも折り紙つき。

シャクナゲの花たちはやや盛りを過ぎてはいたものの、まだまだ見応えがあり、眼を見張るほどの花の多さだった。近年稀な当たり年というのは本当のようだ。そのシャクナゲのピンク色と、この1週間で足早に山稜を駆け上がった新緑のコントラストは目にまぶしい程。一年で最も気持ちの良い山のシーズンが到来したのがやたら嬉しくて、谷の向こうから涼風に流れて聞こえてきた子供達の元気な「ヤッホー!」の声に思わずこちらも恥ずかしげも無く、「ヤッホー!ヤホホー!!」と返しました。すると負けじとさらに大きなヤッホーの声。それじゃあこちらも山の先輩である手前、お手本を… さらに大きな『ヤッホー ‼』

山のヤッホー合戦で生まれたこだまは幾重にも重なり合って谷間に響き続けて止みそうになかったのでした。
訪問者数:144人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ