また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1444509 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

雨乞岳(日向山→雨乞岳ルート偵察2回目)

日程 2018年04月28日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ。
アクセス
利用交通機関
電車バス
行きは先週と同じく、韮崎駅からバスで。今回は雨乞岳なので、下教来石行きで松原下バス停で降りました。
行きは知人と2名で上り、水晶なぎ地点で車組の2名と合流。帰りは早期帰宅を希望する知人1名に尾白の湯まで送ってもらい、3名で尾白の湯で入浴し公共交通機関で帰宅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間27分
休憩
32分
合計
5時間59分
Sスタート地点09:3409:59雨乞岳登山口10:0011:45ホクギノ平11:5012:33雨乞岳/水晶ナギ 分岐12:3413:15水晶ナギ13:3013:37雨乞岳/水晶ナギ 分岐13:3814:24雨乞岳14:3314:58水場15:33ヴィレッジ白州登山口15:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
石尊神社から雨乞岳への道は、山と高原の地図では荒れ始めていると書いていますが、全くそんなことはなく、気持ちの良いダラダラとした果てしない上りでした。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット 携帯トイレ

写真

日向山よりも雨乞岳のナギのほうが人もいないし、( ・∀・)イイ!!
2017年04月28日 00:42撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山よりも雨乞岳のナギのほうが人もいないし、( ・∀・)イイ!!
3
日向山方面。先週いたところが見える。
2017年04月28日 00:43撮影 by ILCE-5000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山方面。先週いたところが見える。
2
撮影機材:

感想/記録

先週の日向山→雨乞岳偵察1回目に続いて、2回目の偵察に行ってきました。
今回は雨乞岳方面からの偵察。
地形図だけでなく、実際の山域としてのルートを確かめる必要もあったのと、ちょうど険道部のパートナー(みずき氏)ではなく、別の友人とこの山に行きたいよねという話をしていたのでちょうどよかったです。
車組の友人2名は白州ビレッジから9時山行開始で、公共交通機関組の我々2名は9時半すぎに松原下バス停からのスタートで、12:30ぐらいに水晶なぎで待ち合わせを出来たらと考えておりました。
標高的にも物理的距離でも石尊神社からのほうが遥かに遠いため、ペースを上げていましたが、先日の日向山でのみずき氏の風邪(体調は普通なのに咳がひどく、声が出ない)が感染ったようで、私の体調もそこまで良くなく。
私にしてはわりと速いペースで登ったため、友人に負荷をかけてしまって大変に反省でした。。ただ、しっかりと付いてきた友人の体力と精神力の高さに、いつか抜かれるのではないかと戦々恐々している私です。。

雨乞岳の水晶なぎは人が全くおらず、気持ちの良い砂浜でした。
公共交通機関組より15分程度早く着いていた車組と合流し、帰りは白州ビレッジに下山。車組に尾白の湯で下ろしてもらって、ひとっ風呂浴びてから鈍行でゆっくり帰宅。
なお、帰宅する頃には全く声が出なくなっており、GWの日向山→雨乞岳縦走は延期となりました。。。
訪問者数:239人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

高原 山行 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ