また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1441717 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

簗谷山 今が盛りのクマガイソウとヤマシャク。

日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 各務原ICから東海北陸道。美並IC
で高速を降り、R156を北上し、郡上八幡の手前で県道328へ。堀越峠からR256を下り、和良から下呂方面(東海北陸道)へ。和良金山トンネルを出て、主要地方道86を北上します。先日大雨のため通行止めになっていた箇所、今日は通行可。「飛騨金山の森」を横目にさらに進むと、「簗谷山」の案内があり左折し、落石に注意しながら林道を進みます。林道の終点が登山口です。10台程度が駐車出来るスペースがあります。本日わたしが一番乗り。帰りは満杯となっていました。
 帰りも同じ道でしたが、先日のR41からの経路よりこちらの郡上経由の方が早く行き着けたようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

4:57自宅―7:03簗谷山登山口駐車地―7:10登山口―7:28クマガイソウ群生地7:37―8:14小鹿の涙8:26―9:23簗谷山山頂9:37―10:35ヤマシャク自生地―11:05登山口
コース状況/
危険箇所等
 南尾根ルートからクマガイソウ群生地、ついで「小鹿の涙」付近でヤマシャク。尾根に登りつくまで急登もありますが、危険個所はありません。なだらかな尾根を歩いて山頂へ。山頂からは御嶽、乗鞍、北アルプスが望めます。
 下りはブナの木ルートで。どんどん下って渡渉箇所、ここにもヤマシャク。先日の雨で水量はやや多めですが、渡渉に問題はありません。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

先日通行止めだった場所。今日は通行可です。
2018年04月29日 06:21撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日通行止めだった場所。今日は通行可です。
5
登山口から20分弱、
2018年04月29日 07:10撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から20分弱、
7
クマガイソウの群落地です。
2018年04月29日 16:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマガイソウの群落地です。
9
全員こっちを向いています。
2018年04月29日 07:31撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全員こっちを向いています。
19
葉っぱから茎が伸び、その先っぽに花。
2018年04月29日 07:36撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉っぱから茎が伸び、その先っぽに花。
13
花弁は5枚ですが、
2018年04月29日 07:32撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花弁は5枚ですが、
11
下の2枚は唇弁です。
2018年04月29日 07:30撮影 by STYLUS1,1s , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の2枚は唇弁です。
30
唇弁の上には突起が。
2018年04月29日 07:32撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唇弁の上には突起が。
8
群生地から20分程で「小鹿の涙」。
2018年04月29日 16:26撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群生地から20分程で「小鹿の涙」。
8
滝の上にヤマシャクがみえます。
2018年04月29日 08:15撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の上にヤマシャクがみえます。
7
滝の下、いましたいました。
2018年04月29日 08:18撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の下、いましたいました。
10
ヤマシャクです。
2018年04月29日 08:19撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマシャクです。
19
会えて良かった。
2018年04月29日 08:19撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会えて良かった。
16
もうすぐ開きます。
2018年04月29日 08:19撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ開きます。
6
朝の日に照らされて、
2018年04月29日 08:20撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の日に照らされて、
24
花弁を広げています。
2018年04月29日 08:19撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花弁を広げています。
19
華やかですね。
2018年04月29日 08:19撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
華やかですね。
13
山頂から、御嶽山。
2018年04月29日 09:21撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から、御嶽山。
22
下りはブナの木ルートで。
2018年04月29日 10:04撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはブナの木ルートで。
9
渡渉すると、またヤマシャクが
2018年04月29日 10:35撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉すると、またヤマシャクが
7
ポッカリ、
2018年04月29日 10:35撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポッカリ、
11
花弁を広げています。
2018年04月29日 10:36撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花弁を広げています。
15
あちこちに咲いています。
2018年04月29日 10:46撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちに咲いています。
9
今が盛りのヤマシャク。
2018年04月29日 10:47撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今が盛りのヤマシャク。
22
萎びたヤマシャク。
2018年04月29日 10:56撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萎びたヤマシャク。
7
実をつけ始めたヤマシャク。
2018年04月29日 10:49撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実をつけ始めたヤマシャク。
6
無事、登山口に戻りました。
2018年04月29日 11:05撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、登山口に戻りました。
5

感想/記録
by onisan

 先日、大雨の日に通行止めで登山口まで行けなかった簗谷山。2年前、GWが終わった頃に登った時、クマガイソウは何とか間に合いましたがヤマシャクは終わっていました。今年は春の到来が早いので、ヤマシャクもクマガイソウも見れると良いんだが。
 先日とはうって変わっていい天気。クマガイソウの群生地、朝の光を浴びてわたしを迎えて呉れました。なんとも不思議な形をした唇弁、その上部の3枚の花弁の真ん中からツンと伸びた突起。ふ〜ん、なんだかイヤラシイな。
 「小鹿の涙」と名付けられた小滝、上部にヤマシャクが見えます。滝の下にも咲いています。近寄って見ます。真っ白な丸い花弁、清楚な姿ですが、花弁の中を覗いて見るとなんとも艶やか。会えて良かったヤマシャクです。山頂からブナの木ルートを下って降りた渡渉箇所にもあちこちに咲いていて、大満足の簗谷山でした。
この山、クマガイソウもヤマシャクも、登山道沿いに惜しげも無く咲いています。この山には盗掘なんてものは無く、ニッポンも捨てたもんではありません。この先もず〜っと、この状態が続くニッポンでありますよう心の底から願っています。
訪問者数:648人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 渡渉 ブナ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ