また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1439906 全員に公開 ハイキング東海

山伏(上り:西日影沢、下り:大谷崩れ脇)

日程 2018年04月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
山伏登山口手前の河原に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間42分
休憩
34分
合計
6時間16分
S山伏登山者駐車場手前の河原05:4906:05山伏登山者用駐車場06:11山伏 登山口06:38大岩/ワサビ小屋06:3907:26蓬峠07:2908:27西日影沢分岐08:38山伏08:4809:40大平沢ノ頭09:4409:58新窪乗越10:1311:03扇の要11:0411:13大谷嶺登山道入口11:21大谷嶺駐車場12:05山伏登山者駐車場手前の河原G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<山伏登山口から山伏>
GWになると、朝5時頃から明るくなりだすので、朝活動型の私には嬉しい限り。登山口付近の運転も明るいので楽です。
周回と言うことも有り、登山口駐車場の少し手前の河原に駐車して林道を歩き。
林道から登山道に入る場所の手前に渡渉部があります。結構な水量ですが、クルマで渡っている方もいました。
ここから大岩の先まで、西日影沢沿いに登ります。沢沿いのコースですが、良く整備されており歩き易い。整備されている方々に感謝です。沢沿いですが結構明るく、沢の流れと新緑とが楽しめました。
蓮峠からは九十九折で高度を上げます。尾根(西日影沢分岐)の手間でなだらかになります。 この間、下りの方1名とすれ違い
<山伏から新窪乗越>
山伏からは南ア方面も見えます。広々として良い場所です。
山伏からは広くなだらかな尾根が大平沢ノ頭手前まで続きます。
なんとなく歩いていると、コース上の氷に気が付かず、滑りそうになりました。
今シーズン初の2000m越え(わずかですが。。。)なので、注意しなければ。。。と思いつつも尾根の幅が広いので、なんとなく歩きコースからはずれてしまいました。赤テープが経年変化で見づらくなっていると、言い訳しつつ大平沢ノ頭を通過。ここから少し尾根が細くなります。 この間、2人連れ。単独の方とすれ違い
<新窪乗越から山伏登山口駐車場>
小石、岩の欠片が堆積したザク部を降ります。このようなコースは初めてなので緊張しました。腰が引けてスリップ2回でようやくザク部を通過しました。扇の要手前の水場でコーヒー用お水1Lを確保して下りました。大谷嶺登山口からは舗装の林道なので、良いペースで降りることができました。
この間、単独の方とすれ違い。
コース状況/
危険箇所等
要注意箇所は、西日影沢の複数回ある渡渉部、大沢崩れの通過
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖シャツ ポリ、ウール
上着 パーカー
グローブ 軍手
個人装備品
数量
備考
ローカット
ザック 30L
600ml消費

写真

梅ヶ島街道から大沢崩れ、山伏登山口に向う道が入口部で工事中でした。少し戻ったところから入ります。
2018年04月28日 05:32撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅ヶ島街道から大沢崩れ、山伏登山口に向う道が入口部で工事中でした。少し戻ったところから入ります。
登山口のかなり手前の河原に駐車。10分くらいで登山口(ポスト)到着。
2018年04月28日 06:06撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口のかなり手前の河原に駐車。10分くらいで登山口(ポスト)到着。
この川の先にクルマが停まっていました。すごい。
2018年04月28日 06:10撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この川の先にクルマが停まっていました。すごい。
尾根を太線で示すとわかり易いですね。
2018年04月28日 06:12撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を太線で示すとわかり易いですね。
静岡市はクマ君ですね。
2018年04月28日 06:14撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静岡市はクマ君ですね。
1
林業(ワサビ田?)用モノレール跡に沿って歩きます。
2018年04月28日 06:15撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林業(ワサビ田?)用モノレール跡に沿って歩きます。
大岩の手前の小岩? 下からは小岩の左側に回りこみます。雨上がり後など水量が多いときは要注意だと思います。
2018年04月28日 06:46撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の手前の小岩? 下からは小岩の左側に回りこみます。雨上がり後など水量が多いときは要注意だと思います。
1
大岩の上には木が! 
2018年04月28日 06:51撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の上には木が! 
西日影沢は水量が豊富で気持ち良い沢。それほど薄暗くないのも良い。
2018年04月28日 06:53撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西日影沢は水量が豊富で気持ち良い沢。それほど薄暗くないのも良い。
1
少し急な坂。階段とロープあり。
2018年04月28日 07:02撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し急な坂。階段とロープあり。
蓮峠手前
2018年04月28日 07:18撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮峠手前
蓮峠にはベンチあり。
2018年04月28日 07:25撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮峠にはベンチあり。
小さい花をしゃがんで撮って、立ち上がったら立ちくらみ気味だった。
2018年04月28日 07:42撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さい花をしゃがんで撮って、立ち上がったら立ちくらみ気味だった。
2
西日影沢分岐手前からなだらかで広い尾根になります。
2018年04月28日 08:21撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西日影沢分岐手前からなだらかで広い尾根になります。
西日影沢分岐
2018年04月28日 08:27撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西日影沢分岐
ササ原越しの富士山
2018年04月28日 08:33撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ササ原越しの富士山
1
高原です!
2018年04月28日 08:34撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高原です!
再び富士山
2018年04月28日 08:35撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び富士山
山伏到着
2018年04月28日 08:36撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏到着
1
静岡側は山伏岳
2018年04月28日 08:37撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静岡側は山伏岳
1
山伏から見た南ア
2018年04月28日 08:37撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏から見た南ア
1
山梨側は山伏
2018年04月28日 08:37撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨側は山伏
山伏から暫くは広くなだらかな尾根が続きます。いきなりコース上に氷が残っていました。
2018年04月28日 08:56撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏から暫くは広くなだらかな尾根が続きます。いきなりコース上に氷が残っていました。
広い尾根。縦走方向と直角方向でこの幅です。
2018年04月28日 09:11撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い尾根。縦走方向と直角方向でこの幅です。
天気も良い
2018年04月28日 09:30撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気も良い
ここが大平沢ノ頭?釘だけ残っていました。
2018年04月28日 09:43撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが大平沢ノ頭?釘だけ残っていました。
大平沢ノ頭を過ぎると尾根が細くなり、少し急になります。
写真左下の白っぽいところに氷(残雪?)があります。
2018年04月28日 09:50撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平沢ノ頭を過ぎると尾根が細くなり、少し急になります。
写真左下の白っぽいところに氷(残雪?)があります。
新窪乗越に到着。
2018年04月28日 09:58撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新窪乗越に到着。
新窪乗越から大谷崩れの脇?のザク部を降ります。
2018年04月28日 09:59撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新窪乗越から大谷崩れの脇?のザク部を降ります。
こうゆうザク部はフラットで着地するよりもかかとを突いた方が降りやすいが、落石につながりやすいかも。
と考えながら結局、腰が引けて2回尻もち。情けない。
2018年04月28日 10:11撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうゆうザク部はフラットで着地するよりもかかとを突いた方が降りやすいが、落石につながりやすいかも。
と考えながら結局、腰が引けて2回尻もち。情けない。
水平方向
2018年04月28日 10:14撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平方向
かなり下りてきた。上部を振り返り
2018年04月28日 10:44撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり下りてきた。上部を振り返り
水場。ここで1Lゲット
2018年04月28日 10:51撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場。ここで1Lゲット
大谷嶺登山口に到着
2018年04月28日 11:15撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷嶺登山口に到着
展望所のベンチ。新緑に白のベンチがマッチ
2018年04月28日 11:18撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望所のベンチ。新緑に白のベンチがマッチ
1
蓮沢橋から蓮沢上部を見たところ
2018年04月28日 11:45撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮沢橋から蓮沢上部を見たところ
1
大沢崩れ、山伏分岐。ここから山伏へは最初だけ舗装路で後は砂利道となっていました。
2018年04月28日 11:57撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢崩れ、山伏分岐。ここから山伏へは最初だけ舗装路で後は砂利道となっていました。
河原の駐車場に戻りました。バーベキューの方のクルマが停まっていました。
2018年04月28日 12:02撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原の駐車場に戻りました。バーベキューの方のクルマが停まっていました。

感想/記録

・この周回コースだと、沢沿い、なだらかな尾根、ザク道など結構歩きのバリエーションが楽しめるので、お勧めです。
・GW初日、渋滞を避けるため、早起きして、12時過ぎに歩き終えました。なので渋滞は避けることができ、移動疲れを抑えることができ良かった。
訪問者数:298人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ