また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1441642 全員に公開 山滑走札幌近郊

手稲山(北壁直登〜登山靴スノボで下山)

日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は一番上のゲレンデ直結の場所が便利です。ただしドロドロです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間31分
休憩
42分
合計
2時間13分
Sスタート地点10:2711:38手稲山12:2012:30手稲山ケルン12:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今までハイランドから登る際には女子大回転を登っていましたが、山行時間は北壁直登の方が10分ほど短かくなるようです。ただし後半はかなりキツイです(笑)
コース状況/
危険箇所等
比較的雪が締まって安定しています。
ただ、山頂付近の岩肌が出ている付近はクレバスがいくつか開き気味になっているのでコース選びは慎重にしたほうが良さそうです。
その他周辺情報今時期は日曜と祝日だけですがハイランドエリアのみ2本のリフトが営業しています。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スノーボード

写真

今日はこのルートを直登します!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はこのルートを直登します!
2
山頂。そしてトラバースルートが見えますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂。そしてトラバースルートが見えますね。
1
だいぶ登ったなぁ〜。モーグル滑っている方々が、なんで登ってるんだろう?って顔で見てゆきます(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ登ったなぁ〜。モーグル滑っている方々が、なんで登ってるんだろう?って顔で見てゆきます(笑)
2
あっという間に頂上の岩壁付近にたどり着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に頂上の岩壁付近にたどり着きました。
下で見るのと行ってみるのはぜんぜん違うものです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下で見るのと行ってみるのはぜんぜん違うものです。
何度か岩の切れ目の積雪のある場所を見つけて登ろうとしましたが、途中にクレバスがあり、登れません。なので、結局一番広いスキーの方々が時折滑り降りてくる岩間を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か岩の切れ目の積雪のある場所を見つけて登ろうとしましたが、途中にクレバスがあり、登れません。なので、結局一番広いスキーの方々が時折滑り降りてくる岩間を登ります。
今回はこんな感じでスノボ背負って登っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はこんな感じでスノボ背負って登っています。
ここからの景色はパノラマでいい気分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの景色はパノラマでいい気分。
1
まだ雪庇もありますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ雪庇もありますね。
一番広い岩間を登りきったところ。
ここの傾斜角度は最大で55°ありました(笑)
キッツイです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番広い岩間を登りきったところ。
ここの傾斜角度は最大で55°ありました(笑)
キッツイです!
1
という事で、頂上到着!
やっと手稲神社奥の院が顔を出しました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
という事で、頂上到着!
やっと手稲神社奥の院が顔を出しました!
2
天使を背負って登りました(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天使を背負って登りました(笑)
1
遠くに定山渓天狗岳や無意根山などが見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに定山渓天狗岳や無意根山などが見えます。
今回のルート。本当はほぼ直線で登りたかったのですが、もう雪が寸断されていて右側にトラバース。最後は極急登!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のルート。本当はほぼ直線で登りたかったのですが、もう雪が寸断されていて右側にトラバース。最後は極急登!
1

感想/記録

今日は朝から天気良かったので、ゆっくりと支度をしてハイランドからスノーボードを背負って登ることにしました。今シーズンは138cmの短いボードにオールレザーの登山靴(SCARPA EIGER)、そしてストックで滑る山ボードスタイルで手稲山5回目です。いつもは女子大回転〜山頂や男女回転〜ネオパラ山を滑っていましたが、今回は初めて北壁(旧ロープウェイ直下)を直登してみました。確かに斜度はかなりキツイのですが、距離は短くなるためか10分ほど登頂タイムが短くなりました。
雪はかなりザクザクですが、ほとんど埋まることは無く、チェーンアイゼンでも危険がなく快適な登山でした。



ただ、やはり頂上付近の岩壁付近は最大斜度が55°ほど有り、キックステップでの約30mはふくらはぎがピクピクしてしまうほどでした(笑)

降りは頂上から一度林間コースに滑り出しましたが、スラロームの練習をしているらしく、ゲレンデが半分だけしか使えないようでしたので、再度登り、ケルンの横を過ぎ、ちょっと平和ルートの斜面を滑り、途中から女子大回転経由でゴール。わずか10分ほどで到着です。



毎年春の山行は降りに滑っておりれたら楽しいのになぁ・・・と思いつつなかなか装備を軽くする手段がなく、諦めていましたが、登山靴+ストックでボードを滑るようになってから負担もなく楽しんでいます〜

ちなみに前回滑ったときはこんな感じでした〜


訪問者数:164人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ